口臭

職場、学校、プライベートなどで、なかなか相手に言いにくいことってありますよね。こんなこと言ったら怒るんじゃないかと思うと、言いにくいことってありますね。そんな時あなたならどうしますか?ハッキリ言ってしまうと相手の方を傷つけることになるかも。

職場、学校、プライベートなどで、なかなか相手に言いにくいことってありますよね。「相手の感情を害してしまうと、これからの関係がぎこちなくなってしまうかも」などと考えると、さらに言いにくくなるものです。でも、伝え方によっては相手を傷つけることなく伝える方法もあるのです。ということで今回は、「言いにくいことを傷つけずに伝える方法」ということでまとめてみましたので、興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね! 

■料理が美味しくないときの伝え方

彼女などにせっかく料理を作ってもらったのに、その料理が美味しくない時ってありますよね?

でも、「これまずいよ」とはなかなか言えないもの。

でも、ひょっとしてこの先も、美味しくないものを食べさせられ続けるのも辛い。

そんなときは、自分が美味しいと思う味の料理を相手に食べさせてみよう。

自分で作ってもいいし、自分好みの味を出すレストランに行ってもOK。

そうすれば、「あ、こんな味が好きなのね」と相手にわかってもらえるはず。

また、美味しいものを作ってくれたときはしっかり褒めて、そうでないときは「これはそんなに好きじゃない~」などとたまに伝えてみたら? 





■口臭がキツイことを伝える方法

口臭がキツイ人にそれを伝えるのはとても難しい。

「口臭いですよ」なんて言ったら、確実に相手を傷つけてしまうし、もう喋ってもくれないかもしれない。

なので、ガム、キャンディ、タブレットなどを用意して「これ、私がいつも携帯しているんですけど、口臭が消えて口もスっとするからおススメですよ~」なんて言いながら渡してみる。

また、口臭の原因は歯磨きの仕方と歯磨き粉の改善で解消できます。口臭の原因は歯に残ったタンパク質に細菌が付着したり、舌の汚れも原因のようなので、口臭予防の歯磨き粉が効果的です。正直に言える相手なら良いですけど。

口臭チェックサイトがあることを知らせるために「面白いサイトを見つけたからやってみて!」などと言って教えてあげるのも良いかもです。

『口が臭い!』とストレートに言うより、口臭予防歯磨き粉をそっと渡すと『口が臭いんだ』と理解してくれて、貴方の気遣いの優しさに口臭対策に努力してくれるのでは? 

■デートを切り上げたいときのうまい言い訳

デートがつまらなかったりして、「あぁ、早く切り上げたいけど言えない…」という経験をした人もいるはず。

そんなときは、「次は早い時間に会おうね」などと次のデートはするつもりがなくても相手に言う。

そうすれば相手に「そろそろ帰りたいんだな」と感じさせることができるのです。

そして自然にその方向に流れが進む。

デートの時間帯が早いときは、「宅急便が来る時間帯だからゴメンね!」などと言って切り上げるといいかもです。




「宅急便なら明日でも大丈夫じゃないの?」ともし言われたら、「明日に必要なモノが届くから」とか「生モノだから明日だとヤバイ」などの言い訳がオススメ。 

■鼻毛が出ていることを伝えるには?

彼氏とか彼女の鼻毛が出ているときって、「教えてあげたいけど、相手が傷つくかもしれないし…」と悩むこともあるのでは?

その場合は、「口に何か付いているからチェックしてみて」とか言いながら、鏡を見る方向に持っていこう。

それでもダメなら、「鼻に何かゴミがついているよ!」と言ってみるのもいいかも。

「トイレの鏡を見て取ってきたほうがいいかもよ」なんて伝えてみてね。 

■カラダが心配という理由で痩せて欲しいことを伝える

「彼女が太ってきたから伝えたいけど、女子って繊細だから言えないよ」というときは、体調を心配する方法で伝えてみると良いかも。

何か最近困ったこととかあるの?」などから始めて、カラダ(健康面)が気になるから太ってきたことを伝えたいということを強調する。

それがムリな場合は運動や散歩を二人でしたり、外食をやめて野菜が主な自炊にしたりして二人で健康的に痩せるのもいいかもよ。

男性のズボンのチャックが開いていた場合、どうすれば良いでしょうか?

この場合、ズボンのチャックが開いていることをご本人に知らせて差し上げることが、本来のマナー。しかし、相手との関係性によっては、それを指摘されることで相手が恥ずかしい思いをしたり、また自分もその後気まずくなってしまうのでは本末転倒ですよね。

したがって、相手が家族や恋人などの親しい関係であれば、正直に伝えるのが良いでしょう。しかし、職場におけるケースで、会社の上司や取引先の方であれば、気づかないフリをするのが正解となります。

これは、後にその相手が気づいても、相手はあなたが気づいていなかったと思うことができるため有効ですし、何より相手が上司などの場合、普通は言えないですよね。

■上司の歯に青のりがついていた場合、どうすれば良いでしょうか?

相手が上司である場合、言いたくても言えないことがほとんどです。しかし、例えば、それが接待中であったり、商談前であれば、結果的に恥をかくのは上司ですから、ここは伝えてあげるのがベストですね。

伝え方としては、「○○さん、ちょっと失礼してもよろしいですか」と言い、小さな手鏡を渡して「歯に何かついているようなんですけど……」と、そっと伝えて差し上げましょう。

 

「言いにくいことを傷つけずに伝える方法」ということでご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ケースバイケースですが、 言いにくいことを言って相手を傷つけるのは気が引けるものですが、それを我慢しているとストレスが溜まってしまうこともあります。

例え、相手の為とは言え、言わなきゃ良かったってこともあるかもしれません。

 なので、上記の伝え方を参考にして、相手を傷つけることなく、後悔しないように伝えてみると良いかもしれませんね。