スイーツ
Pocket

名古屋めし20選】(Nagoya rice)

スポンサーリンク



名古屋めし(なごやめし)とは、愛知県名古屋市の名物料理を指す造語である。

ただし、全てが名古屋市発祥の料理という訳ではなく、他地域発祥の料理も多い。豆味噌や溜り醤油などが多く使われており、全体的に味付けが濃い傾向がある。

発祥が名古屋ではない料理でも名古屋めしのカテゴリーに含まれる場合もあります。

 

ひつまぶし (Hitsumabushi)

鰻の蒲焼を細かく刻んで、お櫃(ひつ)に入れたご飯にまぶしたものです。それをしゃもじでお茶碗に入れ、まずはそのままで。2杯目はネギやのり、ワサビなどの薬味を入れて。最後はお茶漬けで。このように3通りの鰻のおいしさが楽しめる鰻料理です。 ひつまぶし

 

味噌煮込みうどん (Miso nikomi udon)

土鍋で煮立った状態で提供される味噌煮込みうどん。味噌仕立てのうどんは全国各地にありますが、名古屋の味噌煮込みは豆味噌を使うのが特徴です。煮立てると香りが飛んでしまうふつうの味噌と違って、豆味噌は煮れば煮るほど独特の甘みとかすかな苦みでおいしくなるんですよ。

煮込みうどん

 

味噌カツ (Miso katsu)

揚げたてのカツに、たっぷりの味噌がかかり、名古屋のとんかつ屋で、みそカツのない店はほとんどないほどの人気料理だ。味噌カツは豚カツに、八丁味噌などの豆味噌、鰹出汁、砂糖をベースに店によって様々なものを加えて甘くした独特のタレをかけたもの。甘辛い味になっているものが多い。味噌カツ

 

手羽先 (Tebasaki)

鶏の手羽先(羽先)をから揚げにしてタレを塗り、塩・胡椒・白ごまなどを振りかけて仕上げる。パリパリとした食感とスパイスの効いた味が特徴で、酒肴としても、また、老若男女、お子様までどなたにも大好評。手羽先

 

きしめん (Kishimen)

ひものように平たいうどん。名古屋地方の特産。中国の雉糸麺(ちしめん)に由来するという説,尾張藩主にキジの肉を入れて供したのが有名になり,「きじめん」と呼ばれるようになったという説,紀州麺といったのがつまって「きしめん」になったというなど,諸説がある。きしめん

 

あんかけスパ (Ankake Spa)

ゆで置きしておいた太いスパゲッティを、焼きそばのように、ラードや植物油で炒め、中華料理の餡のような粘性とコクのある辛味の効いたソースがかかった料理。あんかけスパ

 

天むす (Tenmusu)

塩味を効かせた海老の天ぷらを具にした津市発祥のおにぎりである。発祥は三重県であるが、現在は名古屋・中京圏全体の名物(名古屋めし)として知られる。天むす

 

どて煮 (Doteni)

味噌を土手状に塗った鍋や、味噌を盛って土手を作った中に、汁を入れて 煮たり焼いたりすることから、転じて、主に牛スジや豚のホルモン系を濃い味噌と出汁で煮たものをどて焼きとか、どて煮に言う。

どて煮

 

鉄板スパ  (Teppan supagetti)

ハム・ベーコン・赤ウインナーなどの肉類と、玉ねぎ・ピーマン・マッシュルームなどの野菜、茹でおきされたスパゲティを炒め合わせたトマトケチャップ味のスパゲティ。鉄板スパ

 

台湾ラーメン (Taiwan ramen)

豚挽き肉・ニラ・長ねぎ・モヤシなどをトウガラシで辛く味付けして炒め、醤油ベースのスープを加えて茹でた麺にかけたラーメンで、ニンニクをたくさん入れるのも特徴の一つ。台湾とは直接には関係無い。


台湾ラーメン

 

味噌おでん (Miso oden)

香ばしい味噌 の風味がおでんダネに浸みこんだ、こんにゃくや卵、はんぺんなどの具を、八丁味噌をベースと した味噌ダレで、グツグツ煮込んだのが味噌おでん、味噌おでん

 

小倉トースト (Ogura toast)

厚めにスライスした食パンをトーストした後に、マーガリンまたはバターを塗って小倉あんを乗せたもの。 食パンに小倉あんを乗せた形が多いが、サンドイッチのように食パンであんを挟んだ(小倉サンド)ものもある。小倉トースト

 

エビフライ (Ebifurai)

海老を多量の食用油で揚げた日本発祥の料理。日本で開発されたカツ料理の一つであり、代表的な洋食料理である。


エビフライ

 

鬼まんじゅう (Oni manjū)

鬼饅頭(おにまんじゅう)または芋饅頭(いもまんじゅう)は、薄力粉もしくは上新粉と砂糖 を混ぜ合わせた生地に、角切りのさつま芋を加えて蒸した菓子。鬼まんじゅう

 

モーニング (Morning)

日本の喫茶店やレストランが、朝の時間帯にドリンクやトースト などなど特定のメニューを、朝食として割安価格で提供するサービスの呼称である。モーニング

 

カレーうどん (Curry udon)

カレー南蛮うどん(地方によってはカレーなんば)とも呼ばれ、蕎麦の「カレー 南蛮」と同様のうどん料理である。だし汁にカレー粉を加えてカレー風味にしたものや、 だし汁で延ばした和風カレーをつゆとして用いたものがある。カレーうどん

 

名古屋コーチン (Nagoya Cochin)

名古屋コーチンは卵をよく産み、肉もおいしいことから、「卵肉兼用種」に分類されていて、「名古屋コーチン」という呼称で広く知られています。名古屋コーチン

 

ういろう(ういろ・外良(Uiro)

名古屋を代表する銘菓。 「ういろ」と「ようかん」の. 中間の 「ないろ」 というものが あります。蒸し菓子の一種。ないろう (ないろ・内良)も人気。ういろう

 

えびせんべい (Ebi senbei)

海老煎餅(えびせんべい)は、エビと澱粉を材料とする和菓子である。東海地方、愛知県の地域ブランド。主に幡豆郡一色町などで製造されている。エビせんべい

 

大あさり (Oh asari)

直径10センチにもなる大ぶりの貝「ウチムラサキ」を、愛知県では「大あさり」と呼び、これを焼いたものが古くからの名物となっている。身は肉厚でプリプリとしており、旨みが口いっぱいに広がる。大あさり

 

「名古屋めしの歴史」

戦前までの名古屋の食文化は名古屋コーチンを使った日本料理が代表格だった。
しかし、戦災によって正統な名古屋コーチン料理が衰退してしまい、その後の戦後混乱期には屋台街が名古屋の名物となり、こうした屋台のなかから味噌ベースの料理が自然発生的に生まれ、独自の進化を遂げていった。

しかし、1973年に屋台街の営業が禁止され、2000年代まで名古屋の食文化は停滞してしまう。

ゼットンが東京へ進出し名古屋の地元料理を提供しはじめた2001年頃、グルメ情報誌の記者がイタリア料理のイタめしをまねてなごめしという呼称でゼットンの料理を紹介しようとした。

これに対しゼットンの代表取締役社長をしていた稲本健一がもっとストレートに名古屋めしと呼ぶことを提案し、採用されたのが「名古屋めし」という言葉の始まりである。