嫁と姑
Pocket

嫁と姑が仲良しでというケースは稀で、ほとんどの場合、文句があるものが普通です。一見仲良しのように見える場合でも、どちらかが我慢していて心の中ではそう思っていない場合も多々あります。ここでは上手に嫁と姑問題を解決し、上手に仲良くしていく方法を伝授します。

■嫁姑問題を解決するには?ある程度言いたいことは伝えるようにする

お互いに意見が違うときに、一方にだけ合わせすぎるといつか爆発してしまうときがきます。

どうしてもこれだけは譲れないという意見があるときには、仲違いしてしまう可能性があっても言ってみましょう。

特に嫁の立場から姑に物申す瞬間は、気遣いもあり苦痛が伴います。

しかし、ずっと言わずに爆発してしまうよりは、まだ心が落ち着いている内に嫌なものは嫌と伝えておくと冷静に話し合いができるでしょう。

相手も気が付いていない場合もありますので、気持ちを伝えることで後から良い方向へ解決する場合も多いです。

スポンサーリンク



■ベッタリ仲良くしない

人は嫁と姑に限らず、ある程度距離を保って付き合ったほうが良好な関係を築きやすいです。

あまりにもベッタリしてしまうと、今度は遠慮がなくなってきます。

お互いに今まであれば気を遣って言わなかったものを、ストレートに言いたいように話してしまい嫌になってしまいます。

ほかにも今までは連絡してから嫁の家に遊びに行っていたのに、一線を越えて仲良くなったと思った途端、連絡なしで突然来るようになるのです。

自分たち夫婦と子供の問題にもいつも首を突っ込んできて、嫌になってしまう可能性もあります。

もし今同居をしていないのであれば、できる限りしないようにしましょう。

一緒に暮らし、お互い時間をともにすると、一緒にいる時間が多すぎて、仲良しでいるのが難しくなる場合がほとんどです。

ある程度お互いが良い距離を保つと、良い関係を築けます。

■時には気に入らないことにも目をつぶる

夫婦でも意見や考えが別で、衝突することやイライラしてしまう場合もあることでしょう。

嫁と姑となればなおさらすべての意見が合うということは稀で、お互いになんでこの人はこんな考えなのかと疑問に思っているものです。

これまで育った環境も違いますし、多少の違いは当たり前にどこにでもあります。

だからこそ、意味がわからないと思う場面でも一呼吸置き、時には流して目をつぶるようにしましょう。

お互いがそういった気持ちを持てれば、嫁と姑はうまくいきます。

スポンサーリンク



■記念日はお祝いをする

あまり気にしていないフリをして、特に女性は記念日を気にしています。

誕生日や母の日などを意識し、記念日にはお祝いの品を送るようにしましょう。

こんなにもう気を遣わなくて良いからという方でも、記念日にプレゼントが届くのは嬉しいものです。

遠方に住んでいる場合は宅急便で送り、自分で持っていきたくないときにはご主人に頼んでみましょう。

気持ちに余裕があるときや会うのが苦痛でなければ、飲食店や旅館に招待をして皆で記念日をお祝いしても喜ばれます。

子どもがいる場合はおばあちゃんへ向けたお手紙も一緒に添えると、さらに喜んでくれます。

お中元やお歳暮、お年始なども欠かさずに行い大切にしているというアピールをすると、嫁と姑の仲は良い関係がずっと保てるでしょう。
トップページへ戻る⇒



楽天市場

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へにほんブログ村