メンズファッション
Pocket

女性ウケの良いメンズファッションのことについてのお話になります。普段からオシャレに気を使っている皆さまもどうせオシャレを楽しむのであれば女性ウケの良いメンズファッションを楽しんだ方が良いと思います。これは女性とお付き合いをしている男性はもちろんのこと、オフィスにおいても、お友達関係においてもオシャレな男性はモテます。

ですので普段のファッションを見直したいと言う方はぜひ参考にしてみて下さい。

▼女性ウケするポイントとは

世の中には周りを見渡せばたくさんの洋服屋さんが存在します。その為、何を購入したら良いかが迷ってしまいます。

また目的別によっても異なるかと思いますが、特に女性ウケするポイントとはどのようなことがあるかと言うことをお話しさせていただきます。

これは恋愛をしている人であれば付き合う前までは良かったのですが、だんだんと彼氏のファッションダサくなってきたと感じている女性も多いようですので、せっかく付き合った彼女に幻滅されないように女ウケするポイントを掴んでおいて損はありません。

実際に女性ウケするポイントとはどのようなことかと言いますとキメ過ぎないこと、色使いに気をつけるゆるすぎないサイズ感、そして清潔感が挙げられます。

その他に流行に乗ったファッションをしていたり、ブランド物を着ていることも女ウケするポイントにもなりますが、先ず基本として上に挙げたことがなされていれば間違えは無いと思います。

▼【キメ過ぎないこと】

女性ウケするファッションキメ過ぎないことと言うデーマのお話をさせていただきます。

男性と言う生き物はもしかしたら皆さまご自身でもお気づきになっていたり、周りの女性陣からも言われたことがあるかも知れませんが、見栄と意地が女性よりもだいぶ強いのです。

またこのことはファッションセンスにも現れることがあり、普段から見栄っ張りの方は特に大勢のパーティや彼女とのデートの時に映画スターのような格好で現れる場合があります。

ですが実は女性からすると、これは逆効果となり思わず引いてしまう理由にもなってしまいますのでキメ過ぎないことが大切なのです。

ではキメ過ぎないこととはどのようなことなのかと言いますと、一時期流行ったようにチョイ悪オヤジファッションみたいに派手なシャツを着て第3ボタンまで開けてジャラジャラしたアクセサリーをつけたり、その他のキメ過ぎないこととしては、夜の待ち合わせなのにサングラスをして行ったり、演歌歌手が着ているジャケットを着ることも対象になります。

確かに映画スターのようなファッションオシャレだとは思いますが、欧米人だから似合うと言うこともあります。ですからキメ過ぎないことが逆に日本人らしさを醸し出し、逆に女性ウケするファッションへと繋がって行くのです。





【色使いに気をつける】

女性ウケするファッションのポイントの中には色使いに気をつけると言うこともあります。

どうしても派手な色の方が女性ウケするのではないか、女性に好かれるのではないかと男性からすると思ってしまいがちなのですが、これが大きな勘違いとなってしまうのです。

派手な色の洋服は確かにファッションショーなどではよく目にしますが、でも一般の生活においては色使いに気をつけるようにしないとちょっと奇抜な人だと思われてしまって、せっかく皆さまが良い性格だとしても女性が寄りつかなくなってしまいますのでもったいないことになってしまいます。

では具体的に色使いに気をつけるようにするにはどうしたら良いかと言いますと、蛍光色は勿論のこと、特にジャケットなど第一印象で目立つアウターの色が赤や黄色、緑やピンクなどの色にするのはやめて、黒や紺、ブラウン系などの落ち着いた色使いにすると良いでしょう。

また洋服だけ色使いに気をつけるようにすれば良いのかと言うとそう言う訳ではなくシューズハット、またアクセサリーをする場合には色使いに気をつけた方が良いでしょう。

サイズ感について

女性ウケの良いメンズファッションをしたいと思うのであればサイズ感については気をつけるとようにしましょう。

ただし趣味がヒップホップラップであって、周りの方々も皆さまのことを認めている場合はそのままでも良いでしょう。

それ以外の場合にはゆるい方が着やすいとか、若者っぽくて格好が良いと思う気持ちは分からないこともありませんが、でもそれは男性側だけの気持ちであって一般的に女性からは子供っぽいと思われてしまいがちです。

特に昨今では細身のシルエットと言われるIラインやYラインが流行っていますので、太めの洋服は時代に逆らってしまうことにもなりますので普段ダボっとした洋服が多いと言う方はサイズ感については見直してみるようにしましょう。

またサイズ感にはついてはメンズファッションにおける私服だけの話ではなく、もしもお仕事でスーツを着ることが日常の場合、同じく気をつけるようにした方が良いでしょう。

スーツについても最近は標準タイプのシルエットの他にスリムタイプと言うカテゴリー分けがされており、特に若者に限らず40代や50代の方でもスリムタイプのスーツを着ている方を見ると女ウケするだろうなと思ってしまいます。

このようなことからも公私ともに最近のトレンドスリム化となっていますので洋服全体のサイズ感について見直すことで異性に対するアピール度が変わってくると思います。

清潔感のあるファッション

女性ウケするファッションを語る上で、色使いやサイズ感も大切ですが、それと同等もしくはそれ以上に大切なのが清潔感のあるファッションです。

これは最低限のマナーでもありますが、不潔だと感じる男性には女性は寄りつきたくなくなるものです。

なので清潔感のあるファッションを徹底していただきたいと思います。具体的には食べ物の汚れがついたままのシャツを着てデートに行ったり、何週間も洗濯をしない洋服を着ると見た目もそうですし、臭いも発してしまいますので、女性ウケを意識する上では気をつけないといけません。

また清潔感のあるファッションを語る上でちょっと考えていただきたいのが、一部色使いとも関係するのですが、薄い紺色やオレンジ色、また薄い茶色などあまりパッとしなかったり、原色としては良い色なのですが、薄くすると何となく良いイメージではなくなってしまう色がいくつかあります。

ですからこのような色味はインナーとして着る分にはまだ良いのですが、アウターとして着ると清潔感のあるファッションではなくなってしまい、女ウケはしなくなってしまいますので、気をつけるように致しましょう。

中年のメンズファッションとは・・・そもそも中年と言うのは何歳位のことを指すのかと言うこともありますが、中年とは一般的に40代から60歳前までの年齢層を差すようです。しかしその年代になると結婚をしたり、子供ができたりして、なかなか自分思うようにお金が使えなかったりもします。

ですので限られたお金の中でいかに中年のメンズファッションを楽しめるかが大事なポイントになるのです。

月に数着も洋服が買えないとしても

ボーナス時期や何かの臨時収入が入った時には、中年のメンズファッションに似合う洋服を購入しておきましょう。

気がついたらもう40歳オーバーと言う方はそろそろ中年のメンズファッションのことも考えて見ると良いでしょう。

落ちついたファッションは皆さまの人格をも表しますので、自分にはどのような洋服が似合うのかを考えるにあたっても参考にしていただければと思います。

【トラッド系デビュー】

トラッド系と言う言葉を聞いたことはありますでしょうか?

トラッド系とは元々英語のトラディショナルの略語になりまして『伝統的な』のような意味合いになります。

ですのでトラッド系デビューとは昔からあるクラッシックなスタイルを導入してみましょう。と言う意味合いになります。

20代、30代の時にはヒップホップ系でもアメカジ系でも流行りのものを着ていても良かったのですが、逆にその時にトラッド系デビューをしたとしてもまだ若すぎて周りからもちょっと背伸びをし過ぎていると言うと風に見られてしまうかも知れません。




ですのでそのような意味から言いますと40代を超えた時からこそがトラッド系デビューにふさわしい年齢となるのです。

またお子様の授業参観や同窓会、親戚との集まりなど公の場に行く時もジーンズで行くのも良いですが、落ちついた服装の方がお子様や奥様、そして関係者の方々に対しても良いイメージが持たれますのでぜひアラフォーあたりになったらトラッド系デビューを考えてみて下さい。

【ジャストサイズを意識】

特に今50代の方々にと言うのはアイビールックやディスコ世代の時にちょうど20代や30代であったと思いますのでその時の慣れがあってどうしてもゆるいファッションが動きやすいと選んでしまうことが多いと思いますが、でも中年のメンズファッションを極めるにあたってはジャストサイズを意識しましょう。

ではジャストサイズを意識するにはどのようなことを注意すれば良いのかと言いますと、例えばジャケットだったら肩幅でしっかりと合わせて自分の体型に対して大きすぎないようにセットすることです。

昔はダボダボ系のスーツや洋服でも流行ったかも知れませんがジャストサイズを意識しないと、特に今の20代や30代の間ではI(アイ)ラインやY(ワイ)ラインなどのスリムスタイルのシルエットが流行っていますので会社でも嫌煙されてしまいます。

また若者の間ではズボンの丈をくるぶしよりも少し下くらいでセットする形が流行っており、プライベートのファッションでは素足でスキニーパンツを履いてくるぶしにチョーカーをするのが流行だったりしますのが、でも中年のメンズファッションを極めるにあたってはそこまでする必要はないでしょう。

ですのでダボダボすぎずにジャストサイズを意識するだけでも着心地や周りからの見た目が変わりますので意識してみると良いでしょう。

【セレクトショップの活用】

中年のメンズファッションを始めようと思いながらも気合いを入れ過ぎてしまってデパートに行った時にBOSSJ.PRESS、またはニューヨーカーなどのトラッド系ファッションを取り扱うショップに行くのも良いのです。

でもそれだけだとお金がいくらかかってしまうかも分かりませんし、皆さまが会社の社長さんや重役、または政治家や芸能関係のお仕事をされているのであれば良いかも知れませんが、もし一般のサラリーマンの方であればセレクトショップの活用をしてみると良いでしょう。

ではどうしてセレクトショップの活用が良いのかと言いますと、20代や30代の年代の方々がどのようなメンズファッションをしているのかが分かるからです。

オフィスの中には色々な年代の方が働いていますので、皆さまがトラッド系一色でいるのも良いのですが、その他にもセレクトショップの活用をして、周りのスタッフの皆さんとの調和が取れるような中年層のファッションも販売しているからです。

具体的にはトゥモローランドはトラッド系ファッションをベースにしながらも独自のスタイルで中年のメンズファッションを盛り上げてくれるような素材や色使い、デザインのジャケットやシャツ、パンツがあります。

そうすると会社の中で、若い方に『その洋服はどこで買ったのですが?』と聞かれることがあるかも知れません。

そんな時には皆さまが情報収集をしたセレクトショップを教えてあげると喜ばれるでしょう。ですのでぜひ一度セレクトショップもご覧になると良いでしょう。

なぜか人間は年を取るとだんだんと頑固になって来てしまいます。

それは長年培ってきた社会人人生の経験から来るもので、知らず知らずのうちにプライドが形成されてしまって人の意見を聞き入れにくくなってしまっているのです。

またこのことは特にファッションにも出やすいので、中年のメンズファッションを成功させるためにも店員のアドバイスも聞きましょう。

例えば皆さまがトラッド系ファッションを買いにショップに行ったとします。そしてどのような洋服を買おうかと言うイメージはご自宅で雑誌やインターネットの写真を見てイメージしてきたとします。

でも実際にそのイメージが皆さまに似合うかどうかと言うのは日々色々なお客様を見ている店員さんに任せた方が目が肥えているので外れにくいと言う場合が往々にしてあります。

ですので店員のアドバイスも聞きましょう。

店員のアドバイスも聞くと言うのはあくまでも皆さまが考えているファッションを全否定することではありませんので、

例えば『トラッド系ファッションデビューをしたいのだけれども、ブラウン系のジャケットに会うシャツとパンツはどのようなものがお勧めか?』などベースとなる皆さまの要望を店員さんに伝えれば必ず皆さまの背格好やお顔の表情、また性格に合ったコーディネートをしてくれるはずです。

ですのでお金の無駄遣いをしないでもすみますし、もしかするとお勧めされたコーディネートが皆さまの中年のメンズファッションのベースとなるかもしません。

昔から

『恥を忍んで聞け』

と言いますがまさにこのケースにも当てはまるのです。

さて、

と鏡を見ると、髪の毛のボリュームが減ってきたと感じる人も多いのではないでしょうか?

薄毛は男性ならば、多くの方が悩んでいると思いますが・・・。

特に頭頂部はアレンジでカモフラージュすることが難しく、見た目のボリュームにも大きな影響を与えるため、どうにか対策したいところ。しかし、それをカバーすることにより、女性にモテるようになるのも可能です。

 

ファッションでは、帽子を被るなどが一番良い対策でしょう。

帽子を被ることにより、

薄毛をカバーするだけではなく、オシャレに見られます。

さらに、

直射日光を防ぐ効果もありますので、様々な付加価値が付きます。

女性も薄毛を気にしない方も多くいらっしゃいますので、外に出るときは、帽子を被り、薄毛に偏見がある方に配慮するなどの対策をすれば良いでしょう。

その他には、美肌などで薄毛をカバーすることが出来ます。

肌が綺麗だと若く見られます。肌が綺麗なことにより、薄毛を目立たなくさせる効果があります。

いっそのこと頭の毛を剃り込み、美肌を強調すれば、薄毛など気にならなくなります。

女性の方も、薄毛のことよりも、人間性を見る方も多く、薄毛だからといって、そこまで自意識過剰にならずに、ファッションや美肌などで簡単にカバーするようなことで良いでしょう。

薄毛と言うで、恋愛対象から外れる程度の恋ならば、大した恋ではないはずです。