ムダ毛処理
Pocket

専門医、専門店へいくまでもなく、自宅で簡単にムダ毛を処理したい場合。

 


脱毛

ムダ毛の処理をすることで、皮膚を傷つけてしまったり、ばい菌が入ってしまうことがあります。

スポンサーリンク



ムダ毛処理は身だしなみの一環。お肌にトラブルを起こさないために、頻繁に手入れをしなければならないからこそ、事前・事後のケアが重要です。

病院や脱毛サロンを利用する場合は別として、

ご自身で処理する場合はカミソリやワックス、自宅用の脱毛器を使うでしょう。

その際に注意すべきことは、
カミソリで毛を剃るという方法は、肌に直接刃を当てますので、熟練した技術が必要です。

自信がない場合は、男性用の、ヒゲソリの使い捨てカミソリがオススメです。
角度もちょうど良いので、安全性が高いです。

刃で皮膚を傷つけてしまった場合、皮膚炎を起こしたり、ばい菌が入ってしまう可能性があります。


ばい菌が入ることを防止するために、剃る前に患部を石鹸で洗うことが大切です
この場合も、男性用のシェービングローションを使うと、滑りもよく、気持ちよく剃ることができ、仕上げも良いです。


カミソリを使う場合は新品のものが理想です。


洗うと刃が痛んで切れ味が悪くなるばかりか、力をいれすぎて傷ができてしまうことがあります。

万が一傷ができても、皮膚が綺麗な状態だと感染症が起こる可能性が減ります。
毛を抜くと、どんなにやさしく皮膚を扱ったとしても、皮膚は刺激を受け負担がかかります。


皮膚に炎症を起こさせないためには冷やすことが何より重要です。毛を抜いたところを氷冷剤や氷で冷やしましょう。

 

また、冷えピタなどの冷却ジェルシートは冷やすだけの目的で使うときはカブレの原因になるので、避けたほうがいいと思います。

十分に冷やして赤みが取れたら、保湿剤を塗ります。

毛を除去すると皮膚が乾燥しやすくなります。


保湿剤は普段使っている化粧水、ボディクリームで大丈夫です。
「カミソリの刃で切ってしまった」「ワックスで毛を抜いたところが赤くなってしまった」など、傷ができたり炎症を起こしてしまうことがあると思いますが、
慌てず、傷ができたところはまず洗い、その後傷クスリを塗ることがおすすめです。


傷クスリを塗っても赤みがあったり、かゆみなどの症状があるときは、皮膚炎を起こしているかもしれません。


良くならないときは、病院へいきましょう。

病院で抗生物質の入った軟こうを頂いて、それを綺麗な綿棒などで塗りましょう。

なお、

脱毛用のレーザーをお持ちて、それを使う場合はレーザーは黒色に反応しますので、毛を剃っていないと、毛根ではなくて生えている毛に反応してしまいます。
前述の方法で毛を剃ってから脱毛しましょう。

お肌に負担がかかりますので、レーザーを当てる1~2日前に剃っておくのがおすすめです。

ムダ毛処理で、お肌を傷めることのないように気を付けましょう。