若く見える女性
Pocket

自称『年齢より若く見えるんです。』オバサンジョのイタすぎる特徴を紹介していきます。「若いと思い込んでいるおばさん」の特徴とは?


若いと思っている勘違いおばさん その① 服は20代~30代向けを着用。“服が”若いだけです。


40歳を過ぎているのに、20代の女性と同じような服を着て、「若いって言われる」……って、勘違いも甚だしい。

自分が20代の頃に着ていた古臭~いファッションを着ている。青春時代のまま時計が止まってます。

20代向けの服をいつまでも着ていると「あれ? なんか急に似合わなくなったな」と思う瞬間があって当然なのですが。

本人は得意げになっている。

自分が一番魅力的に見える服装は、時代と年齢によって変化します。

そもそも、アパレルブランドは対象年齢の方に合うようにデザインされています。

例えば、30代から厚みが出てくるお腹、老けてくすんでくる肌。

これを上手にカバーできるデザインや色遣いにシフトしていくのが考え抜かれた好印象ブランドです。

スポンサーリンク



「痩せ型」というだけで若いと思い込んでいる勘違いの人もいるので要注意。

体重が変わってなくても、顔も体も確実に老けてますから、年相応の服装で、「若作り」から「若く見える」ファッションへシフトすべきです。


基本的には「安物の服でもかわいく見えるのは25歳まで」と、頭を切り替えることをおすすめします。

街を見渡して「みすぼらしいオバさんだな!」と思うことはありませんか?

ひょっとしたら、そう思われているかもしれませんよ。

大人なんだから、外に出るときはTPOや年齢に合った、上質な服を着るべきです。

とくに恋愛したいと思っているなら、いつ、どこで出会いの場であるかもしれません!

まずは、自分に合った色・デザインで良質のものを着て、安物買いの銭失いにならないようにしましょう。


若いと思っている勘違いおばさん その② 手抜きメイク=ナチュラルメイクの認識し直し。


ただの手抜きメイクを、ナチュラルメイクと思い込んでいる人もいます。

BBクリームだけの手抜きメイクをして、眉毛や産毛は伸び放題。

「肌が若いって言われるんですョ~」なんて言っていても、はじめて出会った男性は「ただの女を捨てたオバさんだ!」としか思いませんよ。

薄メイク=若く見えると思っていませんか?

そもそも、素肌でもかわいいのは10代まで、いい年こいて手抜きをしていると、ただ汚らしくみすぼらしく見えるだけ。

シワもシミも出てくるわ、口角は下がり唇は薄くなり、ほうれい線やたるみも出て、血色だって悪くなるんです。

若い子と並んで鏡の前に立ってみたらよくわかります。

あなた、本当に若く見えますか?

そして、前髪が1ミリいつもと違うだけでピーピー騒いでいた若かりし頃の美意識を思い出し、感受性を高くし、人の目を意識して、恋愛のアンテナを張りなおしましょう!


若いと思っている勘違いおばさん その③ 年齢に似合う成熟度合いに達していない


若さよりも成熟した年相応の魅力を身に付けよう!

結婚したり、子供ができたりすると、新しいライフステージへの移り変わりを経験し、人間力が成長していくものです。

そしてその経験の中で、自分の「老い」も感じるものです。

でも、実家暮らしのまま独身で、両親に依存して家事もお任せ、経済的な自立すらしていないアラフォーは、いつまで経っても中身が子どものまま。

こういう人は、何十年も成長をしておらず、いつまでも自分は20代、いや10代の気分のままでいるのです。

周りをしっかり見て、自分自身を見て、「真実の年齢」を自覚すれば、「私って年より若く見えるんです~」なんて言えないハズ。。

同じように時が止まったような、お友達やママとばかりつるんでいないで、子持ちの既婚者と話してみて、時の流れを感じてください。


若いと思っている勘違いおばさん その④ 周りに気を配れない態度と発言


すぐキレる! 暴れる! 図々しい自分勝手なおばさん!

自己中心的で、すぐブーブー文句を言ったり、場の空気を乱す人。

こういう人は、客観的に物事を判断できず、自分のことも過大評価しがち。

「私って若く見えるから~!」などと自慢げにのたまっているのはこういうタイプ。

周囲は「別に若くみえないけど……」と思いながらも、勝手にコイてろ!。

鈍感、そして性格が図々しいので、人に対して横柄。

「値段が高い!」と、とことん値切りまくり、「店員の態度が気に入らない」とクレームの嵐。

若く見えるどころか、単なる図々しいオバさんでしかないんですよ!


女性にとって「恋愛」と「美」は切っても切れない問題です。

いくつになっても若々しく、年相応の美しさを保つ人はパートナーやそれ以外の方からも愛され続けます。

人間、年を取るのは仕方がないことです。中には何の努力もせずにただ老けていく、『THEおばさん』がいるのも事実です。

しかし時間の経過は平等なのですから、うまく時間を使って、美しく年を重ねながら大人の教養、仕草、身のこなしも身につけていきましょう。

若く見られたい為に、若作りしたり、若く見えることをアピールするのはつまらないですね。 みなさんが良い年のとり方をして、若い人たちの良き人生の先輩となれますように!

スポンサーリンク



若く見える人の特徴1. 非常にアクティブで、休日は基本的に外へ出かけている


若く見える人はフットワークが軽く非常にアクティブ、常に新しい刺激を求めていて、休日になれば外に出かけて何かを楽しんでいます。


若く見える人が持つ行動力は、健康的な身体と何かをしようとする意欲に満ちているから生まれます。


身体も気持ちも元気にあふれているから、外でいろいろ楽しんだり面白いことを見つけに行けるわけで、その生き生きした様子が年齢に関わらず周囲に若さを感じさせるのです。


若く見える人の特徴2. トレンドに敏感で流行りのアーティストやグルメ、スポットに精通している


若く見える人はトレンドに敏感で、世間で人気のアーティストやグルメ、これから来るスポットもよく知っています。新しいもの好きで、流行りのグッズやファッション、メイクをいち早く取り入れています。


新しい情報を常にチェックしているから、いつ話をしても新鮮で楽しくて、その場も明るくなります。常に新しい驚きに満ちているからこそ、周りの人が若々しい印象を受けるのです。


若く見える人の特徴3. 多趣味でイキイキとした人生を歩んでいる


若く見える人は好奇心旺盛で、何ごとにも興味や関心を高く持ち続けています。いろいろなことを試しつつ極めてみたいというエネルギーや欲求に満ち溢れているので、多彩な趣味を持っていることもしばしばです。


何かに熱中できることを持つ人はイキイキとしていて若々しく見えます。熱中できる趣味がたくさんあることは、すなわちエネルギッシュで若く見えることにつながっていくのです。


若く見える人の特徴4. 謙虚な姿勢を常に持ち、自分より一回り以上若い人とも積極的に会話する


若く見える人は好奇心旺盛だからあらゆる方面から情報収集をします。一回り以上年齢の離れた若い人とでも積極的に話をすることで、自分の身になることなら受け入れてモノにしていこうとするのです。


たとえ自分より人生経験や知識がない若い人の言うことでも、世間のトレンドや動向の1つと判断すれば貪欲に聞き入れる姿勢があります。

自分より年若でもバカにせず謙虚な態度で接するから若くいられるのでしょう。

若く見える人の特徴5. 基本的にポジティブ思考でいつも笑顔を絶やさない


若い人は未来や可能性に満ちあふれていて、チャンスがいくらでも転がっています。その結果として基本的にポジティブ思考で、多少のことにもめげずに前に進んでいきます。


ポジティブな人はいつでも笑顔で楽しそうで、いろんなことにチャレンジします。そのため、いろいろな人の目にとまって声をかけられるから、チャンスがたくさんもらえるのです。その好循環が若さを保っていけるのでしょう。


若く見える人の特徴6. 背筋がピシッとしており、姿勢が非常に綺麗

猫背だと、たとえ若くても老けた印象がぬぐえなくなります。背筋がピシッととして、とても綺麗な姿勢だと、年齢が高めでも若々しく見えるから不思議です。


曲がった腰は古来から縁起が良いとされていますが、それは長寿や経験を積むことに対してのもの。人々からの尊敬を受けるデキた人ではなく、好感度の高い若々しい人でいたいなら、姿勢に気を遣ってキビキビ動くようにしましょう。


若く見える人の特徴7. 仕事も遊びも全力を尽くす素直さを持ち合わせている


若く見える人は仕事はもちろん遊びなど、あらゆることに対して全力を尽くそうとする真っ直ぐな気持ち、すなわち素直さを持っています。


今この時を楽しんだり、全うしようとする意欲や一生懸命さにあふれているから、いつでも真剣勝負でおろそかにすることがありません。


ただし、全力を尽くすにはそれができる体力も合わせて必要です。気持ち先行ではなく、体力づくりにも励みましょう。