舘ひろし
Pocket

1950年生まれの芸能人・・舘ひろし (タチ ヒロシ)/池上 彰 (イケガミ アキラ)/神田正輝 (カンダ マサキ)/梅沢富美男 (ウメザワ トミオ)/八代亜紀 (ヤシロ アキ)/和田アキ子 (ワダ アキコ)/由美かおる (ユミ カオル)/三遊亭 圓楽 (サンユウテイ エンラク)/細川たかし (ホソカワ タカシ)/坂本冬美 (サカモト フユミ)/綾小路きみまろ (アヤノコウジ キミマロ)/ジュディオング (ジュディ オング)





昭和25年(1950年)「五黄の寅」生まれのトラ年の特徴

●庚寅(かのえとら) 昭和25年 

この生れの人は、騎虎といいます。千里を走る虎です。非常にあわただしい性格の持ち主です。何事もぐずつくことが嫌いで、一足飛びに物事をかたづけようとします。難関があっても無理に押通して、事を貫こうとするので、反感を買うことが多い。家庭的に苦労が多い人もいます。気性から、逆境の時も長いが、いったん順風に乗ると次から次へと計画が急速に実を結ぶ運勢を持っています。親分肌で、発明的、常に新しい物を追います。名誉心は強い。

舘ひろし (タチ ヒロシ) 舘ひろし 俳優・シンガーソングライター。/愛知県出身/先祖は尾張藩の武士で、旧士族の家柄。代々の住まいは徳川家から拝領した「徳川家の離れ」だった。実家は明治期に父が開業した舘医院。『西部警察』シリーズでの登場をきっかけに渡哲也と出会い、最初は、ハーレーダビッドソンを駆使する無頼漢的キャラクターの巽総太郎(愛称「タツ」)役で登場していたが、半年間の出演契約となっていたために、半年後の第30話で西部署で最初の殉職刑事となり一旦降板している。

池上 彰 (イケガミ アキラ) 池上彰

ジャーナリスト・著作家/長野県出身/ 読書や新聞スクラップ、地図収集、ダジャレが趣味で、海外に行くと必ずその国の地図を購入する。酒は飲まない。テレビ出演が多いが、「本が“本”業」と述べており、「本“も”書いている」よりも「テレビ“にも”出ている」と言われる方が嬉しいという。ダジャレに関しては評判が悪く、番組スタッフに「やめてください」と言われてもめげずに言い続けるという。宗教関連の本を多数執筆している。

神田正輝 (カンダ マサキ) 神田正輝

俳優・タレント/東京都出身/プロ級のスキーの腕前を生かし、テスター(スキー板の開発)のアルバイトを経験する。23歳の時、レストランで石原裕次郎に声をかけられ意気投合し、その一週間後、石原からの誘いで日活を見学。石原から「ひやかしでドラマ1本にでてみないか?」と言われ、端役でドラマに出演。その後、石原が社長を務める石原プロモーションに入社した。

梅沢富美男 (ウメザワ トミオ) 梅沢富美男

俳優・歌手・タレント/福島県出身/大衆演劇「梅沢劇団」第3代座長、株式会社富美男企画代表取締役。富美男は当初男役を演じていたが、1975年以降は兄の勧めで女形に転身する。独学で得た女形の美しさが一躍話題となり、「下町の玉三郎」と呼ばれる一座のスターになった。現在ではバラエティー番組やワイドショーでのコメンテーターとしての出演が増加、特技である料理の腕前を披露することも多い。

八代亜紀 (ヤシロ アキ) 八代亜紀

歌手・女優・タレント・画家/熊本県出身/ 厚化粧のイメージがついて回っていた時期があり、ギャグのネタにされたり、嘉門達夫に「リバーサイド・ホテル」の替え歌で「誰も知らない素顔の八代亜紀」と歌われるなどしていたが、彫りの深い顔立ちをしているだけで、実際の化粧は薄い。八代はその後、化粧品のテレビCMにすっぴんで登場し、テレビ画面から嘉門に対して「ざまあ見ろ!」というセリフを発していた。

五黄の寅年の意味は干支が寅で九星が五黄土星の組み合わせ

五黄の寅年の意味は、干支が寅で九星が五黄土星の組み合わせだと言う意味です。五黄の寅年の干支には、旧暦の干支が使われています。また、五黄の寅年は、36年に1度訪れる干支と九星の組み合わせです。

五黄土星の人は、圧倒的なパワーを持っており、人々の中心になります。また、運気も強大で、人の先頭に立つ運命を持つ人物です。寅年の人は、強い正義感・信念を持っています。また、困難を克服する強い意志や行動力を備えた人物です。つまり、五黄土星と寅年の人の特徴を併せ持つのが五黄の寅年です。


和田アキ子 (ワダ アキコ) 和田アキ子

歌手・タレント・司会者・ラジオパーソナリティ/大阪府出身/小学5年生の頃に洋楽に憧れ、15歳の頃からジャズ喫茶やゴーゴークラブで歌い始める。174cmの長身から発せられるパワフルな歌声は評判を呼び、ホリプロ社長にスカウトされる、当時はグランプリズというバンドを組み、大阪と神戸三宮で活動していたが実際にデビューできたのはボーカルの和田とオルガンの夏のみであった。

由美かおる (ユミ カオル) 由美かおる

女優/京都府出身/ 1986年から、人気時代劇『水戸黄門』に「かげろうお銀」役でレギュラー出演。番組の中で披露される入浴シーンは名物となり、「疾風のお娟」と名前を変えて活躍した。合気道四段の猛者でもあり、劇中では今尚華麗なアクションでお茶の間を楽しませているアクション女優としての一面もある。

三遊亭 圓楽 (サンユウテイ エンラク) 三遊亭 圓楽

落語家/東京都出身/父は警視庁警察官。その父への反抗心からか学生時代にはブントに所属し学生運動にも参加していたが、「ユートピアを追うことに疲れ、そのときに落語を聞き返したところ、その中にユートピアがあることを発見し、落語に生きることにした」と語っている。1977年8月から『笑点』の大喜利に出演している。2018年現在の大喜利メンバーの中では林家木久扇に次ぐ古参である。

細川たかし (ホソカワ タカシ) 細川たかし

歌手/北海道出身/歌手を志したきっかけとなったのは、井沢八郎のヒット曲『北海の満月』を聴いてからであった。中学校の卒業アルバムに『北海の心 満月の姿』と書いたほど少年時代の細川はこの曲が大好きであった。後に『北海の満月』の作詞&作曲コンビで『満天の舟歌』を歌っている。上京する前は、札幌・すすきののクラブを中心に歌手活動を行っていた。雰囲気が森進一に似ていたことから“札幌の森進一”と呼ばれていた。

五黄の寅年の女性の特徴は気が強い

五黄の寅年の女性特徴は、気が強いことです。

また、カリスマ性や他人を支配する力が強いので、職場でもリーダーとして活躍する方が多いと言えます。

さらに、年齢に関係なく結婚すると夫を尻に敷いている女性が多いのも特徴です。

五黄の寅年の女性は、信念や意志も強いですが、わがままな性格が目立つ場合もあります。

昔は、謙虚な女性が好まれたので五黄の寅年の女性の評価は低かったと言われています。

しかし、現在では五黄の寅年の女性ならではの優れたリーダーシップや意志の強い性格が高く評価されています。

坂本冬美 (サカモト フユミ) 坂本冬美

歌手・女優/和歌山県出身/ NHKの『勝ち抜き歌謡天国』(和歌山大会)で名人となり、「関西演歌大賞カラオケコンクール」でも優勝。『勝ち抜き歌謡天国』で歌唱指導を担当していた猪俣公章の勧めで上京し、猪俣の内弟子を務める。マルシアは坂本の妹弟子にあたり現在でもとても仲が良い。

綾小路きみまろ (アヤノコウジ キミマロ) 綾小路きみまろ

漫談家・お笑いタレント/鹿児島県出身/芸風は立川談志、上岡龍太郎、ビートたけし、毒蝮三太夫等によって確立された毒舌漫談というジャンルであるが、中高年世代が持つ人生の悲哀をユーモラスに語るのが特徴で、とりわけ中高年に人気が高いため「中高年のアイドル」とも言われる。

山本譲二 (ヤマモト ジョウジ) 山本譲二

歌手/山口県出身/ 北島三郎の仕事場に何度も足を運び頭を下げ、十数回繰り返したときに北島から突然、鞄(かばん)を渡された。即ち「鞄持ちになれ」という意味であり、以降2年間北島の付き人を務める(当時の北島はまだ30代前半)。1976年、読売テレビ制作の歌謡オーディション番組「全日本歌謡選手権」に出場、「おもいで岬」や「中の島ブルース」などを歌って見事10週勝ち抜いた。

生島ヒロシ (イクシマ ヒロシ) 生島ヒロシ

アナウンサー・タレント・ファイナンシャルプランナー/宮城県出身/ 20歳の時、単身渡米。本人はテレビで「私はお金がなくて、行きたい大学に行けなかったのですが、」と発言している。アメリカへ留学中は、日本人らしく植木屋や庭木の剪定などのアルバイトで生計を立てる。山崎清司という空手家の元で空手をならっており、ベニー・ユキーデと試合を行う予定もあった。しかし、これは師範の山崎にキャンセルされた。彼曰く、ユキーデが弱い日本人に勝利して自身の経歴に箔をつけようとしていたことに気付いたからだという。

ジュディオング (ジュディ オング) ジュディオング

女優・歌手・版画家/台湾出身/2歳のときに父の仕事(米軍GHQ報道工作)の都合で訪日した。小学校は東京中華学校に入学、学校で中国語の標準語である北京語を勉強しつつ、家庭教師について英語を勉強するようになる。ここでその家庭教師に「Judy」という英語名をつけてもらった。また家庭では、両親の母語を忘れないようにとの教育方針から台湾語(閩南語)を使っていた。9歳の時に劇団ひまわりに入団する。東京中華学校のあとASIJ(アメリカンスクール)に通って英語を磨き(タレントの西田ひかるは後輩にあたる)、また上智大学ではスペイン語を習得している。兄がB級ライセンスを所持していた影響から自動車の運転を得意としている。自ら大型キャンピングカーを運転して通っていたほか、カースタントを担当することもあった。

イルカ (イルカ) イルカ

歌手/東京都出身/芸名の由来は、女子美術大学のフォークソング同好会に在籍していた当時、皆がギターケースを持って帰る姿を見て「イルカの群れみたい」と言ったのがきっかけで、周囲からイルカと呼ばれるようになった。美空ひばりの専属バンド「ひばり&SKY」の指揮を担当していた事でも有名で、その縁でイルカとひばりの両者共に交友があった。のちにひばりの詩にイルカが曲をつけた「夢ひとり」というシングルも発売された。

内藤やす子 (ナイトウ ヤスコ) 内藤やす子

歌手/神奈川県出身/ 24歳の時スカウトされ1975年「弟よ」でデビュー。翌年の「想い出ぼろぼろ」が大ヒットし、この年の新人賞を総なめにするが、翌年の大麻不法所持で一時芸能活動を停止。1984年にリリースした「六本木ララバイ」がヒットし、1986年の「あんた」は映画「極道の妻たち」のテーマ曲としてカラオケの定番となる。

五黄の寅年と相性のいい干支は午年(うまどし)

②五黄の寅年と相性のいい干支・・・戌年(いぬどし)

 

鹿賀丈史 (カガ タケシ) 鹿賀丈史

俳優/石川県金沢市出身/クラブ歌手、消火器の販売など様々なアルバイトの経験があり、劇団四季時代はマンションの隣の部屋にタモリが住んでいて、鹿賀宛てに届いたファンからの差し入れのケーキを、タモリが自分宛てと勘違いして食べてしまったエピソードがある。『料理の鉄人』のイメージとは違い、自身は全く料理が出来ない。

でんでん (デンデン) でんでん

俳優/福岡県出身/芸名は、「麻雀をしている時の様子が殻に閉じこもった感じで、雀荘の仲間に「でんでん虫」のような「緒方でんでん」と呼ばれたのが元で「でんでん」になった」のが由来。後付けとして「でんでん太鼓のように芸能界を打ち鳴らし、でんでん虫のように芸能界の一国一城の主になれ」という意味が込められている

中野良子 (ナカノ ヨシコ) 中野良子

女優/愛知県出身/数々のTVドラマ、映画、舞台出演を経る中で、中国・フランスでも人気を博す。俳優の活動とともに「WILL国際文化交流センター」の代表として「中野良子の地球の志」、「心の豊かさと自然」、「世界の中の日本の魅力」、「日本の社会とその方向性」、「新しい時代に合った、まちづくり語り合う、学び合う」などの課題で日本各地で講演やTV出演。また、トーク・コンサート、執筆などでも活躍。

大谷直子 (オオタニ ナオコ) 大谷直子

女優/東京都出身/高校在学中、知人が本人に知らせずに応募した岡本喜八監督の『肉弾』の一般公募で300人の応募者の中から合格[3]、スクリーン・デビューを果たす。『肉弾』での演技がNHKのドラマ制作者の目に留まり、翌1969年のNHK連続テレビ小説『信子とおばあちゃん』でヒロイン・小宮山信子役に抜擢されて、平均視聴率37.8%、最高視聴率46.8%を記録した同作品の主演を1年間にわたり務めて一躍人気を博す。

滝田栄 (タキタ サカエ) 滝田栄




俳優・司会者/千葉県出身/ 1983年、『徳川家康』で主役の徳川家康を演じたことで全国的な知名度を上げる。山歩き(成田高校山岳部出身)・武道・料理と多芸多趣味なことでも知られる。大の料理好きが高じて『料理バンザイ!』の司会を放送開始から最終回まで20年に渡って務めた。また抜刀術(戸山流)の有段者であり、時代劇の場面では試し斬りを披露することもある。

五黄の寅年の性格や特徴9選

①行動力がある

強いパワーを備えているので、体力・精神力ともに充実しています。

また、性格も前向きなので、悩みなども少なく、リーダーとしての素質にも恵まれているので、優れた行動力によって周囲の人間を引張っていきます。

②困難に強い

五黄の寅年の人は、困難に出会うことも多いと言われていますが、意志の強さや粘り強さ、前向きな性格によって、困難を乗り越えていく人物です。

また、困難に出会うほど成長していくので、早いスピードで出世するケースも多いです。

③情け深い

五黄の寅年の人は、弱い人を助け、受けた恩を返したいと考えています。

また、家族や友人、自分を慕う部下などには、優しさ溢れる言葉をかけ、過ちなどを許す広い心を持つ人物です。

さらに、問題を解決する力も優れているので、周囲の人から大変頼られています

④プライドが高い

五黄の寅年の人は、優れた能力をいくつも持っているので、気をつけないと自信過剰になってしまいます。

また、自分の思った通りに周囲の人間を動かす傾向や頑固さを持つ人物です。

しかし、周囲の人に気を使いすぎた場合や周囲の人に合わせて行動すると、せっかくの五黄の寅年の強運が下がってしまいます。

⑤マイペース

五黄の寅年の人は、自分のやりたいことを自分のやりたいタイミングで行います。

自分のペースを他人によって乱されることが嫌いです。

また、良い方法ややり方を常に模索しているので、意見が途中で変わることも少なくありません。

⑥意志が強い

自分が決めた目標に向かって粘り強く努力していきます。

また、途中で諦めることや他人の意見によって自分の意志が揺らぐことも少ないです。

そのため、自分のことに対しては、人の意見に耳を傾けることが少なく頑固と言えます。

⑦成功する人が多い

五黄の寅年の人は、どんなジャンルの仕事に就いても成功する人物が多いと言われています。

また、独立心が高く意思も強いので、大きく出世する人や企業する人も珍しくありません。

比較的若い頃に頭角を現す人物が多いですが、晩年に大成する人物もいます。

⑧正義感が強い

五黄の寅年の人は、不正など曲がったことが嫌いで、正しい道で己の道を突き進んでいきます。

また、自分の意見を持ち周囲の意見を聞き入れることが少ないので、若い頃は他の人から苦手意識を持たれることも多いです。

しかし、人付き合いが得意なので親しい人が次第に増えていきます。

さらに、困っている人などがいたら率先して助ける性格です。

⑨頑固

五黄の寅年の人は、自分の意見を他の人に押す力も強く、自分の意見をしぶとく貫き通します。

また、特に自分に関することには、かたくなに意地を張り、他人の意見を聞かないことも多いです。

しかし、五黄の寅年の人の頑固さは、リーダーシップを発揮する際や人助けの際にも役立っています。

五黄の寅年の方は、仕事で成功する方やリーダーシップ力が優れている方なども多いです。

 

スティーヴィー・ワンダー スティーヴィー・ワンダー

アメリカの歌手・キーボード奏者・ミュージシャン・作曲家・音楽プロデューサー/アメリカ合衆国出身/彼の音楽センスは、物心つく前から目が見えないとは思えないほど表現力に富んでいる。クロスオーバーなど、様々なジャンルを違和感無く自身の音楽に吸収してしまうことから、異ジャンルのミュージシャンからも一目置かれている。また、視覚障害や音楽的素養などの共通点があることから、しばしばレイ・チャールズと比較される。

市毛良枝 (イチゲ ヨシエ) 市毛良枝

女優・登山家/静岡県出身/立教女学院では「松任谷由実」の実姉とクラスメートで、松任谷は立教女学院当時から校内で目立っていたといい『妹さんはとてもユニークね。』などと姉とよく話をしていたと松任谷が自身のインターネットラジオ『ウィークエンドスペシャル 松任谷由実はじめました』で語っている。

ばんばひろふみ (バンバ ヒロフミ) ばんばひろふみ

フォークシンガー・ラジオパーソナリティ/京都府出身/SACHIKO(1979年~1980年)の大ヒットにより、全国の「サチコ」という女性から「『さちこ』っていう名前、自分で嫌いだったけど、この歌を聴いて好きになった」といったファンレターが大量に寄せられた。なお、ニック・ニューサが1981年にリリースした「サチコ」とは完全な別物である。

渡辺 哲 (ワタナベ テツ) 渡辺 哲

俳優/愛知県出身/強面で剛健な顔立ちをしており、90年代にはVシネマにヤクザ役や殺し屋の役で多く出演した。その後も叩き上げの刑事役や頑固オヤジ役などが十八番となっている。一方、コメディ、お笑い、ラブストーリーなどのテレビドラマにも多く出演しており、スタジオジブリの劇場用映画への声優としての出演、バラエティ番組への出演もある。

辺見マリ (ヘンミ マリ) 辺見マリ

女優・タレント・歌手/京都府出身/ 西郷輝彦と結婚し、芸能界を引退。二児を出産するが1981年に離婚。38歳の頃から金銭トラブルに見舞われ、それによる騒動や熟女ヌード写真集の発売などでワイドショーの話題になる。

奥田瑛二 (オクダ エイジ) 奥田瑛二

俳優・映画監督・画家・声優・ナレーター/愛知県出身/愛知県で生まれ育ち、東邦高校出身であることから中日ドラゴンズのファンに思われがちだが、実のところ阪神タイガースの大ファンであり、オールスターのテレビ中継に同級生でもある川藤幸三と一緒にゲストとして出演したことがある。明治学院大学法学部入学と同時に父(春日井市議会議員)の伝で丹羽兵助代議士の秘書とな.る。

 

画像引用元:Yahoo!Japan検索