清涼飲料水
Pocket

暴飲暴食をすると、体の中のブドウ糖をうまく利用できないために、体中に糖が、あふれている状態になります。そのことによって血管や神経が損傷され、様々な合併症を引き起こします。

糖尿病になると、脳梗塞、心筋梗塞、失明、慢性腎不全からの透析、神経障害からの四肢切断などの怖い合併症があります。

スポンサーリンク



糖尿病は、大きく分けると2つに分類されます。

1型糖尿病と2型糖尿病です。

1型糖尿病とは、体内で糖を利用するために必要なインスリンが生成される膵(すい)臓のβ細胞が何らかの原因で破壊される怖い病気です。

小児から思春期に発症することが多いのですが、中高年にも発症することがあります。

日本での割合は5%以内と珍しいタイプなのです。小児、思春期の発症の場合は意識障害などの重篤な状態で発見されることも少なくなく、注意を要します。

残りの95%の糖尿病が2型糖尿病です。過食、運動不足、ストレス、加齢などの環境因子が原因で発症します。

暴飲、暴食は糖尿病の原因になります。

遺伝的要因も強く、血縁関係の人に糖尿病の患者さんがいれば要注意です。
また、日本人は欧米人と比べると先ほどのインスリン分泌能力が低いために、欧米人と比較すると糖尿病になりやすいとされています。


似たような体形をしていても、同じような食事をしていても、日本人の方が糖尿病になりやすいのです。また、

最近は清涼飲料水の飲み過ぎによる糖尿病も増えています。

暴飲暴食はしていなくても、コーラをペットボトルで飲み干す等々の行為は糖尿病になる危険性が高いです。


暑い夏には、ついつい清涼飲料水をがぶ飲みしたくなりますが、特に子供さんに、清涼飲料水の飲み過ぎには注意をして頂きたいものです。