断食ダイエット
Pocket

一定期間食事を断つことを断食といいます。宗教儀式や精神的修行、抗議行動などに古くから断食は行われてきました。

プチ断食というダイエットを目的とした言葉もあり、根強い人気が断食を利用したダイエットにはあるようですが、

断食を気軽に行う人も多くなってきており、ファスティングとも最近は呼ばれているそうです。

食事を単純に断つだけでなく、断食ダイエットだと食事の減らし方、日常食への戻し方も含めてされているようです。

スポンサーリンク



体脂肪は備蓄用のエネルギーとして体内に蓄積されていますが、ちょっとした運動や減量だけでは体脂肪の燃焼には至りません。

 

グリコーゲンという脂肪より優先して消費するエネルギーが体内にはあるのがその理由です。

グリコーゲンは12時間で消費されるため、その間食べ物を断って体脂肪の消費を促すという方法が断食ダイエットの原理です。

 

腸に溜まった宿便を、一定期間、食事を断つことで排出できることも効果的にダイエットになります。

断食を行う場合には正しい方法でなければ負担が体にかかってしまいます。

十分な知識を持った人や専門家に教えてもらいながら断食を行うことをおすすめします。

自宅では難しいのが、食べ物の誘惑に勝つことです。ホテルの断食プランや断食道場など日常から離れた空間で行う断食によるダイエットが人気です。

断食ダイエットの方法

 

食事を抜く期間に応じて半日断食、1日断食、本断食が、断食ダイエットにはあるといいます。

それぞれの断食の定義や実際の方法は指導する人や施設によって異なります。

3つの大まかな減食期、断食期、復食期の期間に分けて断食ダイエットのプランは考えられているといいます。

復食期及び断食ダイエット後どんな食事をするのかが特に大事です。

食べ過ぎたり、急激に元の食事に空腹の反動で戻すことが原因でリバウンドが起こる場合があります。

注意したいのは、ダイエット前よりも体重が増えてしまうことです。

 

家庭で断食ダイエットを行う場合は、半日断食か1日の断食に留めるようにしましょう。

健康上に問題が生じる場合が、知識の無い状態での長期の断食にはあるようです。

自宅で断食ダイエットを行う期間は外食や激しい運動は避け、健康状態の良い時に自宅で作る食事で行うようにします。

半日断食といって半日だけ食事を断つものはそれほど困難なものではないのですが、十分に摂取するようにしたうのは水分です。

こまめな水分摂取はデトックス効果もありますし、空腹をまぎらわすことが可能です。

便秘はダイエット中になるのは良くないので、水分摂取を1日2リットルを目安にするのがおすすめです。

不安のある人は担当医に相談すること、ストレスが溜まってしまうような断食であれば行わないという判断も重要です。

断食ダイエットの注意点

専門的な知識がなければ軽々しく行えるものではないのが、断食ダイエットというものです。知識を持たない人が自宅で断食をすることはダイエット効果が乏しいだけでなく、健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。

断食を正しく行えば大きなダイエット効果がありますが、体を適切な方法で行わなければ壊してしまうこともあるようです。

断食ダイエットは良い面とマイナス面があるのです。

断食ダイエットを実践する場合には、断食に関する知識と理解を深めた上で、危険性なども理解することが重要です。

1度行った断食ダイエットの成果が大きいと、期間を勝手に延長させたり繰り返し断食ダイエットをする人もいますが、体への負担がとても大きい方法であり、自己判断での断食ダイエットは危険を伴うのが、断食というものです。

長期の断食は、生理不順や拒食症などの原因になることがあります。専門施設を断食の期間を延ばしたい場合は利用するのがおすすめで、断食ダイエット道場断食センターなどが良いでしょう。

無理して4日も5日も家庭での断食を行い、体調を崩すというパターンが、いちばんよくありません。

高カロリーの食事を、断食後に自分へのご褒美としてして摂ることで引き起こすのがリバウンドです。

せっかくの断食ダイエットの効果をムダにしてしまうこともありますので注意しましょう。