いじめ
Pocket

イジメられている子供は、イジメの被害を親になかなか言いません・・・と言うより言えないのです。

子供がイジメを訴えやすい環境づくりは大切で、同時に、子供の声なき声を大人が見逃さないことも大事です。

イジメが原因の自殺が起きると、親御さんは「イジメの事実に気づかなかった」と後悔と無念のこもった言葉を語ります。

また、周りの方々は「なぜ、親は気づかなかったのか」「親になぜ言わないのか」という言葉を投げかけます。

しかし、現代のイジメを知れば知るほど、子供たちが親に言わなくなる理由が見えてきます。

スポンサーリンク



意外なことかもしれませんが、親のことを尊敬すればするほど、親のことが大好きならばなおさら、子供たちは「自分がイジメられている」ということを親には簡単には言えません。

なぜかと言うと、親に心配をかけたくないという気持ちが働くのです。

また、子供たちの中には、「イジメられていることは恥ずかしい」という気持ちがあり、それを親に言うことはプライドが許さないという側面もあります。

また、子供の中には、他にも兄弟がいるので、自分だけ親に心配をかけるわけにはいかないと思うようです。

「親が無関心だったのではないか」などと言われることもありますが、そうとばかりは言えません。

親が好きで、親に心配をかけたくないから「言わない」「言えない」のです。

また、親に言ったことでイジメがより陰湿化する“倍返し”を恐れるというものもあります。

確かに、大人に打ち明けたところで適切な対処がとられなければ、イジメは深刻化します。

これらは、「イジメは、イジメる方が悪い」ということが常識化され、さらには、学校が「イジメを解決する対処法」を学び、きちんと対処することで、子供が親や大人に「イジメを訴えやすい」環境をつくることができるのではないでしょうか。

 

また、学校側がイジメの問題から逃げているように見受けられます。

自殺事件が発覚すると、学校側は決まって「イジメ」の事実は無かったと弁明しますが、後から「イジメ」があったと訂正しています。

あきらかに「責任逃れ」したつもりでしょうか。

では、今すぐに大人ができることは何でしょうか?

それは「イジメのサインを見逃さない」ことです。

子供は子供なりにSOSを発信しています。

「親に心配をかけたくない」
「チクッたと言われてイジメの“倍返し”がこわい」と思っている子供でも、どこかに自分を助けてくれる大人はいないか、信じられる大人は誰なのかを求めて、必ずサインを出しています。

その、声にならない声をみつけて助けてあげることが大事だと思います。

急に元気がなくなり、帰宅後すぐに部屋に閉じこもる
(子供が元気をなくす原因には、借金、異性の悩みはほとんど無いと思います)

理由のわからない成績の低下、妙に明るく装う、教科書に落書きがある、服が破れていたり、汚して帰ってくる、擦り傷や打撲がある。

親の前で携帯メールを見なくなる、友達から電話があっても出たがらない。

急に不明なお金をほしがる、頭痛などを訴え、学校に行きたがらなくなる。

これらの兆候がないかどうか、子供の様子をよく見守ってみることが必要。

また、学校の友達の母親同士のネットワークを作ることも大切です。

しかし、現代は、仕事を持っている母親が増えたり、校区を変える家庭も増えたことで保護者同士のネットワークは努力をしないと作れなくなってきたり、 個人情報保護法により、クラスの友達の家の電話番号さえわからないこともあります。

ですから、PTA活動に積極的に参加してみたり、習い事の送迎時に母親同士の連絡先を交換しておくなどをして、ネットワークを作っておくことが必要です。

イジメのサインを発見したら、お子さんの友達のお母さんにもイジメの事実がないかどうか聞き取ったりすることが大切です。

そして、何より大切なことは

「イジメはいけないことだ」
「もし、あなたがイジメられていても、それは恥ずかしいことでも悪いことでもない」
イジメは、イジメる方が悪い」

というメッセージを、日ごろから子供たちに伝えることです。

子供たちの声なき声SOSに気づくこと、そして子供たちが

「声を上げやすい環境」をつくってあげることが、イジメ防止の一歩となることを信じています。

日本の明日を担う子供たちの、健やかな成長を願っています。