愛知のトラの人間関係と生活改善ブログ

愛知のトラは愛知県生まれ、人間関係、人間心理および日常生活に役立つ情報を発信していきます。

永瀬拓矢のプロフィール、血液型、星座、干支、好きな食べ物、近況。

永瀬拓矢
Pocket

永瀬 拓矢(ながせ たくや ) は、二本の将棋棋士。安恵照剛門下。棋士番号は276。神奈川県横浜市中区出身。書道、水泳、公文、家庭教師などの習い事を習っていたが、人並みにすらできず、その中で、将棋という初めて人並みにできることが見つかり、自分の中では「これはやらなければいけない」という認識で始めた。。

永瀬 拓矢のプロフィール

永瀬 拓矢

 ながせ たくや (Takuya Nagase) 

(画像 : Yahoo!検索から引用)

永瀬 拓矢の国籍、職業

 日本の将棋棋士

 将棋の第5期叡王(えいおう)

 

永瀬 拓矢出身地

 神奈川県横浜市中区出身。

永瀬 拓矢の生年月日

 1992/09/05(平成8年)

永瀬 拓矢の干支

 申(さる)年

永瀬 拓矢の星座

 おとめ座(乙女座)

 乙女座の基本性格は勤勉で努力家であり、目の前の目標に対してひたむきに、そして忠実に取り組んでいくことができる性格です。 目標を達成するための努力を惜しまないために、知識が豊富な人が多い星座でもあります。 謙虚で真面目な性格なので、地道な努力を重ねしっかりとした生活を築いていくことができます。

永瀬 拓矢の好きな食べ物

 バナナ (2020年ごろにはカロリーを気にしてバナナ党からコーヒー党に転向)

永瀬 拓矢の趣味

 漫画を読むこと。「週刊少年ジャンプ」を10数年毎週欠かさず購入している。

 (キングダム、ゴールデンカムイ)




永瀬 拓矢の師匠

 安恵 照剛 は、将棋棋士。改名前の氏名は安恵邦男。東京都世田谷区出身。高柳敏夫名誉九段門下。棋士番号は107。2001年3月、引退。

永瀬 拓矢の出身校

 横浜市立間門小学校出身

永瀬 拓矢の血液型

 B型

永瀬 拓矢の性格

 





永瀬 拓矢のエピソード】 

 家族は祖母、父母、妹、弟

 9歳の時に祖父から教えてもらったことが、将棋を始めたきっかけである

 子供の頃のホームグラウンドは磯子将棋センター。同じ道場出身者に戸辺誠がいる。また、蒲田将棋クラブでは藤森哲也らとともにアマチュア強豪と腕を磨く。

 酒が全く飲めない一方で、対局に際しては一日あたりスポーツドリンク20本を持ち込み、大量に飲んでいくという。最近は、缶コーヒー(無糖)も多く持参している。

 2017年9月に、関東所属若手棋士による将棋普及グループ「東竜門」のツィッターを1週間担当した際に、実家がラーメン店を営んでいることを公表した。棋士として何より努力を重んじるストイックな姿勢は、ラーメン店を開業してから、腕を上げるため他の店に修業に出た父の姿を、将棋を始めた子供時代に目の当たりにしたことに影響されている。その父は2019年3月14日に公開された第4期叡王戦七番勝負のPVに永瀬とともに登場し、まだタイトルに手が届かない息子・拓矢を、「まだ努力が足りない」としつつも早くタイトルを取ってファンを喜ばせろと激励した。

 初の三段リーグ参加と高校進学が重なった。高校は、入学してすぐに「自分には合わない、自分の行く場所ではない」と気づいて中退した

 【特記事項】

  • 将棋に対する非常に厳しい姿勢や発言から、「軍曹」と呼ばれたり、「ボーイ」と呼ぶ棋士もいる。
  • 「将棋は才能ではなく努力」が持論で、他棋士と一線を画す「根性」「不倒」など独特の揮毫をする事が多い
  • 第69期王将戦挑戦者決定リーグに際して渡辺明王将(当時)とリーグ参加者へのインタビュー形式で組まれた特集「王将リーグ『才能と努力』」では、アンケートの才能型・努力型の棋士を挙げる項目(複数回答可)で、8人中5人(糸谷哲郎・広瀬章人・豊島将之・三浦弘行・藤井聡太)から努力型棋士の代表例として名前を挙げられた。
  • 鈴木大介との交流が深く、第87期棋聖戦の挑戦者になった時のインタビューで、「自分の意識としては、私の棋士人生は鈴木先生(大介八段)に頂いたものだと思っています」と語った]
  • タイトル戦の番勝負ではおやつを大量に注文する傾向があり、特にバナナを多く食している。2016年の棋聖戦でも第2局でバナナを合計4本注文しているが、2018年の棋王戦では第4局までで合計23.5本という大量注文を敢行し、ネット上では「バナ永瀬」などと呼ばれるに至った。2018年の将棋年鑑において「世の中で一番怖いもの」を聞かれた際に「この世からバナナがなくなること」と回答したほどのバナナ好き。ただ実際のところは、バナナ以外にシャインマスカットなども好物だという。
  • 「第3回AbemaTVトーナメント」で、藤井聡太、増田康宏との3名で、チーム永瀬(チームバナナ)を結成した。
  • 書道、水泳、公文、家庭教師などの習い事を習っていたが、人並みにすらできず、その中で、将棋という初めて人並みにできることが見つかり、自分の中では「これはやらなければいけない」という認識だった。
永瀬 拓矢過去の成績

タイトル獲得合計3期

一般棋戦優勝回数2回

永瀬 拓矢棋風

 デビューからしばらくは三間飛車を得意とする振り飛車党だったが、2013年頃から居飛車党に転向した。振飛車党時代は、「有利になれば相手の駒をすべて取りにいく」ような、強烈な受け将棋で「大山康晴十五世名人の再来」と呼ばれた

 先手番でも千日手を厭わない。本人曰く「対局にあたっていくつか罠を用意しておくが、その罠に引っかからなかったら千日手を目指す」という。ちなみに「千日手にもストックがある」とのことで、例えば「飛車回りに飛車で受けさせるのは千日手の基本手筋」だという。そのためか、現役棋士で千日手の出現率が最多となっている電王戦の二つ名は「努力・変化・勝利」[



error: Content is protected !!