フェイスマッサージ
Pocket

顔のたるみ皮膚のたるみは、様々な原因があります。

主な原因として真っ先に挙げられるのが、やはり加齢によるものですが、中には年齢を感じさせないほど肌のハリがキープできている人もいます。

顔のたるみ、皮膚のたるみ

の大部分の方は姿勢が悪いせいで骨格が歪むことや、皮膚の乾燥が関係しているようです。

スポンサーリンク



乾燥肌のケア

を怠っていると、毛穴の黒ずみが目立つようになりますので、注意をしたほうがいいでしょう。

年齢を重ねるごとに、人間の皮膚に備わっているコラーゲンやヒアルロン酸、水分などが減っていって、お肌の張りが失われると、肌がたるみやすくなります。顔には

表情筋と深層筋

という筋肉がありますが、顔のたるみと同時に筋力も落ちていきます。顔の筋肉は、顔の皮膚を維持しています。

顔のむくみは、リンパの流れが悪くなって水分の排出がうまくいかなくなったりすると起きるもので、皮膚の弾力低下を起こします。
顔のたるみは

加齢

によって起きる症状ではありますが、肌の保湿にしろ、歪みの矯正にしろ、日頃の心がけやスキンケアでも改善可能です。肌を乾燥から守るスキンケアをすることや、

パソコンやスマホの画面をずっと凝視していたりしないように心がけましょう。

重心がずれた姿勢でずっといると、そのせいで骨格にひずみが生じてしまう場合があります。

首にかかる重みが変わらないでいると、リンパ腺の循環がスムーズにいかなくなったりします。

表情筋や深層筋が衰えてしまうと、顔が重力とともに下へ下へと引き下がり、たるみとなっていってしまうのです。

顔の筋肉が衰えないように、毎日こつこつとケアを行えば、顔のたるみを解消することが可能です。

顔の筋肉を衰えさせないように、表情筋や深層筋の筋力トレーニングをすると良いでしょう。

フェイスマッサージ

を施すことで、顔全体の血流を改善し、代謝のいい皮膚になって、たるみを解消するという方法もあります。


たとえば一人でいる時間が長い方は、しゃべることが少ないので、表情筋を動かす機会が少なくなる傾向があります。

使われない筋肉は次第に衰えていき、顔の肌をしっかりと支えることができなくなり、顔のたるみにつながってしまいます。

顔の皮膚がたるまないようにするには、表情筋を意識して動かして、衰えないようにすることです。


顔のパーツを色々と動かしてみることで、

表情筋のトレーニング

を行うことができますので、試してみてください。

自分の顔を鏡に映し、いつもと違う表情をつくってみることで、表情筋を動かすことが可能です。

表情筋の運動では、眉をできるだけ広い範囲で動かしたり、大口を開けたり、目を力一杯閉じたりすることで、エクササイズになります。

短時間で顔に疲れを感じたら、それは普段表情筋を使っていないというサインです。

顔のたるみが気になったら、お手洗いやお風呂の時などちょっとした一人の時間に表情筋を動かしてみてください。

美容や、お肌の健康に関心がある人は、表情筋を鍛えて顔のたるみを改善し、ハリやつやのある美しい皮膚になるようにしましょう。