スキンケア
Pocket

にきび予防の食べ物とはバランスの良い食生活が重要なのが、にきびの予防です。にきびは皮脂の過剰分泌が原因だそうです。

インスタント食品やスナック菓子の食べ過ぎが原因で、にきびの炎症は悪化するといいます。

炭水化物の過剰摂取にも気を付けましょう。とくに脂質も糖質も摂りすぎなければ大丈夫です。

にきび予防のためには、脂質も糖質も適量を心がけましょう。

スポンサーリンク



にきび予防に効果的な栄養は、抗酸化作用の高いビタミンC、脂質の代謝を促進するビタミンB、皮膚の再生作用がある亜鉛などです。

にきびの予防効果が期待できるのは、

緑黄色野菜や魚介類、豆腐や大豆加工品、果物を意識して摂取することです。

 

サプリメントを使うという方法も、食事で不足している栄養素があると感じている時にはあるでしょう。

何をしていいか栄養バランスを整えるといってもわからないという人が心がけたい食生活は、

和食を意識したものです。

ごく自然にビタミンやミネラルの摂取が、

日本のオーソドックスな朝食の、ご飯にみそ汁、おひたし、小鉢、主菜、納豆などの組み合わせによってできるでしょう。

間食を控え、1日3食の規則正しい食習慣を維持することも重要です。

普段の食生活を見直し、健康的な食事を心がけることは、にきび予防に十分効果が期待できます。

にきび予防に効果的な洗顔とは

肌を汚れのない清潔な状態に保つことが、にきびの予防になります。

洗いすぎやこすりすぎはにきびの予防どころか肌トラブルの原因を自ら作っているようなものですので、予防のために欠かせないことは洗顔ですがやり方に注意が必要です。

顔をこまめに洗えばいいというものでもなく、洗顔料で洗浄力の強いものを使えば予防になるともいえないようです。1日2回朝と晩の洗顔で十分だといいます。あまり洗いすぎると、皮膚に必要な皮脂を落としすぎてしまうのです。

夏は皮脂の分泌が多くなりやすく、冬は乾燥して肌の水分が失われがちです。洗顔後の保湿ケアも含め、季節に合ったお手入れがにきび予防につながります。

肌をこすらず、泡で包み込むように洗うことが、洗顔の基本だといえます。

よく泡立てたきめ細かな泡で優しく洗いますが、ヘアキャップやタオルで髪をまとめ、顔全体を洗いやすい状態にしてからが良いでしょう。

洗顔料で洗い終わったら、しっかりぬるま湯ですすぎましょう。

肌の負担になり、にきびの原因にもなりますので洗い残しはないようにしましょう。

顔に押し当てるようにして水分をぬぐいますので、吸水力の良いタオルを使います。

重要なのは肌タイプに合う洗顔料を使用することでしょう。

洗顔料のサンプルやトライアルセットで確認をするなどして、自分の肌に合うものを見つけてください。

にきび予防のためにスキンケアの基礎となる洗顔はしっかり行うようにしましょう。

にきび予防に用いる化粧品と化粧方法

思春期だけでなく、大人になっても深刻な悩みとなるのが、にきび予防です。

化粧品の多用はにきびを悪化させてしまう場合がありますが、社会人になるとメイクは必須です。

化粧をにきびのできた部分にはしないようにという指導をする皮膚科もあるといいます。

ついつい濃いファンデーションでにきびを覆い隠したくなってしまいますが、それではますます、にきびが悪化するでしょう。

にきびの予防には、化粧を厚くしすぎないことが重要です。

にきびのある皮膚は肌そのもののコンディションも悪くなりがちで、良い化粧品を選んでも化粧のノリが悪くなりがちです。

にきび予防に1番重要なことは、正しいスキンケアで肌の状態を整えることなのです。肌への刺激が少ないものを、化粧品選びを意識しましょう。

まったく別のことだといえるのが、基礎化粧品でスキンケアを行うことと、メイク用化粧品を使うことです。

にきび予防に効果的な方法は、スキンケアは毎日した方が良いのですが、オフの日はメイクをお休みするなど、肌を休ませる日を作ることです。

クレンジングでは、化粧品汚れが肌に残らないように、よく洗って十分にすすいでください。せっかくスキンケアを頑張っても、化粧品で肌に負担をかけてしまっては、にきび予防効果は激減してしまいますので要注意です。