愛知のトラの人間関係と生活改善ブログ

愛知のトラは愛知県生まれ、人間関係、人間心理および日常生活に役立つ情報を発信していきます。

皆川夏穂のプロフィール、血液型、星座、干支、好きな食べ物、画像。

皆川夏穂
Pocket

皆川 夏穂は、千葉県出身の新体操オリンピック選手。2016年リオデジャネイロオリンピック日本代表。大原学園高等学校卒業。国士舘大学21世紀アジア学部在籍中。東京五輪へ向けて意外な取り組みもある。試合前に必ず聴くほど大好きな、人気ダンス&ボーカルグループ「三代目J SOUL BROTHERS」のパフォーマンスを参考にしているのだ。

皆川夏穂  みながわ かほ ( Kaho Minagawa )

皆川夏穂

 

(画像 : Yahoo!検索から引用)

【皆川夏穂】のプロフィール

 日本の新体操選手

 所属: イオンスポーツクラブ

皆川夏穂の国籍

 日本

皆川夏穂出身地

 千葉県出身 

皆川夏穂の生年月日

 1997年8月20日 (平成9年)

皆川夏穂の干支

 丑(うし)年

 丑年生まれの人は、忍耐強さや我慢強さに恵まれているため、困難にもめげずに目標達成のために努力するという性格です。 どれだけ険しい道のりでも、弱音を吐いたりあきらめたりすることはありません。 いくら周囲から無理だと思われようとも、自分で決めたことはやり通す粘り強さを持っています。

皆川夏穂の星座

 しし座(獅子座)

 しし座の性格 知識や経験に基づいた自信ではなく、自分という存在を肯定するところから生まれる自信を持っています。 自身が望むことやその状況に応じた目標意識にとても敏感で、常にハッキリした欲求や目的があり、それに向けてまっすぐ動いていきます。 また中心を求めていくため、模範的であろうとます。

皆川夏穂の好きな食べ物

 あんこ、和菓子、かき氷

皆川夏穂の嫌いな食べ物

ゆで卵、スイカ、グリンピース

皆川夏穂の好きなミュージシャン

 三代目 J Soul Brothers

皆川夏穂の趣味

映画・音楽鑑賞・お散歩

皆川夏穂の好きな種目




 フープ・ボール・クラブ・リボン

皆川夏穂のコーチ

 ナディア・ボロドコバ(ロシア)

皆川夏穂の出身校

 千葉市立真砂中学校

 大原学園高等学校(東京都)

 国士舘大学

皆川夏穂の血液型

 O型

皆川夏穂の特意なこと

 ロシア語

皆川夏穂のニックネーム

 かほちゃん

皆川夏穂の身長

 171cm
皆川夏穂の体重

 54kg





【エピソード】 

体操開始年齢(きっかけ)は4歳の時。幼稚園の友達がやっているのをみて、楽しそうだなと思って始めた。

2012年、2013年全日本ジュニア優勝。

床に落ちた物を足の指で取ろうとしてしまう。

 【特記事項】

  • 中学卒業後、ロシアに派遣され、1年のうちの10カ月を宿舎と練習場の往復する生活を送っている

  • 練習は1日8時間行っている。
  • 性格は真面目で聡明
  • チャームポイントは笑顔とほお
  • 得意技はジャンプ
  • 2015年頃から右足に コンパートメント症候群 を発症し、治療をしている。
新体操日本代表(しんたいそうにっぽんだいひょう、)

日本体操協会により編成される 新体操の日本ナショナル選抜チームである。愛称は「フェアリージャパン」で、公式スポンサーであるポーラの社名を入れてフェアリージャパンPOLA(Fairy Japan Pola)と表記することもある。団体競技だけではなく、個人競技の選手もいる。

毎年、トライアウトを開催し、新たな代表候補を発掘している。また、現在代表入りしているメンバーもトライアウトを受け改めて、代表入りする必要がある。

トライアウトtryout)とは、本来は適性検査・試験興行を意味する。一般にスポーツ競技の団体に加入を希望する選手が、団体関係者の前で自己の能力をアピールし、契約を目指す場のことをいう。スカウトとの違いは、スカウトではチームが相手に“来て欲しい”と礼を尽くして頼むのに対し、トライアウトでは希望者がチームに志願する点。

皆川夏穂の東京五輪への決意

右脚のケガを抱えながら挑んだ9月の世界選手権の個人総合では13位に入り、国別出場枠を獲得した。ケガが悪化し、27日まで行われたイオンカップ世界クラブ選手権(群馬・高崎アリーナ)を欠場。

「みんなが東京五輪に向けて仕上げている部分もあるのに、その舞台に自分が立てていないのはすごい悔しいです」と本音を漏らしたが「今、無理したら今後に影響する」とあくまで東京五輪に合わせて調整を続けている。 現在は世界で戦う力をつけるために、技術面とメンタル面の強化に取り組む。特にメンタル面では「メンタルトレーナーさんに指導を受けていて、緊張したときの気持ちの切り替え方であったりとか、気持ちのコントロールの仕方を学んでいます」と目指すは“強心臓化”だ。

東京五輪へ向けて意外な取り組みもある。試合前に必ず聴くほど大好きな、人気ダンス&ボーカルグループ「三代目J SOUL BROTHERS」のパフォーマンスを参考にしているのだ。

「ライブはドームとかでやるので、大きい会場でも遠くのお客さんに伝えるようにしている点を見習いたいです。以前、メンバーの山下健二郎さん(34)とお話しした際には、やっぱり観客に伝えたい気持ちが一番大事だなっていう部分で共通点は感じました」 一方で公の場では、自身の目標よりも「東京五輪では、みなさんを楽しませる演技がしたい」と控えめなコメントをすることが多い。なぜか。「自分の演技に集中することが大事なので」と説明したが、最後には「やっぱりメダルは欲しいですよ」と笑みを浮かべた。「ランニングマン」ダンスでスターダムに躍り出た三代目JSBのように、一気に表彰台を駆け上がれるか。



error: Content is protected !!