浮気
Pocket

妻のことが好きなのに、不倫をしてしまうのはなぜ?

そういう人はどんな気持ちで妻が悲しむような行為をしてしまうのでしょうか?

不倫をしてしまう人は自分勝手な人が多く、相手の立場に立って物事を考えることができない人が多いようです。

 

だから、自分が快適に過ごすために妻を裏切り、さらに不倫相手をもてあそぶようなことをしてしまうのです。

それがまず前提として、その上で、不倫をしてしまう夫の人間性には、次のようなものがあります。

スポンサーリンク



1、妻が家族になってしまうと、異性として見られなくなってしまう。

一緒に生活をすると、ドキドキするときめきがなくなり、結婚によって「恋のドキドキ」は「愛の安らぎ空間」へと変わっていきます。

妻のことを妻と思えず、気がつくと「どういう関係の人?家政婦さん?」とさえ思ってしまいます。

おまけに、帰宅すると、育児問題、ご近所との出来事、等々の話を持ち出されると「疲れている」「明日も朝早い」と逃げたくなります。

そんなとき、「まだまだ恋をしたい」「男として現役でいたい」「恋のときめき」を感じたいという人生観を抱いている男性は、不倫に走ることがあります。

こういう人は、「浮気をするという行為でどれだけ妻を悲しませるのか」なんてことは深く考えませんし、気が付きません。

つまり、単に自分の欲望を押さえられない心の弱さから浮気をしてしまう“残念な人”なのです。

だから、「悪気がない」ことも少なくないし、「遊び」と割り切って不倫を楽しむタイプが多いでしょう。


2、他に好みのタイプの女性が現れた。


結婚をしていても、好みのタイプの女性に出会ってしまうことはあるものです。

同窓会、クラス会で、当時は興味なかった女性でも、見違えるほどに変身してしまっていると、ドキドキしてしまいます。

そんなとき、相手も自分と付き合う気でいると、妻に悪いと思いつつ、どうしても自分の気持ちを抑えられずに不倫に突き進んでしまう人もいます。

このケースも、1と同様、理性が弱いタイプです。

恋に落ちてしまった分、本気になりやすいのも難点です。

要は、“逃げ道”のような不倫です。

・妻に対する不満を、不倫という復讐の形で解消するため

 

日頃の妻への不満の解消を「不倫をすることで妻に復讐できるから、妻を許せるようになる」という、訳の分からない理由で納得しているのは自分だけ。

だから、自分が浮気する理由を「妻のせいだ」と豪語する人すらいます。

不倫を夫婦の潤滑油にする目的とする考えの人もいます。

この場合は、「不倫相手のことが好き」というよりも、むしろ「妻の方を大好き」なことが多いです。

 

不倫相手は弄ばれているだけなのに、相手が本気になりやすい女性の場合、地獄を見ることにもなりかねません。

幼児性のある男性がやりやすい不倫の形と言えます。

妻を妻と自覚できず、母親と勘違いしているのかもしれません。

 

夫が不倫をした時に、許すも、許さないも自由ですが、
もし別れたくない場合は、“そういう人”なんだということをよく理解して、対応した方が良いでしょう。

人はそう簡単には変わりません。

浮気する人の「浮気グセ」は直りません。

ギャンブル好きの人も、同じようにやめられません。

だからこそ、「もう二度と浮気はしない」という言葉を信じるのではなく、“そういう人”だと思った方が賢明です。

 

「もう二度と覚せい剤はやりません」と言いながら、何回も逮捕されてニュースになっている人がいますが、同じですね。