アルコール依存症
Pocket

「共依存」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ダメな夫を支えていることで、「あの人は私がいないとダメな人」ということを認識し、自分の存在意義を確かめていると考えられるのです。

自己の存在意義を他人との人間関係に依存することを、「共依存症」と言います。

『アルコール依存症』で暴力を振るう夫と別れられずにいる妻。

これは、一般的には妻が被害者で夫が加害者、と思われがちです。

ひどい目に会わされているのに我慢している、偉い奥さんと思われそうです。

しかし、実は、ダメな夫がしっかりものの妻を必要としているのと同様に、妻の方もダメな夫を必要としていると、心理学的には考えられているのです。

ダメな夫を支えていることで、「あの人は私がいないとダメな人」ということを認識し、自分の存在意義を確かめていると考えられるのです。

スポンサーリンク



そういう妻がいるからこそ、夫はいつまでもダメ夫のままで居続けることができるのです。

妻の上にあぐらをかいているのです。

妻がいないと夫は生活していけなくなり、生きる希望もなくなります。

夫の存在は妻に依存していると言えます。

反対に、夫がダメ夫でなくなってしまって、しっかりした夫になったら、妻は自分の存在意義を見失ってしまうでしょう。

その意味で、妻の存在は夫に依存しているといえるのです。

だから無意識のうちに、夫がいつまでもアルコール依存症でいてくれるように願い仕向けます。

「これ以上はダメですよ!」と言いながら、またアルコールを買ってきてしまうというようなことをし続けるのです。

しかしこの場合、妻には、自分自身が夫をアルコール依存症で居続けさせているという自覚がないのです。

「人という字は支え合っている」と言われてます。

しかし、どちらかが倒れたら共倒れになってしまいますね?

まさに共依存関係で、支え合うという意味が違うようです。

「人」という字は、1人の人間が立っているのを横から見た姿だそうです。

人間は自立したうえで、支え合えなければなりません。

 

夫婦関係もそうありたいものです。

理不尽にはNOということが大切。

結婚生活を始めれば、些末なことで意見が食い違ったり、価値観の違いが露呈したりということがあります。

そのようなことは本来、生まれも育ちも違うお互いの違いを認め合い、折り合いを付けながら暮らしていくことのできる人間としての懐の深さを身に付けるための試練です。

それなのに、夫婦の一方が、もう一方のいいなりになってしまうとどうなるか。

アルコール依存症およびDVの夫婦関係がその最たる例ですが、

逆に、妻が夫を支配することもあります。

妻が夫婦生活のすみからすみまでにおいて自分の価値観を夫に押し付け、思い通りにいかないことがあるとキレて夫を従わせるという暴君のようなケースです。


理不尽な要求に対しては、勇気をもってNOということで、お互いが人間的に成長できる機会となるはずなのです

しかし、夫もそれを言わずに、場当たり的に妻のいいなりになってしまうので、妻はいつまでも裸の王様で居続けることができてしまうわけです。

こうなると立派な共依存関係です。

「産後クライシス」や「セックスレス」が共依存関係に起因していることもあります。

共依存関係は、実はいたるところに潜んでいます。

親子関係にもあります。

常に子どもにダメ出しをして「まったくあなたはダメな子ね」と嘆く親がいます。

 

実は、そうやって子どもに「自分は一人では何もできない」という暗示をかけ、親としての存在意義を強く感じたいと、無意識的に願っているのです。

子どもが自立への歩みを始めると、それをまったく無意識的に邪魔しようとします。

そういう親は、自分で自分を認めることができず、子どもの存在に自分の存在を依存してしまっているのです。

 

そして恐ろしいことに、依存的な性質は子どもにも引き継がれます。

常にダメ出しをしてくれる人が近くにいないと安心できない人に育ってしまうのです。

「ダメ夫」になってしまったり、「ダメ夫をダメなままにしてしまう妻」になってしまったりするのです。

そういう大人のことを、俗に「アダルト・チルドレン」と呼ぶのです。

 

相手に遠慮して自分の本心を伝えないというのは一見思いやりのように見えますが、本音を伝えないことは相手を過小評価していることなのです。

「本心を言ったら怒っちゃうだろうな」とか「意見を聞いてはくれないだろうな」と、相手の能力を見限ってしまっているのです。

そういう夫婦関係は、本当の信頼関係で結ばれている夫婦関係とはいえないでしょう。

本当の信頼関係とは、傷つけ合うことを恐れて遠慮することではなく、仮に傷ついたとしても自分たちなら乗り越えられると信じ合えることです。

 

相手のことを思えばこそ、その痛みを乗り越えて、夫婦として1段上のステージに上がろうと思えるはずです。