松田聖子
Pocket

1962年生まれの芸能人・・松田聖子 (マツダ セイコ)/木梨憲武 (キナシ ノリタケ)/デーモン閣下 (デーモン カッカ)/石原良純 (イシハラ ヨシズミ)/石塚英彦 (イシヅカ ヒデヒコ)/寺脇康文 (テラワキ ヤスフミ)/柳沢慎吾 (ヤナギサワ シンゴ)/六角精児 (ロッカク セイジ)/トム・クルーズ (トム クルーズ)/宇梶剛士 (ウカジ タカシ)/水道橋博士 (スイドウバシ ハカセ)/風間トオル  (カザマ トオル)





1962年(昭和37年)生まれのトラ年の特徴

●壬寅(みずのえとら) 昭和37年

この生れの人は、乳虎または母虎といいます。優しい虎です。栄養の物を食べ、乳をこしらえて、これを他に与える働きをします。親兄弟や妻子のためによく働きます。こつこつと貯蓄をしますが、自分のことに使うことは少なく、周囲の者にそれを与えることになります。一見、損な役回りのように思えますが、運命なので逆らわずその道を守れば、不運に見舞われることはありません。虚栄心が強く、勘定高い人が多い。他人に対し自分の本心を見せることが少ないので、敵を作りやすい。

松田聖子 (マツダ セイコ) 松田聖子

女優・歌手/福岡県出身/ 1980年代を代表するアイドル歌手である。1970年代を代表するアイドル山口百恵が引退する年の1980年4月に、「裸足の季節」でレコードデビュー。デビュー曲は、その伸びのある透明感のある歌声で注目され、その後も続けざまにヒット曲を連発。「ぶりっ子」と言われるほどの可愛らしい仕草や容姿と高い歌唱力が人気となり、トレードマークであったヘアスタイルで「聖子ちゃんカット」の話題を集めた。

木梨憲武 (キナシ ノリタケ) 木梨憲武

お笑い芸人/東京都出身/競馬予想家として新聞などに登場するときは「木梨ノリゾー」というペンネームを使っており、1990年代には競馬エイトにコラム「私だけの予想ですので」を掲載していた。絵が得意で個展を開いたり、経営するカフェにも飾っている。

デーモン閣下 (デーモン カッカ) デーモン閣下

ミュージシャン・マルチタレント・ジャーナリスト/東京都/「吾輩」と自称し、「閣下」と呼ばれる。「デーモンさん」、「小暮君」などと呼ばれることもあるが、「小暮君」と呼ばれた際は「閣下と呼べ!」「せめてデーモン小暮と呼んでほしいのだが…」と反発している。非公表である本名(地上での戸籍名)を呼称することは一切許容しておらず、本人がふれる時も「世を忍ぶ仮の名」としている。姉はTBSテレビの小暮裕美子。

石原良純 (イシハラ ヨシズミ) 石原良純

タレント/神奈川県出身/父は元東京都知事の石原慎太郎。叔父は石原裕次郎。兄は石原伸晃。弟に衆議院議員石原宏高、画家の石原延啓。かつては石原裕次郎が社長を務めていた石原プロモーションに所属していた。

《1962年(昭和37年)生まれのトラ年の運勢》

名誉運や、金運が強いです。対人運や結婚運、健康運も良好です。家庭運が弱いので、南西と北東は使えるときに利用して運勢をあげましょう。

 

石塚英彦 (イシヅカ ヒデヒコ) 石塚英彦

タレント/神奈川県出身/大食いキャラクターであるが、あくまでキャラクターとしてであり、実際には大食いではない。石塚は“グルメショー”として、むしろ料理の見映え、作った人の気持ちの方に着目してリポートをしている。

寺脇康文 (テラワキ ヤスフミ) 寺脇康文

タレント/大阪府出身/水谷豊と『相棒』シリーズで共演した約8年間を「夢のような時間だった」と語った。season7を最後に卒業したが、それは「お前はまだ若い、これから俳優としてどんどん成長できる。相棒に留まらず様々な役を演じるために、羽ばたいて欲しい」という水谷の先輩俳優としての気遣いがあったという。

柳沢慎吾 (ヤナギサワ シンゴ) 柳沢慎吾

タレント/神奈川県出身/幼少時からテレビ好きで、テレビで見たものを真似ては友達を喜ばせていた。元おニャン子クラブの内海和子)に言い放った「あばよ!」の決めゼリフは大ブレイクした。

六角精児 (ロッカク セイジ) 六角精児

俳優/兵庫県出身/『相棒』では鑑識課員米沢としてパソコン等を使いこなす演技を見せているが、本人はパソコンは全く分からないメカ音痴という。全国の競輪場を旅打ちして回ったほどの競輪ファンである。

トム・クルーズ (トム クルーズ) トム・クルーズ

俳優/アメリカ合衆国 ニューヨーク州出身/派手なアクションのある映画でも、トム・クルーズは原則としてスタントマンを使わず、自らスタントを行うことにこだわりを持っていることで知られる。そのため車やバイクの運転技術はセミプロ級の腕前に達している。

《1962年(昭和37年)生まれのトラ年の性格》

かしこく冷静で、建前や上辺が嫌いでマイペースに人と接するため、愛想はなく、社交的なほうではありません。地味で生真面目ではありますが、誠実で義理堅く、正義感も強い人物で、不正なことを許容出来るフレキシブルさはないので、怒らせると怖いです。

信念が強いのが強みですが、その半面、視野がとても狭く、要領が悪く、融通が効かない性格でもあります。何事も極端になりがちで、ストレートで偏った性格といえるでしょう。慎重で神経質なので、軽率な行動というのはありませんが、決めたことは曲げない頑固さの持ち主です。

 

宇梶剛士 (ウカジ タカシ) 宇梶剛士

俳優/東京都出身/高校時代に友人達と暴力事件を起こし逮捕され、少年鑑別所に入所。少年院での生活において改心。この時に読んだチャップリンの伝記が俳優を志すきっかけとなると同時に高校復学のための勉強に励み、その後明治大学付属中野高等学校定時制を卒業した。

水道橋博士 (スイドウバシ ハカセ) 水道橋博士

お笑い芸人/岡山県出身/高校生のときにラジオ番組『ビートたけしのオールナイトニッポン』を聞き、ビートたけしに心酔、高校卒業後、「ビートたけしに会えば何か展望が開けるに違いない」と、ただ漠然と上京、たけしと同じ学校に入る為、必死で勉強し、たけしの母校である明治大学経営学部に入学。しかし、4日しか通わず、単位を取得できずに4年間パチンコとアルバイトに明け暮れた。

風間トオル  (カザマ トオル) 風間トオル

俳優/神奈川県出身/ 環境問題に関心があり、海岸を散歩する時は、積極的にゴミを拾うようにしている。収録現場には、マイボトルを持参し紙コップは使わないようにしたり、料理の際には、野菜の皮や芯も使い、極力ゴミを減らすようにする等の工夫をしている。

風見しんご (カザミ シンゴ) 風見しんご

タレント/広島県出身/長女亡き後は、交通事故死亡者をなくすために各地で交通事故や命の大切さについてを語った講演と、警察等が主催する交通安全関連のイベントや啓蒙活動への参加を盛んに行っている。




神保悟志 (ジンボ サトシ) 神保悟志

俳優/静岡県出身/ 1990年頃から数々の作品に出演し、クールなビジネスマン・キャリア官僚・冷徹なエリート役がハマり役とされ、特に『相棒』における大河内監察官役が当たり役となった(一部ファンからは「ラムネ」と呼ばれ、登場すると話題になるほど)。

《1962年(昭和37年)生まれのトラ年の特徴》

信念が強いのが強みですが、その半面、視野がとても狭く、要領が悪く、融通が効かない性格でもあります。何事も極端になりがちで、ストレートで偏った性格といえるでしょう。慎重で神経質なので、軽率な行動というのはありませんが、決めたことは曲げない頑固さの持ち主です。

従属性が強く忍耐強いので、すぐには表に出しませんが、明確な意思を持っていて、内面では他人にあれこれ求めていることが多いです。相手に求め始める段階になると、気位が高いので、上から目線になってしまい威張るような印象になってしまいます。人に求めるものが多いので、その結果、人に厳しくなります。また、好き嫌いが激しく感情の波も大きいので、家庭内や近親者にはわがままで気分屋に見られがちです。

 

山崎 銀之丞 (ヤマザキギンノジョウ) 山崎 銀之丞

俳優/福岡県出身/もともと本職は舞台演劇で、ラジオのパーソナリティーでもありながら自らの劇団(「劇団空想天馬」)を率いていた。3年B組金八先生第5シリーズから金八と同郷で福岡出身の理科教師・遠藤達也役を演じたが、第8シリーズで主幹教諭に昇進し、ファイナルでは他校の教頭に昇進した。

松尾 スズキ (マツオ スズキ) 松尾 スズキ

俳優・劇作家・演出家・脚本家・映画監督・コラムニスト/福岡県出身/漫画家になりたくて高校生の時に漫画賞に応募し続け、大学ではデザインを専攻し漫画研究会に入ったが、漫研の中で最も絵が下手であった為プライドが叩き潰され、演劇研究会に入った。コメディにも興味があり高校生の時に財津一郎やジョン・ベルーシの真似を一人部屋でしていたが、演劇研究会でいよいよコメディにはまる。

寺門 ジモン (テラカドジモン) 寺門ジモン

お笑いタレント/兵庫県出身/ダチョウ倶楽部の説教担当。

藤井 フミヤ (フジイ フミヤ) 藤井 フミヤ

ミュージシャン・俳優/福岡県出身/ 1983年にチェッカーズのリードボーカルとしてデビュー、数多くのヒットを飛ばした。歌唱力のみならず外見や言動も注目され、彼の先進的なファッションを真似する若者が増加した。また、オリジナル作品をシングルとして発売した以降の殆どの作詞を担当し、楽曲製作の中心的存在となった。

《1962年(昭和37年)生まれのトラ年のまとめ》

従属性が強く忍耐強いので、すぐには表に出しませんが、明確な意思を持っていて、内面では他人にあれこれ求めていることが多いです。

相手に求め始める段階になると、気位が高いので、上から目線になってしまい威張るような印象になってしまいます。

人に求めるものが多いので、その結果、人に厳しくなります。

また、好き嫌いが激しく感情の波も大きいので、家庭内や近親者にはわがままで気分屋に見られがちです。

投資好きで、大きな事業などに関心を持っている人が多いですが、環境適応能力が高く、順応性があるのでサラリーマンにも向いています。

細かく職人的な作業や仕事よりも、自分だけが持っているノウハウを活かせると強いでしょう。怠け癖はありますが、集中力は高く簡単にはあきらめない根性があります。

理想が高く負けず嫌いで、欲も程々に強く、勇敢で活動的ですので、これと思えることには集中して取り組むとよいでしょう。

 

渡辺 いっけい (ワタナベ イッケイ) 渡辺 いっけい

俳優/愛知県出身/学生時代、漫画家志望だった時期があり、雑誌『ビックリハウス』の常連投稿者でもあった。芸名の「渡辺 いっけい」はその頃のペンネーム(名前を音読みしたもの)に由来する。

小沢 仁志 (オザワヒトシ) 小沢 仁志

俳優・映画監督・プロデューサー・/東京都出身/「顔面凶器」などというあだ名がある。空手2段、剣道・柔道初段の腕前だが、格闘シーンやアクションシーンで47回骨折(手、足、脇腹、鼻など)したことがある。

白石まるみ (シライシ マルミ) 白石まるみ

女優・タレント /東京都出身/ 70年代および80年代アイドル。TBSのテレビドラマ『ムー一族』で主演の郷ひろみの恋人役のオーディション(審査員は出演者だった伴淳三郎ら[4])に応募し、4万人の応募者の中から2位で選ばれた[1][5]。「居酒屋ひろみ」の女将の妹役でデビュー[1]。当初はアイドル女優として、テレビドラマだけでなく映画、ラジオパーソナリティーなど多方面で活躍している。

川平 慈英(カビラ ジエイ) 川平 慈英

タレント・スポーツキャスター・ナレーター・俳優/沖縄県出身/熱狂的なサッカー好きとしても知られ、主にテレビ朝日のサッカー中継等でスポーツキャスターを務めている。名前はJ(ジェイ)・カビラと表記される場合もある。「楽天カード」のCM中。

高木美保 (タカギ ミホ) 高木美保

女優・コメンテーター・エッセイスト・農業従事者・タレント/東京都出身/ 1998年より栃木県に移住し、農業を営んでいるが、農業への力の入れようは本人をして「正業が農業で、タレントは副業」と言うほどである。また、「自然農法」「自然のサイクル」にこだわっており、化学肥料や農薬はほとんど使わず、食生活で排出された生ごみや収穫後の農産物の葉や根を堆肥にしていると語っている。

画像引用元:Yahoo!Japan検索