平野 歩夢

平野 歩夢(ひらのあゆむ)は日本のスノーボーダー、スケートボーダー。新潟県出身。2014年ソチオリンピック・2018年平昌オリンピック2大会連続銀メダリスト。2020年東京オリンピックスケートボード日本代表。2018年現在、冬季オリンピックにおける日本代表選手としての最年少メダル獲得記録保持者でもある。  

【平野歩】のプロフィール

平野 歩夢 ひらのあゆむ

 (Ayumu Hirano) 

平野 歩夢

(画像 : Yahoo!検索から引用)

日本のスノーボーダー(専門はハーフパイプ)、スケートボーダー選手

平野 歩夢の国籍

 日本

平野 歩夢出身地

 新潟県 村上市出身 

平野 歩夢の生年月日

 1998年11月29日 (平成10年)

平野 歩夢の干支

 トラ年

寅年生まれの人は、とても勇敢で正義感が強いという特徴があります。 何事にも恐れず立ち向かい、必ず打ち勝とうという勇気を持っています。 苦手なことや、一度失敗したことにも、臆せず何度でも立ち向かう前向きな姿勢があります。 また、真面目で倫理観が強いことから、曲がったことが許せないという性格も目立ちます。

1998年(平成10年)生まれのトラ年の芸能人・有名人画像

平野 歩夢の星座

 いて座(射手座)

いて座の性格はオープンマインドでフランク。 物事にこだわらないおおらかさと、帰りのことを考えず、どこまでも遠くへと出かけて行ってしまう楽観さがあります。 不安定なところがあるのですが、人生に対する精神的興味が強く、とても勇敢で、好奇心旺盛です。

平野 歩夢の好きな食べ物

 寿司(サーモン、貝)。つぶ貝。

平野 歩夢の好きな音楽

 ヒップホップ

平野 歩夢の趣味

 

平野 歩夢のコーチ

 才哲治

平野 歩夢の出身校

 村上市立村上南小学校。




 村上第一中学校卒業。

 開志国際高等学校アスリートコース⇒日本大学スポーツ科学部に入学

平野 歩夢の血液型

 O型

平野 歩夢の種目

  スノーボード・ハーフパイプ

平野 歩夢身長

 165cm
平野 歩夢の体重

kg





 平野 歩夢のエピソード】 

 スケートパークを運営する父・平野英功のもとに生まれた。4歳の時に3歳上の兄の影響でスケートボードスノーボードを始めた。山形県小国町横根スキー場ドロップインからラインどりの練習を行った。その後小学4年時にスノーボードメーカー、バートンと契約し、2011、2012年の全米オープンのジュニアジャムで連覇を果たした

 【平野 歩夢の特記事項】

・アメリカのスノーボードメーカーとプロ契約(=08年)。

・W杯初出場初優勝(=13年)。

・X Games初優勝(=16年)。

・4回転技の着地に失敗して肝臓破裂&左膝内側靭帯損傷(=17年)。

 医者に「あと1㎝ずれていたら死んでいた」と言われた(肝臓は皮一枚でつながっていた)。

 集中治療室に2週間入院。

 リハビリ中に「失敗しない方法」を徹底的にイメージトレーニング。

 練習再開当初は実家のジャンプ台の初心者用しか滑れなかった。

・国際主要大会史上初の2連続4回転技成功(=18年)。

 ※フロントダブルコーク1440(DC14)とキャブDC14を連続成功

・ユニクロのグローバルブランドアンバサダーに就任(=18年)。

・東京五輪(夏季五輪)に新種目nスケートボードで出場(=21年)。

・五輪史上初のトリプルコーク1440成功(=22年北京五輪)。

平野 歩夢過去の成績

 16年、18年Xゲームズスーパーパイプ優勝,18年平昌五輪銀メダル,14年ソチ五輪銀メダル

 2022年冬季オリンピック(北京オリンピック)スノーボードで金メダル獲得

平野 歩夢の人間関係(兄弟)

 兄の英樹(えいじゅ)、弟の海祝も同じくスノーボード選手

 ショーン・ホワイト…ライバル。五輪金メダル3個。