フルーツダイエット
Pocket

簡単で安心してダイエットできる方法があります。栄養も摂れる、置き換えダイエットが一番、安心、安全にダイエットできます。他の方法をやっても長続きしない方や、他の方法では、ダイエットが成功しないという方にお勧めです。最高にびっくりするほど

■ フルーツダイエットの特徴

綺麗な美脚になりたいという方や、ウエストを細くしたいという方には、フルーツダイエットがお勧めです。

フルーツ

 

最高にびっくりするほど、簡単にダイエットできます。しかも思い通りに痩せたい部位が痩せられるのでお勧めです。

綺麗な美脚になりたいという方や、ウエストを細くしたいという方には、フルーツダイエットがお勧めです。

フルーツ

美味しいので痩せられないのでは、という疑問が多いと思いがちですが、実際には、

▼ フルーツには、太りにくい糖分が入っています。

適度な糖分の量となっておりますし、体の負担なくダイエットを行うことが可能です。

ダイエット中は糖分を一切摂取しないと、体の負担も多くなりますし、長続きしない傾向となります。

適度なフルーツの糖分なら、体に良いとされていますし、影響なく、体に負担なく行えるので安心です。

フルーツ


体に必要な成分を補給しながらもダイエットできるとされている製品なら、急激なダイエットにも体が耐えることができますし、安心です。

フルーツには、体の疲れや、体を温めてくれる成分も配合されています。

ですので、どんなに多く食べても太らないというのが特徴です。

しかも、フルーツは、栄養化が高いですし、少量でも、体に負担がないので、減量しても大丈夫とされています。

味わいが美味しいと長続きしますし、色々な味わいを利用することで飽きない味にしておくと長続きします。
したがって、ダイエットが終了してスリムスレンダーな体型になっても、まだ利用している方も多いようです。

フルーツ


健康で綺麗な体のラインを維持するために、多くの方が利用されています。

フルーツ

しかもコストもかからないので、長続きします。より安心、安全にダイエットしたい方にお勧めです。

減量したくないという方や、減量できないという方や、減量に自信のない方にも、このフルーツダイエットが一番効果的です。

フルーツ


食べたくなった時にフルーツを食事の変わりにすると、フルーツの栄養化が高いので、痩せられるし、栄養も摂取できて安心です。

長期間のダイエットにも対応された方法ですし、短時間で痩せないという方でも長期間頑張れる方法です。

勿論、体への負担も少なくて、安心ですし、長期間、フルーツダイエットしても、栄養化はきちんと撮れたダイエット方法ですし、

▼ リバウンドもなく、スリムになりやすいと評判です。

実際に、簡単にできるので、ダイエットするなら、美味しくダイエットできるので、一石二鳥ですよね。

ダイエットでも、美味しさがないものが多いので、長続きしないので、諦める方が多いのですが、美味しい上に、ダイエット効果が抜群の方法なら、小腹が空いても大丈夫です。

■ バナナダイエット

アミノ酸の一つであるトリプトファンは、体の中でセロトニンに変わって覚醒度を上げてくれます。

トリプトファンは、牛乳や乳製品、豆・豆製品、バナナ、アボカド、肉類、スジコ、タラコに比較的多く含まれています。

バナナ

朝食抜きが習慣のアナタも、朝バナナで簡単にできるダイエット成功を手にしてみませんか?

「1分でも多く寝ていたいから朝食抜きは当たり前」という方に警報!

朝食抜きは代謝が低下するためエネルギーの消費効率が悪くなり、逆に太りやすい体質をつくるという悲しい結果に。

バナナは包丁を使って皮をむいたり切ったりする必要がないので、忙しい朝でも5分もあれば食べられるお手軽な果物。

半分にする場合は、両端を持って折れば簡単に半分になります。

そんなバナナを朝食に食べるだけで体質が改善し、楽々痩せ体質に変わっていくというのです。

▼『朝のバナナダイエット』で、ダイエットに成功

・・・と評判です。

テレビや雑誌等でも何度も取り上げられるほど話題になったダイエット法です。

コンセプトは、「ガマンしない」「お金をかけない」「時間をかけない」とナイナイづくし。

そんな夢のような『朝バナナダイエット』には、女性の悩みである「便秘」「冷え性」改善などの嬉しいおまけもついてきます!

バナナに含まれる豊富な酵素作用により、体内に溜め込んだ毒素をかき集め排出させるのが朝のバナナダイエット

生のバナナを食べたいだけ、常温の水と一緒によく噛んで食べるのがポイント。

また、午前4時~正午までが最も排泄に適している時間帯であることも、朝食にバナナを食べる理由の一つ。

酵素が豊富なバナナは熟す段階で既に消化が済んでいるため、私達の胃を10~20分で通過しエネルギーを補充してくれるというわけです。

バナナの7割は水分であることや、

▼ 繊維が豊富なことから便秘にも非常に効果的。

また、ダイエットの敵である「むくみ」や「冷え」は、塩分の多い食事を続けることにより体内の水分バランスが乱れ、細胞が水ぶくれ状態になることが原因です。

このような塩分過多の体には、カリウムを摂取することが重要!!バナナにはこのカリウムが豊富に含まれているので、効率よくナトリウムを排出し、「むくみ」や「冷え」を改善しながらスッキリボディへと導きます。

さらに朝食以外の時でも味覚改善を図るため、水をこまめに飲むことをおすすめしています。

味のあるものばかり飲むと味覚が鈍くなり、たくさん食べないと満足感が得られない体質になるので要注意!

バナナを食べたくない日は、他の果物でも1種類ならOK。

追加で何か食べたくなったり飲みたくなった場合は、15~30分置けば何を食べても飲んでもよいです。

消化吸収が比較的早い「おにぎり」等の炭水化物がベター、食後に苦しくならない程度であれば、昼食は好きなだけ食べても良いようです。

「炭水化物」=「ダイエットの敵」というのは、間違いとも言われてます。

おやつは食べたいなら1日1種類で、チョコや和菓子がオススメで、毎日食べてもOKというのも、女性には嬉しいですね。

アイス類は、胃腸を冷やしてしまうので、涼しい室内では止めておきましょう。

夕食は18時頃から、遅くても20時頃には食べ終える習慣をつけましょう。

▼ 肥満の原因の大半は遅い時間の夕食と夜食にあります。

飲んだ後のシメのラーメンはたまらなく美味しいですが、最悪ですね。

遅い時間帯に食べると、胃腸が消化活動中のまま睡眠に入ることになり快眠はできませんし、健康にも美容にもとっても悪いです。

また、体に溜まった老廃物は寝ている間に排出されるため、質の悪い睡眠で疲れが溜まると老廃物も排出されず脂肪として定着してしまいます。

結果、太りやすい体質につながるというわけです。

朝のバナナダイエット効果の一番のポイントは、実はココにあるのでは!?と思われます。

次に挙げるコツは、自分の心がけ次第でいくらでもライフスタイルに取り入れられることなので、良い生活習慣を身につけることに役立ちます。

食後のデザートはやめる。
「スイーツを楽しむのは、3時のおやつだけ!」

日付が変わるまでに寝る=快眠へ!
バナナには疲労回復を助ける効果もあるので、朝バナナを続けることで質の良い睡眠に。

私も朝食をバナナに代えて実践してみましたが、バナナの果糖のおかげか、他の糖分を欲しない体質に変化!しました。
また、バナナを食べるだけなので「パンを焼く」とか「サラダを盛る」などの手間が省け、包丁を使う必要もないので、朝の時間にゆとりができたのが何よりも嬉しい副産物でした。

そこでおススメが、バナナ&牛乳です。

朝食を摂る習慣が無かった人は、朝5分のバナナタイムで痩せ体質に!
また、これまでの朝食をバナナに代えた人は、時間&心に余裕が生まれて朝のメイクタイムが充実するかも!?

忙しい朝、たった5分で食べられるバナナ&牛乳でスリム&キレイが手に入る朝のバナナダイエットを、今日からの習慣にしてはいかがですか?

■ レモンダイエット

レモンといえばビタミンCというイメージが強いですが、それだけではなく、体に嬉しい成分と、それによる効果も期待できます。

レモン

ビタミンC : 温州ミカンの1.4倍で、抗酸化作用が強く、酸化を防ぐことで老化予防となり、コラーゲン生成もサポート。

クエン酸 : 温州ミカンの約6倍で、キレート作用が高く、カルシウムなどミネラルを吸収しやすくして、減塩効果があり、酸味が塩味を引き立てるため、おいしく減塩を促す。
また、疲労回復効果があり、疲労関連物質の乳酸の生成を抑制する。

エリオシトリン : 抗酸化作用:皮の白い部分に多いポリフェノールで老化予防効果が期待できる。100mlの果汁中に12.1mgなど、他の柑橘類よりも多く含まれている。

へスペリジン : 血流促進効果:柑橘類の白い皮や袋、筋に含まれるポリフェノールで、血流を促し、中性脂肪を下げる。

リモネン : 黄色い皮に含まれる香り成分でリラックス効果がある。

(※出典:レモンの健康効果に関する研究の動向 堂本時夫 県立広島大学保健福祉学看護学科/ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社)以下では、レモンの成分により期待できるダイエット&美容効果の研究報告内容を引用紹介します。

〇メタボリックシンドロームの予防と改善
レモンに含まれるエリオシトリンなどのレモンポリフェノールがメタボリックシンドロームの予防と改善に有効であることを示す報告が、動物やヒトでの研究から蓄積されてきていると報告されています。

(※出典:レモンの健康効果に関する研究の動向 堂本時夫 県立広島大学保健福祉学看護学科より)

また、レモンを多く摂取していると(1日平均0.7個以上)、

最高血圧が一番低く変化し、食欲を抑制し、糖や脂肪の代謝に関わる善玉ホルモン「アディポネクチン」の濃度の変化量が大きいという報告もあります。

さらに、レモンに含まれるエリオシトリンを高脂肪食と一緒に摂取すると、血中中性脂肪の増加を抑制し、肝臓への脂肪の蓄積を提言するという研究報告もあります(※出典:Health Sciences, 26, 4, 2010, Vol26 No.4 pp210-218より)。

以上により、

 レモンを摂取することが肥満の予防につながり、ダイエットにも一役買う可能性があるようです。

〇血中コレステロールや血糖値への影響
動物実験では、高脂肪食によって生じる血中の高脂肪、高血糖、高コレステロール等が、レモンポリフェノールやエリオシトリンの投与で低下。果皮から抽出したペクチンや果皮の絞り汁を投与することで、血中や肝臓内のコレステロール低下なども確認されています。

また、ヒトを対象とした研究でも、レモン果汁が脂質代謝の改善に有効である可能性が示唆されています

(※引用:レモンの健康効果に関する研究の動向 堂本時夫 県立広島大学保健福祉学看護学科より)。

以上により、

レモンを食生活に摂り入れることで、

▼ 血中や肝臓での脂質代謝が期待できます。

〇減塩効果でむくみ軽減
レモンのクエン酸による酸味は塩味を引き立ててくれるので、調理中や食事中の塩分を控えながらも満足感を得ることができます。結果、料理にレモンをプラスすると塩分過剰を抑制でき、塩分過剰によるむくみ軽減にもつながります。

〇美肌効果&老化予防
ビタミンCやエリオシトリンの抗酸化作用は老化予防に役立ちます。

また、ビタミンCにはコラーゲンの合成を助ける働きもあるため、シワやたるみを防ぐ効果が期待できます。さらに、メラニン色素の沈着を防ぐ働きや、ストレスに対抗する副腎皮脂ホルモン(コルチゾール)の生成もサポートしてくれます。レモンを摂取する際は、レモンを丸ごと絞る、輪切りにする、くし切りにする等、お好みでOKです。手軽に購入できる市販のレモン果汁を活用するのもオススメです。

▼ レモン調理法レシピ
〇飲むレシピ「レモン白湯」

最も手軽にレモンを摂取できるのが、果汁をドリンクに混ぜて飲むレシピです。朝、白湯にレモン果汁を入れて人肌のレモン水にして飲めば、胃腸を温めると同時に、便秘やむくみ、冷え改善が期待できます。

レモン水

<材料と作り方>
お湯:200ml または水200ml
レモン汁:小1~2杯

以上を混ぜればOK。

〇調味料レシピ「レモンドレッシング」

いつものドレッシングにレモンの酸味を効かせることで、おいしく減塩できます。


レモンサラダ

<材料と作り方>
レモン汁:小さじ1
オリーブオイル:大さじ2
白ワインビネガー:大さじ1半
無糖ヨーグルト:大さじ1半
はちみつ:少々
トリュフ塩:少々

以上を混ぜればOK。

〇食べるレシピ「サーモン&ひよこ豆入りワカモレ」

レモンと一緒にマグネシウム(ナッツ類や大豆製品など)やビタミンD (鮭や魚介類など)を摂ると、カルシウムの吸収を高めてくれます。また、レモンに含まれるクエン酸は、カルシウムを水に溶けやすい形に変え、丈夫な骨を作るのに役立ちます。


サーモンとレモン

<材料と作り方>
アボカド:1個
茹でたひよこ豆:大さじ2
スモークサーモン:3切れ
紫タマネギ:1/4個
ミニトマト:4個
パクチー:適量
レモン汁:大さじ1
塩コショウ:少々

アボカドと茹でたひよこ豆はすり鉢などを活用してつぶし、他の材料と混ぜるだけ。野菜スティックやクラッカーなどにつけて食べましょう。

以上、レモンのダイエット効果と上手な取り入れ方です。レモンは1年中購入しやすい身近な果物です。

飲み物や料理にも活用しやすいので、きっと続けやすいはず。

ダイエットにも美肌にも健康にも効果が期待できるので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

きちんと体重管理できて、お得にダイエットできますし、早い人なら、短期間でダイエットに成功するので、最高です。

夏までに痩せたいと考えておられる方が多いと思いますが、夏には、肌を露出する時期でもあり、肌を露出したい時期でもあり、暑い夏は涼しい恰好できると嬉しいですよね。

そこで、魅せても気にならないと、嬉しいですよね。太い部位があるとどうしても隠したくなるのが心境ですよね。

そこで、痩せて綺麗に魅せられるようになれば、ダイエットも効果的となります。

次に紹介するのは

■ オリーブオイルダイエット

フルーツダイエット以外では。オリーブオイルダイエットという、毎日オリーブオイルを飲むことで痩せるという方法が人気です。

オリーブオイル

ダイエットにオリーブオイルを飲むことで、可能と聞くと、多くの人が信じられないかもしれませんね。オリーブオイルダイエットは少量でもカロリーが高く、ダイエットにはマイナスになるという印象が強いのが、油だからです。

確かに、油の取り過ぎはカロリー過多になりやすく、体重増加につながります。

ダイエットの妨げになるのは、バターなどの動物性の脂肪だからです。

しかし、

▼ オリーブオイルは、適量ならコレステロール対策にも有効

▼便秘解消や美肌にも効果があるといいます。

不飽和脂肪酸で、酸化しにくいオイルだといえるのが、オリーブオイルに含まれるオレイン酸だそうです。

体内の中性脂肪を、脂質の代謝や糖の代謝を活性化することで減らすのに有効です。

シャングリラダイエットや地中海式ダイエットが有名なのが、オリーブオイルを使うダイエット方法です。

シャングリラダイエットはテレビでも取り上げられ、女優さんが実践したことで有名になったダイエット方法です。

オリーブオイルを使って食欲をコントロールするというダイエット方法で、砂糖水でも代用ができるといいます。

混同しないようにしたほうが良いのは、シャングリラダイエットも地中海式ダイエットも、それぞれ用いるオリーブオイルの種類や、ダイエットの具体的な方法に差があるということです。

オリーブオイル

▼ オリーブオイルの性質

では、どのように、オリーブオイルはダイエットに影響を与えるのでしょうか。

ダイエットに油だから良くないとか、油だから体に良くないと思い込んでいる人いるのではないでしょうか。

オリーブオイルは優れた食品、実は適量なら、健康にもダイエットにも良いものなのです。

植物油の多くは種をしぼって作りますが、オリーブオイルというのは、オリーブの果実が蓄えているオイルを搾り出したものです。

オリーブのジュースといってもいいのは、オリーブオイルは果実から作るものだからです。

地中海沿岸では離乳食にも取り入れられているのは、脂肪酸組織が母乳に似ているためです。

オレイン酸という不飽和脂肪酸を含むオリーブオイルは、性質として悪玉コレステロールを下げるものがあるそうです。

オリーブオイルは、ダイエットの大敵でもある便秘にも効果的だといいます。

コレステロールの調整だけでなく、オレイン酸は小腸を刺激し、効果的に腸のぜん動運動を促進することができるそうです。

油が足りないと肌の調子が悪くなり、便秘の原因にもなりますので、ダイエット中は油ものを避けてしまいがちですが、注意が必要です。

オリーブオイルはカルシウム、鉄、カリウムなど体に必要な栄養を豊富に含んでいます。

オリーブオイルは、ダイエット中は特に不足しがちな鉄分やカルシウムの補給にも効果があります。

健康や美容に飲むだけで効果を発揮するというオリーブオイルなら、上手にダイエットに役立てることも不可能ではありません。

オリーブオイルを選択する方法

一口にオリーブオイルと言っても、ダイエットでどれを選択すれば良いのか様々な種類があるので悩むことがあります。

ダイエットをオリーブオイルでするな場合に選びたいのは、ダイエット方法に合ったオイルです。

風味がないオリーブオイルが望ましいといえるのが、シャングリラダイエットの場合です。エクストラバージンのオリーブオイルは風味や香りが良いのでおすすめできません。

一般的には、酸度が低いものほど良いオリーブオイルだとされています。オリーブの果実を搾ったものが、オリーブオイルです。

化学的な加工が全く施されていないエクストラバージンのオリーブオイルは、一番最初に絞ったものだけでできているものだそうです。

精製オリーブオイルというのは、絞り終わったオリーブの残りカスや劣化品質のオリーブから抽出したものです。

バージンオイルと精製オリーブオイルとをブレンドしてピュアオリーブオイルは作られるそうです。

ダイエットに向いているオリーブオイルだといえるのは、価格も安価で、バージンオイルと比べると風味や香りは薄いからです。

オリーブオイルには、スパイシータイプとスイートタイプがあります。少々苦味があるのが、オリーブの果実を早い段階で収穫し、オイルにしたものがスパイシータイプです。

多くのポリフェノールを含んでいるのが特徴で、スイートタイプよりもたくさん含んでいます。

ダイエットオリーブオイルを利用してする時には、しっかり事前に情報収集して、ダイエットの目的や自分の体質に合ったものを選択することをおすすめします。





■ こんにゃくダイエット

その他では、カロリーが少なく、食物繊維カルシウムが摂取できるこんにゃくダイエットに人気があります。

こんにゃく

 朝昼晩の3食のうち、どれか一つにコンニャクを食べるダイエット食にするか、食前にこんにゃくを食べることでカロリーカットをするという方法です。

▼こんにゃくダイエットは、こんにゃくをメインに食べる。

こんにゃくの煮物、和えもの、こんにゃくステーキなど、こんにゃくを色々な手段で調理をします。

こんにゃくは健康食材として、多くの人に使われているものです。寒い季節には、「おでん」が美味しいですね。

おでん

様々な使い方がこんにゃくにはありますし、商品種類も豊富ですので、ダイエット中に有効に活用できます。

ダイエット食品としては、こんにゃくを使ったパスタ、ラーメン、雑炊など、こんにゃくと思えないようなメニューも数多くあります。

単品ダイエットの弱点は、食べ続けるとうんざりしてしまうことですが、

こんにゃくダイエットはその限りではありません。

以前、りんごダイエットが爆発的に流行った時期もあったものです。

りんごだけでお腹いっぱいにさせようと思うと、たくさん食べることになるし、お菓子にしてしまうとカロリーが多くなってしまいます。

こんにゃくは、甘口にしても、辛口にしてもおいしく食べることができる優秀な食べ物といえます。

味つけ方法もいろいろありますし、こんにゃく商品自体も種類が豊富です。

様々な方法でこんにゃくを使えることが、こんにゃくダイエットの強みです。

では、

▼ こんにゃくダイエットの利点。

最も大きいものは、毎日続けてもなかなか飽きないという点です。

キャベツダイエットも、食事の前にキャベツを食べるというダイエットですが、生のキャベツを食べることが条件になります。

もしもキャベツの味に飽きても、バリエーションはドレッシングを変えるくらいですが

こんにゃくダイエットの場合は、普通に焼いたり、茹でたり、煮物やおでんでもできます。

こんにゃくを使ったラーメンパスタダイエット食品として販売されていますので、様々なこんにゃくメニューが楽しめます。

内容がシンプルで、気軽に取り組めることも、こんにゃくダイエットの強みです。

台所に長い間立てないという人でも、こんにゃくをさっと炒めてとうがらしを振るだけでも美味なものです。

こんにゃくダイエットなら、飽きずに継続することができるでしょう。

こんにゃくは様々な健康効果がある食材で、糖尿病の予防やコレステロールの調整、お通じをよくするなどの効果が得られるといいます。

こんにゃくダイエットは、健康にも美容にもいい、長続きできるダイエットをしたい人におすすめです。

実践方法は様々な方法があります。

オーソドックスな方法の一つに、一回分の食事をこんにゃくで代用する方法があります。

こんにゃくを食べることで普段の食事量を少なくし、カロリー摂取量を減らしてダイエットを行います。

食事の内容をこんにゃくに置き換える方法のダイエットの場合は、調理方法や味付けに決まったものはありません。

好みに合わせて食べやすいこんにゃくが選べますので、色々工夫してみてはどうでしょう。

▼ こんにゃく雑炊やこんにゃくパスタ。

こんにゃくラーメンがダイエット食として人気です。

こんにゃくを一枚、焼いたり煮たりして食べやすい状態にした上で食前に摂取することで、少量の食事で満腹になります。

ダイエットのためには食事の量をどうしても少なくしなければいけないという場合、こんにゃく腹ふさぎをしておくという方法はとても有効です。

こんにゃくダイエットが注目されている理由の一つに、こんにゃくはお通じの改善に役立つこともあります。

数あるこんにゃくダイエット方法の中でも、置き換えダイエットの方が、体重が落ちるスピードが速いといわれています。

一日に必要なカロリー摂取量は人によって様々ですが個々に決まっており、それを下回るダイエット方法では、逆に新陳代謝が落ちて脂肪が燃えにくくなったりします。

ダイエットを成功させるために、こんにゃくダイエットをしながらカロリー摂取量をどこまで減らすか、どのくらいの体重を目標到達点にするか決めましょう。

■ ラーメンの食べ方ダイエット

体を内側から温めるラーメン等の汁物は、風邪やインフルエンザから体を守る免疫アップにとても適したメニューなのです。

ラーメン

ラーメン、味噌ラーメン、とんこつラーメン、醬油ラーメン、カップラーメン、カップヌードル、

食べたいものをガマンしてのダイエットは、よほどメンタルが強くないと挫折してしまいます。

食事量を減らすダイエットも、長く続けるとどうしても代謝が落ち、手足が冷えやすくなります。

冷えは強いストレスとなって疲労感や免疫低下を引き起こします。

とにかく、ストレスを溜めないことです。

実は、

ラーメンスープは?

脂肪と塩分は交感神経を高めるので、酷い疲れや倦怠感がある時は、やる気や元気を出してくれます。

麺は熱量になりやすい炭水化物ですから、即戦力になってくれます。

お店にもよりますが、ラーメン1食あたりのエネルギーは、600kcal~1000kcal、糖質60g前後、塩分は4~7g程度。

健康な人なら、週に1回程度ならば、食べても全然問題ありません。

お昼にラーメンを食べた日の夕食は、ご飯など炭水化物を控え、野菜中心の薄味の食事にするなど調整すれば良いのです。

ただし、「飲んだ後の真夜中のシメラーメン」や「インスタントラーメンが常食」といった若い頃と同じ食べ方をしていると、当然太りやすくなります。

なぜなら、基礎代謝は20代に比べて、40代では約8パーセント、50代では約16パーセントも低下している為です。

ラーメン

麺類はどうしても炭水化物の糖質、スープの塩分、脂質の量が多く、野菜やタンパク質が少なく偏りがちです。糖質、塩分、脂質は、内臓に負担がかかるので、年齢とともに代謝が難しく、太りやすくなってくるのです。

太りにくい食べ方のコツ

ラーメンに限らないですが、まず、温かい飲み物で体を温め、リラックスさせておきます。
なぜかと言うと、スープの飲み過ぎや、早食い、食べ過ぎを防ぐからです。

緑茶なら「カテキン」がリラックスとリフレッシュの相乗効果と脂肪燃焼効果も加わり、最適です。

コーヒーや紅茶も同様の効果があります。

一般的に知られている食物繊維と同様に、タンパク質や脂質は、先に食べておくと血糖値の急上昇を抑えるようです。

しかも、比較的食べやすい少量で効果が得られます。さらに野菜と合わせると最強です。

ラーメン

どうせラーメンを食べるなら、いつもよりちょっと贅沢に、チャーシューや煮卵をトッピングしてみてはいかがでしょうか。

ラーメン

卵には満腹ホルモンの分泌を促す効果もあり、麺と同量の野菜やタンパク質を先に食べると、糖質のバリアになってくれます。

注目すべきは、「余分な塩分を体外に排出する」という野菜特有の働き。これは野菜全般に含まれる「カリウム」の働き。もやし、白菜、キャベツ、人参、青梗菜、にら、ネギなどなんでもOK。

麺を効率的に燃やしてくれるビタミンCもしっかりとれますから、野菜はやっぱり優れものなんです。できれば麺と同量程度食べたいくらいですが、おいしく食べられる方が先決。無理しない程度にしましょう。

ラーメン屋さんのテーブルに、セルフサービスで置いてある「お酢」も一役。
仕事のストレスなど交感神経が高まってイライラしている時は、「酸っぱいもの」で頭スッキリ!

また、

「お酢」は内臓の排泄機能を活発にしてくれる

ので、疲労を回復してくれます。黒酢は若返り成分のポリフェノールも豊富です。

ラーメンのスープは塩分が高く血管に負担をかけます。塩分が高いと喉が乾くので、どんどんスープを飲んでしまうことがあります。そんな飲み過ぎを防ぐように常温か、温かいお茶を飲みましょう。

氷の入った冷たい飲み物は、せっかく温まった体を冷やすので要注意!!です

スープもラーメンの一部ですから、味わいながら飲むのは問題ないですが、最後の一滴まで全部飲み干すのはやっぱり量が多いのでしない方が良いかも。

ラーメンを食べるタイミングは、休日のお昼、ブランチとして食べるのがおすすめです。

ラーメンは疲れた体を温めて、素早く熱量になるので、のんびりとした休日のスタートとなるブランチに最適。買い物やレジャー、外出など活動する予定の前に食べれば、ラーメンのエネルギーを有効に消費できます。週に1回、ごほうびラーメンを楽しむのはいかがでしょうか?

どうしても夕食に食べたい! という場合は20時までに食べ終わり、ゆっくり湯船に浸かりましょう。寝る4時間前までに食べ終えるのがベストです。

なぜなら、夜は食べたものが脂肪になりすい時間帯。

「いつもより1時間早く」を心がけて、湯船に浸かって代謝をあげましょう。

最後にメニュー選びです。本当は背脂たっぷりのとんこつラーメンが好きで食べたいのに、太りそうだからあっさりしたラーメンに「抑えておこう」「我慢しよう」という遠慮は必要ありません。

また、「インスタントラーメンが大好きだ!」という人はインスタントラーメンを食べたって構いません。

カップラーメン

いくら健康に優れたものを食べたところで、それがストレスになって食べる楽しみを奪っていたら、何の意味もありませんね。

いつの日かそのストレスが溜まり爆発して、「夜中のラーメン」にならないように上手に付き合っていきましょう。

ラーメンだって、食べたい時は食べましょう!

私は週末に、ニンニクたっぷりのスタミナ味噌ラーメンとチャーシューを自分にご褒美で食べて、また来週の活力にしています。

次に紹介するのは

■ 食べる順番ダイエット

食事の前半に野菜を食べて、次に肉や魚などの主菜を食べ、後半にごはんやパンや麺などの炭水化物を食べるという方法です。

カロリー計算はしなくて、普段の食事内容で食べる順番だけを変えるだけでOKという成功率の高い人気のダイエット方法とは・・・数々の研究の結果、食べる量はもちろん大切ですが、食事の際に血糖値をコントロールすることが非常に大切であるということがわかってきました。

魚料理

 

肉料理

実際には、前半に「野菜」を食べなくてはならないので、普段、野菜が取り入れられていない人にとっては、何らかの野菜料理を用意することが必要になります。

例えば、トンカツとご飯といった食事では食べる順番ダイエットは成り立たないわけなので、自然と一汁二菜以上のバランスのととのった食事につながることもこのダイエットのメリットだと考えられます。

近年の肥満に関する様々な研究では、

食事による血糖値の上昇が肥満と結びつく。

血糖値なんて糖尿病の人のもの、というイメージが大きいかもしれませんが、実はダイエットを心がけるすべての人にも血糖値の意識は必要なのですよ。

つまり、血糖値上昇とともに、体脂肪が合成されるホルモンが流れ始めます。

したがって、急な血糖値上昇や、頻繁な血糖値上昇は、体脂肪増加につながってしまうのです。

空腹から消化の良い炭水化物や糖分などを大量に摂るような食事方法はダイエットを目指す方には大敵です。

従来はダイエットといえばカロリー計算をして食べる全体量のコントロールが主流でしたが、

数々の研究の結果、食べる量はもちろん大切ですが、食事の際に血糖値をコントロールすることが非常に大切であるということがわかってきました。

・食べたいものを食べられないダイエットは、挫折し易い。

・食事は野菜から食べ始めると体脂肪合成が緩やかになる

食べる順番ダイエットの、野菜を先に食べるだけでも血糖値の上昇は大きく違うということに近頃は注目されています。

通常は1日3回食事をとるものですから、毎回最初に野菜料理から食べ始める習慣をはじめることで、成果は現れると考えられます。

▼ 食べる順番ダイエットは

まず主食・主菜・副菜の3種類の料理が必要になります。

主食というのは、ごはんやパンや麺。

主菜というのは肉や魚を使ったおかずになる料理で、豆類などのたんぱく質も含まれます。

副菜というのは野菜や芋類、海藻類を使った料理のことです。

これらを3種類そろえるのが理想ですが、難しい場合はとにかく「毎食、何かしら野菜」を準備してください。

そして、食事の前半にまず3口以上の野菜料理を食べましょう。

それから、肉魚などのおかずを食べ、しばらくたったところで炭水化物を食べましょう。

一口ずつ、よく噛むことも大切です。食事の時間を20分はかける。早食いがクセになっている方は、これを機会に治すように工夫しましょう。

炭水化物を抜くダイエットもありますが、炭水化物を抜いた分だけカロリーがカットされているので痩せるという理屈もありますが、炭水化物そのものが肥満にどれだけ影響があるのかは現在のところハッキリとはわかっていません。

それどころか、最近の研究では、動物実験ですが、炭水化物を抜いたマウスの老化が著しいとの結果が公表されています。

栄養学上では、適量の炭水化物を毎食食べるほうが、健康面でも、美容面でも良いとされています。

確実で健康なダイエットというのは、1ヶ月あたり1~2kgの減量を目標に、無理なく取り組むことが成功への近道。

いつもの食事に少し工夫をするだけで半年で6kg減量できたら、嬉しいですよね。

ダイエットや体重管理のために極端に食事を制限する方法は、栄養バランスが悪くなったり、リバウンドの原因になることもあるので注意が必要です。我慢や無理のあるダイエットはなかなか長続きしません。食欲の暴走を抑えるコツは例えば、ストレスが溜まると甘いものや美味しい焼肉を食べたくなったり、

女性なら生理前に食欲が盛んになったりするものです。

ダイエットの為に極端な食事制限をすると、反動で食欲が暴走します。

私たちの食欲や行動は、脳から分泌されるホルモンに少なからず影響を受けています。

それならば、「食欲を抑える」ように働くホルモンのメカニズムを知り、食欲が暴走しない方法と、なるべく小さな負担で、上手に食事量をコントロールするコツをつかみましょう。

▼ 食欲をコントロールするホルモンは主に2つ。

現在、食欲と体重調節などにおいての研究は、

主にレプチングレリンが中心となり、この2つのホルモンが大きく関わっていると考えられています。

脂肪細胞から分泌されるレプチンは、

視床下部にある満腹中枢を刺激することで、満腹感を感じ、食欲を抑えるように働きます。

また褐色脂肪組織でのエネルギー代謝を亢進することにより、体重増加を抑制すると考えられています。一方、

グレリンは胃から分泌され、脳の視床下部にある食欲中枢が刺激されて食欲が増します。

レプチンやグレリンだけでなくインスリンやエストロゲンなどのホルモン、また神経伝達物質のセロトニンやヒスタミン、ドーパミン、他にもペプチドなども食欲に関わっていたり、お互い

に影響しあっていることが明らかになりつつあります。

近年の研究で、脂肪細胞から分泌されるとはいえレプチンは、体脂肪が多いと、分泌されてもその受容体が鈍くなって食欲を抑えにくくなることや、特にヒスタミンはレプチンにより調節さ

れていることがわかってきました。

しかしまだまだ明らかではない面もあり、これらの研究には、肥満からの生活習慣病を予防するためにも期待が寄せられています。

それでは以上のことを押さえた上で、3つのコツをご紹介します。

鰹だしに含まれるイノシン酸

などの旨み成分には満足感を高める作用があり、また出汁とともに食事をすると食べ物は長く胃にとどまり、満腹感や腹持ちが良いという研究報告があります。

出汁の原料となるカツオやマグロ、サバなどにはアミノ酸の一種ヒスチジンが含まれます。

こうした魚や出汁などを摂取し、体内のヒスチジン量が増えると、脳内で酵素によりヒスタミンに変わり、食欲を抑えるのではないかと考えられています。

またヒスタミンは食欲を抑えるだけでなく、交感神経を刺激して代謝が高まり、脂肪分解作用、エネルギー消費作用があるのではないかと考えられています。

これは出汁だけでなく、ヒスチジン含有量が多いタンパク質を摂取するほどエネルギー摂取量は少ない傾向が見られるという食事調査でも報告されています。

ヒスタミンが有効だからといってヒスタミンを投与しても、脳血液関門を通ることができないため、ヒスタミンそのものではなくヒスチジンを摂取することが有効だそうです。

もう一つヒスタミンを活用するためには、

よく噛むことも有効とされています。

噛む刺激で脳内に神経ヒスタミンが活性化します。

また脂肪細胞からレプチンが分泌され、ヒスタミンの作用を活性化すると考えられています。

しかしレプチンが分泌され満腹中枢を刺激するまでに20分ほど時間がかかるので、できるだけゆっくり食べてよく噛むことがポイント。

たくさん食べすぎてしまうと、意味がありません。

よく噛むためには、食物繊維の多い野菜や、海藻、マメ類、きのこなど、また弾力のあるコンニャクなども、お献立にとりいれると良いでしょう。

またわざと少し大きめに食材を切ったり、やや固めに調理するなどして、よく噛むような工夫をしてみましょう。




そう思ってもなかなかよく噛むのは難しいという方は、カレーやチャーハンなどスプーンやレンゲなどで食べる料理や、麺類などの飲み込む料理にも注意してください。

1回に口に入れる量がお箸で食べるよりも多くなりがちです。

同じ料理を食べるにしても、お箸で少しずつ口に入れて、飲み込んでからまた食べる、というようなことを意識してみてはいかがでしょうか。

例えばおにぎりやおかゆなど、トーストだけといった食事は、糖質が主体となり、また消化が良いものはすぐにお腹が空いてしまいます。

例えば、水溶性食物繊維を含むものは、水分を吸って膨らみ、満腹感を得やすくなります。また血糖値の上昇を穏やかにします。

水溶性食物繊維は、未精製の穀類やきのこ、ゴボウ、豆類、海藻類などに多く含まれます。ご飯などの主食に雑穀を混ぜたりするのも、量的にとりやすいでしょう。

またダイエット中ですと、カロリーを控えるために植物性の食品ばかり食べる人もいますが、

肉や魚などからタンパク質や脂質も適度に食べることは栄養バランスを図るためには必要であり、また糖質と比べて消化に時間がかかるので満腹感が持続します。

この他にも、最近の研究では、

ウォーキング

などの運動をすることで食欲を高める「グレリン」を減らし、食欲を抑えるホルモン「ペプチドYY」が増えるという報告があります。

どのような運動がより効果的なのか、というような研究は今後の研究が待たれますが。

また 睡眠時間が短いとレプチンが減りグレリンが増えると考えられ、様々な研究でも

「睡眠時間が短いほど、食欲が増進し肥満になりやすい」

と言われています。

しかしこうしてみると、偏った食事ではなく多様な食品を適度に、

また規則正しい生活が食欲のコントロールにも大切だということであり、

これは食欲のコントロールや体重管理だけでなく、美肌や健康にも役立つことといえるでしょう。

■ 近年注目されているのが酵素を用いた酵素ダイエットです。

酵素ダイエットとは、どういった方法で行うものなのでしょうか?酵素ダイエットでは、この酵素を摂取します。体内の酵素の量が十分でないと、代謝が下がった体は体脂肪を燃やしづらくなり、結果的に体重が増加します。

人間の体には常に酵素が働いていますが、生活リズムや年齢による影響でバランスは崩れがちです。

酵素を補うことと酵素を補う生活習慣を見直すことがポイントになります。

人間だけでなく、多くの生物は酵素の働きを借りて生命活動を営んでいるといえるでしょう。

人間の体には何種類もの酵素があって、あるものは消化を促進し、あるものは代謝を活発にし、またあるものはホルモンの調子を整えています。

健康的な体を維持するためには、酵素はなくてはならないものだといえます。

ダイエットを成功させるには、食事の消化やカロリー吸収の酵素の機能が大事です。

体内の酵素が問題なく機能している限り、効率的に食事から必要な栄養成分を取り入れ、いらないものを体から出してくれます。

▼ 酵素の働きが鈍ると・・

その循環が悪くなり太りやすくなったりするのです。

30代を過ぎると酵素の分泌量は少なくなり、50歳の酵素は25歳の半分になってしまいます。不足気味な酵素を効果的な補給することにより、欠乏しがちな酵素を体内に取り入れダイエットに役立ててください。

尚、体にいいダイエット方法として知られる酵素ダイエットには、酵素の使い方次第で複数のやり方があります。

継続的なダイエットではなく、

2週間から1カ月で集中的に痩せたいという人には置き換え型のダイエットがいいでしょう。

朝昼晩の食事の1回か2回を、酵素を配合した食事や飲み物に変えるというものです。

▼ 一番効果が出やすいのは夕食を置き換える方法。

酵素食品や酵素飲料にした置き換えた時以外の食事は普段どおりでも構いませんし、常識的な範囲であれば間食もOKです。

重要な点は、置き換えていないほうの食事に制限がないからといって、カロリー過多にしないことです。

酵素食以外の食事量はこれまで通りの食事量にとどめます。できれば、ダイエット中であることを意識して食事内容を決めましょう。

▼ ダイエット効果を高めるには、朝ごはん以外を。

しかし、強引なダイエットは体調を悪化させる可能性がありますので、体への負担を考えるといいでしょう。

効果がかなり早く現れますし、ふつうの食事も摂れるのであまりストレスがないのも置き換えダイエットのメリットだといえます。

酵素食品で置き換えダイエットをすると、経費が結構かかりますので、納得のいくものかどうかを事前に試算してから、酵素ダイエットをすると良いです。

▼スポーツダイエットで成功するポイント

私がダイエットを始めたきっかけは、好きな人に告白をして、太っている人は嫌いと言われたからです。人は外見ではなく、仲間と信じていた私は、好きな人を見返すためにダイエットをすることを決断しました。私は学生時代はスポーツをしていたこともあり、痩せていて、社会人になってから、どんどん太っていってしまいました。どのようなスポーツダイエットを選んだのかと言うと

私が選んだスポーツダイエットはフットサルです。

社会人になってからは、仕事に没頭して、体のメンテナンスも考えずに過ごしていました。

今回の好きな人に太っている人は嫌いと言われた悔しさをバネにして、ダイエットして、好きな人を見返してやりたいと思いました。

ダイエットをしたことはなかったのですが、仕事との両立していかなければなりませんので、計画をしっかりと立てて行うことにしました。

仕事はデスクワークということもあり、どうせならば、食べ物の制限とかではなく、体を使ったダイエットを行おうと考え、実行していくことにしました。

その理由は、私は学生時代はサッカーであり、青春の全てをサッカーに捧げてきました。

サッカーでも良かったのですが、仕事が終わってから、夜にサッカー場でやるとなると、暗くなりますので、フットサルにしました。

フットサルならば、室内でも行えますので、

近くの体育館を安く借りられることになりましたので、フットサルにしました。

さらに、学生時代のサッカー部の仲間に声を掛けて、かつて青春をサッカーに掛けてきた仲間達で、もう一度楽しみながら行い、尚且つダイエットも出来ることから、楽しみながら痩せていくことができると思いました。

サッカー部の仲間も喜んでフットサルに参加してくれて、とても盛り上がりました。

かつてのサッカー部の仲間達も、太ってしまって、何かスポーツをしようと思っていたらしく、感謝もされました。

スポーツでどれほど痩せるかは、分かりませんでしたが、絶対痩せてやろうと思いました。

▼ スポーツダイエットの具体的な方法は

私が行ったスポーツダイエットのフットサルは、週に二回、仲間で集まり、久しぶりのスポーツをということから、走り込みを30分行ってから始めました。

その後パスやシュートの練習を30分、最後の1時間は試合形式を行いました。週に2回、水曜日と土曜日に集まり、毎週2回欠かさずフットサルを行いました。

フットサルを久しぶりに行うと、どうしても体力がついていかず、肉体労働している友人にかなわず、その悔しさから、フットサルで集まる時以外にも、ジョギングで体力をつけたり、家でリフティングなどをして、フットサルで集まる時以外にも体を動かしました。

最初は筋肉痛になったり、とても大変な思いもしましたが、みんな集まりフットサルをしたり、フットサルで負けなくない為に、自主練をしたりするのは、学生時代を思い出し、とても楽しくダイエットを行うことが出来ました。

▼ 行った期間とその結果は

私がスポーツダイエットのフットサルを行った期間は1年間で、結果は7キロのダイエットに成功しました。

最初は、仲間がいつか集まらなくなり、自然に解散していくかもしれないと、恐れていましたが、仲間達はとても楽しみながら行ってくれて、地域のフットサル大会に出ることを目標に立てたら、どんどん盛り上がっていきました。

フットサル自体は私もとても楽しかったので、楽しみながらダイエットが出来たことが、ダイエットの成功へと繋がりました。

自主練も自分の技術の向上とダイエットの二つの面で効果を発揮して、このダイエット方法は、私にとても合っていたと思います。

1年間で7キロのダイエットに成功してからも、フットサルは続けています。

今はダイエット目的ではなく、地域のフットサル大会に参加することになりましたので、その大会に向けて、猛練習を重ねています。

好きな人を見返すという目標がありましたが、いつの間にかそのような事は忘れて、違う目標が出来ました。

▼ スポーツダイエットの成功のポイント

私の行ったスポーツダイエットの成功のコツは、好きなスポーツを行い、楽しみながら行うことです。

嫌いなスポーツダイエットを始めても、続かなくなる可能性がありますので、好きなスポーツダイエットを始めるのが、成功のポイントとなっています。

私の場合は、学生時代の仲間もフットサルに参加してくれたこともあり、とても楽しみながら、行えましたので、とても幸せだと思いました。

学生時代に青春を捧げてきたスポーツなので、久しぶりに行うことにより、学生時代の気持ちを思い出させてくれて、尚且つダイエットも出来て、スポーツダイエットはとても楽しく行えました。

そして、今では、フットサルの大会に出場するという目標が出来て、このダイエットを始めて、どんどん新しい目標が出来ましたので、スポーツダイエットをきっかけに、私の人生はどんどん楽しくなっていきました。

▼ 断食ダイエットとは?

断食ダイエットの良い面、マイナス面、注意点

一定期間食事を断つことを断食といいます。宗教儀式や精神的修行、抗議行動などに古くから断食は行われてきました。

プチ断食というダイエットを目的とした言葉もあり、根強い人気が断食を利用したダイエットにはあるようですが・・・なお短期間でダイエットできる方法とは?

断食を気軽に行う人も多くなってきており、ファスティングも最近は呼ばれているそうです。

食事を単純に断つだけでなく、断食ダイエットだと食事の減らし方、日常食への戻し方も含めてされているようです。

体脂肪は備蓄用のエネルギーとして体内に蓄積されていますが、ちょっとした運動や減量だけでは体脂肪の燃焼には至りません。

グリコーゲンという脂肪より優先して消費するエネルギーが体内にはあるのがその理由です。

グリコーゲンは12時間で消費されるため、その間食べ物を断って体脂肪の消費を促すという方法が断食ダイエットの原理です。

腸に溜まった宿便を、一定期間、食事を断つことで排出できることも効果的にダイエットになります。

▼ 断食を行う場合には?

正しい方法でなければ負担が体にかかってしまいます。

十分な知識を持った人や専門家に教えてもらいながら断食を行うことをおすすめします。

自宅では難しいのが、食べ物の誘惑に勝つことです。ホテルの断食プランや断食道場など日常から離れた空間で行う断食によるダイエットが人気です。

▼ 断食ダイエットの方法

食事を抜く期間に応じて半日断食、1日断食、本断食が、断食ダイエットにはあるといいます。

それぞれの断食の定義や実際の方法は指導する人や施設によって異なります。

3つの大まかな減食期、断食期、復食期の期間に分けて断食ダイエットのプランは考えられているといいます。

復食期及び断食ダイエット後どんな食事をするのかが特に大事です。

食べ過ぎたり、急激に元の食事に空腹の反動で戻すことが原因でリバウンドが起こる場合があります。

注意したいのは、ダイエット前よりも体重が増えてしまうことです。

家庭で断食ダイエットを行う場合は、半日断食か1日の断食に留めるようにしましょう。

健康上に問題が生じる場合が、知識の無い状態での長期の断食にはあるようです。

自宅で断食ダイエットを行う期間は外食や激しい運動は避け、健康状態の良い時に自宅で作る食事で行うようにします。

半日断食といって半日だけ食事を断つものはそれほど困難なものではないのですが、十分に摂取するようにしたうのは水分です。

こまめな水分摂取はデトックス効果もありますし、空腹をまぎらわすことが可能です。

便秘はダイエット中になるのは良くないので、水分摂取を1日2リットルを目安にするのがおすすめです。

不安のある人は担当医に相談すること、ストレスが溜まってしまうような断食であれば行わないという判断も重要です。

▼ 断食ダイエットの注意点

専門的な知識がなければ軽々しく行えるものではないのが、断食ダイエットというものです。知識を持たない人が自宅で断食をすることはダイエット効果が乏しいだけでなく、健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。

断食を正しく行えば大きなダイエット効果がありますが、体を適切な方法で行わなければ壊してしまうこともあるようです。

断食ダイエットは良い面とマイナス面があるのです。

断食ダイエットを実践する場合には、断食に関する知識と理解を深めた上で、危険性なども理解することが重要です。

1度行った断食ダイエットの成果が大きいと、期間を勝手に延長させたり繰り返し断食ダイエットをする人もいますが、体への負担がとても大きい方法であり、自己判断での断食ダイエットは危険を伴うのが、断食というものです。

長期の断食は、生理不順や拒食症などの原因になることがあります。専門施設を断食の期間を延ばしたい場合は利用するのがおすすめで、断食ダイエット道場断食センターなどが良いでしょう。

無理して4日も5日も家庭での断食を行い、体調を崩すというパターンが、いちばんよくありません。

高カロリーの食事を、断食後に自分へのご褒美としてして摂ることで引き起こすのがリバウンドです。

せっかくの断食ダイエットの効果をムダにしてしまうこともありますので注意しましょう。

 

■ 炭水化物を冷やして食べるダイエット

冷やし中華

炭水化物は、血糖値や体温を上げるエネルギー源になります。

運動では続かなくなると思い、食事面でのダイエットを探していた所、炭水化物を冷やして食べるだけで痩せるという方法を見つけたので、行ってみることにしました。

単純に、ご飯うどんラーメンなども、炭水化物を冷やして食べるだけで、

特に食事制限もないので、ずぼらな人間でも行える簡単なダイエットです。

炭水化物を冷やすことにより、レジスタントスターチというでんぷんに変わり、消化吸収を抑えて、脂肪になりにくいという効果があります。

例えば、 温かいご飯と冷たいご飯を同じ量食べたとしても、

▼ 冷たいご飯を食べた方が脂肪を抑えることが出来ます。

誰にでも出来る簡単なダイエット方法を見つけて、私はとても嬉しくなり、結果はどうあれ、とりあえず私はこの炭水化物を冷やして食べるダイエットを、毎日継続して、痩せることを試みました。

私が行ったずぼらダイエット炭水化物を冷やして食べる具体的な方法は、単純に冷蔵庫で炭水化物を冷やして、食べるだけです

炊きたてのご飯の場合は、もったいない気もしますが、痩せる為には仕方ないことなので、一度冷蔵庫で冷やしてから食べるようにしました。

仕事の日は、ダイエットを始める前は、ほとんど外食でしたが、ダイエットを始めてからは、お弁当を持参するようになりました。

お弁当を持っていけば、わざわざ冷蔵庫で冷やさなくても、自然とご飯は冷めていますので、お弁当を妻に作ってもらい、持って行きました。

家族で外食する際も、冷やし中華などの炭水化物が冷えているものを食べるようにして、どうしても炭水化物が冷えている食べ物がない時は、炭水化物を食べないようにしました。

ダイエットを始めてからは、温かい炭水化物は一切食べていなくて、とにかく温かい炭水化物は食べないことを徹底しました。

私が行った炭水化物を冷やして食べるダイエットを行った期間は、1年間で、結果的に7キロのダイエットに成功しました。

1年間は炭水化物を毎日冷やして食べることを徹底して、温かい炭水化物は食べませんでした。私の場合は、妻も協力してお弁当を作ってくれたり、サポートしてくれる方がいたので、とても助かりました。

会社の食事会やプライベートで、家族や友人との外食も、極力冷たい炭水化物があったら、それを食べて、冷たい炭水化物がなければ炭水化物を食べないように心掛けました。

炭水化物を冷やして食べるのは、最初は少し抵抗がありましたが、慣れてくると、特に苦痛な面はありませんので、ずぼらな私でも続けることが出来ました。

今までは無理な食事制限や運動を行い、ダイエットが続かなかった私ですが、この炭水化物を冷やして食べるというダイエットは、楽にダイエットを行えました。

私が行ったずぼらダイエット炭水化物を冷やして食べるという

▼ダイエットの成功のポイントは、

1日3食きちんと炭水化物を冷やして食べることを、徹底して毎日継続することです。

1日でもサボれば、サボり癖がついてしまう恐れもありますので、毎日継続することがとても大切です。

あまり早く結果を求めることなく、ゆっくり時間を掛けて経過を観察する方が良いでしょう。

すぐに結果を求めるあまり、ダイエット効果がないと見切り、やめてしまう方もいらっしゃるらしいのですが、痩せ方は人によって変わりますので、とにかく継続することが何よりも大切となっています。

飽きっぽく、すぼらなこんな私でも成功することが出来ましたので、誰でも成功することが出来るダイエットだと思います。

▼ このダイエット方法は難しいという概念を壊してくれる、とても楽なダイエットです。

是非すぼらな方は挑戦してみることをお勧めします。

■ 炭水化物の摂り方に工夫するだけの、ずぼらダイエットに成功した経験談

食事制限ウォーキングなど、何度かダイエットに挑戦したことがありましたがことごとく失敗して来ました。

また同じことを繰り返さないように、私のようなずぼらな人間でも出来るダイエットを、インターネットや本などで探して、簡単なダイエットを行うことにしました。

ダイエットはとても難しいことで、簡単なダイエットなどないと思っていたのですが、もしかしたらあるかもしれないと、必死に方法を探し、ずぼらな人間でもダイエットに成功することが出来ることを、証明したいと思いました。

■ 夏になるとかえって太ってしまうという話、ご存じですか?「夏太り」を起こす原因をご紹介します

暑いからと、脱水症状予防にと水分の摂りすぎも、夏太りの原因のひとつになります!!意外かもしれませんが、外気との温度差が少ない夏は、身体を36度の平熱に保つのに必要なエネルギー、つまり基礎代謝が低くなりがちです。

暑くて体を動かすのが億劫になってしまうことにも一因があると言えます。

エアコンの効いた涼しい部屋にいるのに、イメージ的についつい「暑いから水分補給」と過剰に水分を摂ってしまいがちな夏。

汗をかくと、電解質が失われて塩分が必要となり、塩辛いものが食べたくなったりします。

あまりに必要以上に塩分の高い濃い味のものを食べるとむくんでしまいますのでご注意ください。

ちなみに糖分の多いジュースやアイス、糖質だけの麺類も、むくみを悪化させてしまいます。

夏の体の不調は、どちらかというと涼しい室内と暑い外を行き来することによるケースが多いようです。

「暑いから体がもたないから、いっぱい食べなきゃ……」と、勝手な都合や、言い訳でつい食べすぎることもあると思います。

夏太りしやすい人は、かえって夏に脂っこいものを食べたくなる傾向があるようですので注意が必要です。

冷たいものを食べたときは油分も甘味も感じにくくなります。

たとえば、夏の定番である冷やし中華やビシソワーズなどは意外と油分が多く、カロリーが高いのです。

冷やし中華のスープは残すといった、ちょっとした気づきを実践することは大事です。

また、アイス、プリンなどは甘いうえに歯ごたえがなく、ついつい食べすぎてしまうので要注意です。

水分補給のためのスポーツ飲料も、飲みすぎるとかなりのカロリーを摂取してしまうことになるので気をつけてくださいね。

夏は海水浴や山登り、花火大会など楽しい行事がたくさんありますが、その分生活のリズムも乱れがちになります。

さらに何となく夏休みモードで気が緩み、つい間食してしまったり、夜遅いお食事や夜更かしなどが多くなる方も多いと思います。

生活のリズムが乱れると、脂肪が蓄積されやすく、太りやすい体質になってしまうので注意が必要です。

食べないことがダイエットにつながるわけではありません。

■ パン食は太る?、それとも太らないのか? 太らない方法は?

パン食

一般的に、ご飯食よりもパン食は太りやすい、と言われていますが、そもそもその理由はどこからくるのでしょうか?

ご飯食とパン食では組み合わせて食べるものが違うからなのでしょうかか?太らない食べ方はあるでしょうか?

▼ パン食は脂質が多い・・

ご飯(普通盛り茶碗1杯)の脂質が0.4gなのに対し食パン1枚の脂質は2.0g。

ご飯はおかずとそのまま一緒に食べるのに対し、パンにはバターやジャムを塗ることが多いので、そうすると脂質はさらに5~8gほど簡単に増えてしまいます。

 GI値が高い・・・GI値とは血液中に流れる糖質の量の上昇度合いを数値化したもので、簡単に言うとこの数値が高いと太りやすいです。

では、ご飯とパンのGI値を比べてみると。ご飯(精白米)は84に対し、食パン(精製されたもの)は91です。数値が高い方が太りやすいので、やはりGI値が高いパンはご飯よりも太りやすいと言えます。

●最近では、さらにGI値が低い糖質カットをしたパンや大豆でできたパンも通販を中心に購入できるようになったので、パン食の回数が多い人におすすめです。

 量が多くなる

・・・柔らかいパンは、同じ量を食べたとしてもご飯よりも咀嚼回数が圧倒的に少なくなり、食事時間もその分とても短くなってしまいます。

食事時間が短くなるパンの場合、数分で食べ終わってしまうので、非常に満足度が低くなり、さらにもう1枚(あるいは1個)余分に食べてしまうことになります。

そうなると、ご飯1食で脂質0.4gに対し、食パンなら2枚で4g。バターやジャムなどを塗れば合計で20g前後の脂質を1食で摂取することになるのです。

ご飯食の50倍に相当すると考えると、毎日パン食を続けていると太りやすくなるのも納得ですね。

 ▼ ウィンナーやベーコンなど

 脂質が多い加工食品と組み合わせることが多い。

ご飯は、魚や納豆、おひたしなどさっぱりした味付けでも相性が良い一方で、パンは脂質が多い加工食品と組み合わせることが多く、さらにフライパンに油をひいてウィンナーや目玉焼きを調理すれば、ここでもさらに脂質の摂取量が増えるのは明らかです。

パン食のデメリットはお腹が空きやすく間食が増え過食しがち。

粉末を使って作られたパンは、消化にかかる時間がとても短いため、消化・吸収が早くその分、ご飯食と同じカロリーを摂取していたとしても早い時間に空腹がやってきて、間食が増えたり次の食事で過食してしまうのです。

▼ パン食でも太らない方法

■パンには何も塗らず、パンそのものの味を味わったり、おかずと一緒に口に運ぶことでパンに味をつけています。

何もつけないで食べるのに抵抗があるなら、パンにヨーグルトをつけて食べるのがおすすめです。

ヨーグルトはたんぱく質や乳酸菌を含み、健康的にも美容的にも素晴らしい食品です。パンとの相性も良いので、バターを塗ったときと同じような満足感を得られるでしょう。

■固いパンを選ぶ
バケットのように固いパンは咀嚼回数が自然に増えるため、少量でも満足感が高くなります。食べ過ぎを防げるので、フワフワした柔らかいパンよりも固いものを選びましょう。

■おかずが偏らない
パンはどうしても油っぽいおかずと組み合わせることが多いため組み合わせるおかずも偏りがちですが、パン食でも体重を維持できている人は、いろんなおかずを食べています。

さらに感心できる点は、パン食のときこそ、食物繊維の多い野菜をたっぷり食べていることです。

食物繊維が豊富な食材と一緒に食べると脂質の体内吸収を抑制してくれるので、野菜をたっぷり食べるのはダイエット効果が高くなります。

ダイエットの基本は健康的な食習慣です。

誤ったダイエット知識のために、下剤やカロリーオフのダイエット商品を多用しすぎて、リバウンドの温床をつくってしまうという人もいます。

気軽に誰でもダイエットができることが、ダイエット商品のメリットといえますし、よりダイエット効率を高める効果もあるとされているようです。

ダイエットを達成するなら、ダイエット商品を正しく使う必要があります。

体に負担のかかるような食事制限ではなく、ダイエット商品を活用しながら健康的なダイエット色を心がけましょう。

手当たり次第ダイエット商品を試すのではおすすめできません。

ダイエットに関する常識を知っておくことも大事です。

体脂肪を減少させるとはどういったことかをよく理解した上で、

ダイエット商品を正しく活用することが、ダイエットが上手くいくための早道です。

選び方は・・・

ちまたには、数え切れないほどのダイエット商品が今や氾濫しています。あまりにダイエット商品の種類がありすぎて、まず何から使ってみればいいか迷ってしまいます。

ダイエット商品を選ぶ時には、どういった考え方で選んでいくといいものなのでしょう。

太る人には必ず原因があります。

ダイエット商品を購入する前に自分が太ってしまった要因を見つけましょう。

むくみが理由で太って見えているのであれば、食習慣の改善や適度な運動がおすすめです。

ダイエット商品選びでは、内臓をリフレッシュさせるハーブ入りのものがいいでしょう。

体重増加の原因が便秘にあるという人は、整腸作用のある栄養素を摂取できるダイエット商品が良いのではないでしょうか。

日ごろ食べているもの再確認し、健康的な生活を送るようにしましょう。

冷えが体重増加の原因になっているという人は、体を温めるダイエット商品を使いましょう。

ビタミンC、E、にんにくのサプリメントなどが良いでしょう。

ダイエット中は栄養バランスも崩れがちになります。

タンパク質、コラーゲン、ビタミンを豊富に含むようなサプリメントがおすすめです。

自分の体重が健康的な状態と比較してどのくらい多いか、その理由は何かを知ることで、よりよいダイエット商品が見出せるものです。

ダイエット商品の種類は、健康グッズ売場や通販では数え切れないほどのダイエット商品が販売されていますが、どんなものがあるのでしょう。

定番の商品として、食事関係があります。置き換えダイエットを想定したダイエット食や、ダイエットに効果的な成分を摂取できるというサプリメントなどが該当します。

おからクッキーなどダイエット用のお菓子なども商品化されています。

ダイエット商品としては、補正下着もあてはまります。脂肪の状態を調整することで、ボディバランスを整えるというものです。

それで体内の脂肪を少なくできるわけではないものの、体を細く見せたいという人にはよく使われているダイエット商品です。

この他には、体を動かすダイエットの効果をサポートするものがあります。体脂肪の燃焼を促進したり、疲労回復助けたりといったダイエット商品です。

ダイエットDVDのような、画像で運動の方法を見ながら体を動かすというものもあり、道具が同梱されていたりします。

ダイエットDVDには運動の強度やその運動にかかる時間などがそれぞれですので、使いやすいものを選択することです。

ウォーキングするときに履く靴や、筋力トレーニングをするための道具も通販などでよく売れているようです。

日々のダイエットトレーニングに使えるような道具類も、ダイエット商品に分類できます。

どんなダイエット商品が自分と相性がいいか、ダイエットをするための方法と合わせてぴったりの商品をチョイスするようにしましょう。

 ▼ 短い期間のダイエットで確実に痩る方法とは?

短期間でダイエットをするとリバウンドする可能性が高くなりますが、今すぐ痩せたい方には急激なダイエットは体に悪影響が出かねませんが、痩せたいという動機が、もうじき行われる結婚式だという人もいますが、そのような場合はあらかじめ気を配っておくことが大事です。

週末だけカロリーの低い食事をしたり、半日だけ食事を抜いたりというプチ断食が、短期のダイエットにおすすめです。

特に夕食を減らすのがダイエットに良いでしょう。

食べた後にあまり活動しない夕食の場合、減らしても体への負担は少なくてすみます。

特に、晩酌でビール、お酒を飲んだ後に、ご飯、ラーメン類を食べるのを控えるのは効果大です。

ダイエットの敵は 炭水化物の摂り過ぎです。

朝ごはんは、多少多いと感じるくらいがちょうどいいようです。

朝ごはん、昼ごはんは一日の活動源です。

しっかり食べても消化されますので、ガッツリ食べても問題ありません。

運動の習慣もつけましょう。

激しい運動ではなくても良いので軽いウォーキングなどを続けましょう。

半身浴も短期間で痩せたい人にはおすすめです。

半身浴では、20分から30分、音楽をかけたり、お気に入りの本に目を通したりしながらぬるい湯に浸かり続けるといいでしょう。

積極的に身体を動かすことや、半身浴や半断食を自分に最も適したバランスで組み合わせることが、即効性のあるダイエットのコツです。

ダイエットは、健康状態が悪化した場合は一時中断することが基本です。

短期間でダイエットして痩せたい人はぜひ、この方法でチャレンジしてみましょう。

■  お風呂ダイエット

温泉

お風呂ダイエットは血液の流れがスムーズになる健康的なダイエットです

ダイエット方法の中には、お風呂ダイエットという、お風呂にじっくり入るというダイエットがあります。

お風呂ダイエットは、ダイエットに必要な代謝を向上させ、脂肪をエネルギーに変えやすい状態を作ることを目指しています。スケジュールがいっぱいにつまっている人の中には、

毎日のお風呂時間も十分にとれないという人もいると思います。

シャワーで体を洗うだけで、お湯にじっくりつかる必要はないという方もいますが、

大切なお風呂の時間を短縮しないで、お風呂につかってゆっくりすることが大事なのです。

それは、

▼ ダイエット効果だけでなく、

肩こりや腰痛緩和、冷え性の改善にも役立ちます。

お風呂に入ることで、精神的にリラックスが可能です。

ダイエットに適した体質になり、効率的に脂肪を燃焼させることがお風呂ダイエットの目的です。

血液の流れがスムーズになり、体内に停滞していた不要な成分や水分が追い出され、むくみが少なくなる効果がお風呂に入ることで得られます。

マイナーな情報ですが、お風呂に入ることで甘いものや油ものを食べたいという欲求を意識せずに減らすことができるという話も存在しています。

ダイエットで難しいのは、この食欲を抑える事ではないでしょうか。

無理な食事制限によるダイエットで失敗した人も少なくないでしょう。

健康的にやせることの出来るお風呂ダイエットを試してみる価値は十分にあります。

▼ 入浴がダイエットに効果があるのは、どうして?

時間をかけてお風呂に入ると体温が上昇し、全身がぽかぽかして、体温が上がれば血液の巡りも改善され、代謝が上がります。

入浴して体温を上げたり、下げたりといった刺激を体に与えることで交感神経が高まり、脂肪が燃焼しやすい体になれるといいます。

多くのダイエットでは、体を動かし脂肪を消費するという方法が推奨されます。

お風呂ダイエットの場合は熱いお湯に入ったり、お湯から出て体を冷ましたりします。

さらに湯船の中で身体を軽く動かすことによって、運動しているのと同じような脂肪燃焼効果が得られるわけです。

お風呂ダイエットのメリットとして、お風呂で発汗を促進することによって、体内に残っていた老廃物がスムーズに出やすくなることがあります。

体内に停滞しているものを出すデトックス効果があることも、お風呂ダイエットが注目される理由であるといえるでしょう。

お風呂に入ることによって、デトックスが可能なのです。人間の体は、もともとは不要な成分を排出するようにできていますが、時に老廃物の排出が停滞し、脂肪がつきやすい体質になったりします。

脂肪が体に定着してしまうと、いくらダイエットしてもなかなか痩せない体になるだけでなく、太りやすい体質になってしまう可能性もあります。

お風呂ダイエットというのは、痩せる効果だけでなく身体の毒素も排出する事ができる健康的なダイエット方法なのです。

では、お風呂ダイエットとはどんな手順で行うのが良いでしょうか。

▼ 42℃~43℃がお風呂ダイエットの適温です。

やや 熱めの湯につかることになりますので、具合が悪い時などはしないでおくべきでしょう。

いきなり浴槽に入ると体がびっくりしますので、まずはかけ湯をしてください。かけ湯が済んだら、お風呂に体を入れます。

1回の入浴時間は3分から5分ぐらいにして、お湯の熱さに慣れてきたらお湯の中で手を回したりしましょう。

お風呂の中で座った状態で、上半身を左右に回すなど、軽く体を動かします。

最初の入浴が終わったら一度バスタブから体を出し、5分ほど体を休ませます。

この間に体や髪を洗っておくのもいい方法です。

体を休ませ、再び湯に入ってからは、一度目と同様にお風呂の中でのエクササイズを行ってください。

しばらく湯に入って、出て5分入浴を2回行います。

3回目にお湯に入る時には、お湯の温度は幾分高くなってもよいと言われています。

のぼせやすくて42度の湯は体がきついという人は、38度の湯に半身浴で入り、時間をかけてダイエットをしてもいいでしょう。

お風呂ダイエットは、慣れるまでは、のぼせたりしてしまう事もあります。

体調を見ながら無理をしないようにすることが大切です。

▼ お風呂ダイエットでは水分が失われるので、しっかり水分補給をすることを忘れてはなりません。

■ 腸を温めるダイエット方法

腸を温めると血流が良くなって腸の動きも良くなり太りにくくなります。

腸を温めて腸内環境を整える「温腸活」によって太りにくくなり、美容や健康にも効果が期待できます。

腸活」「腸内フローラを整える」等々、腸を健康な状態に整えキープすることが、ダイエット、美容、健康に重要なことは知られていますが、さらに「温腸活」をすることで、より効果が期待できると言われています。

そこで、食事と運動と生活習慣からトータルにアプローチして、痩せやすい体質に導く「温腸活」の方法などを詳しく解説します。

その前に、腸が冷えると起こる様々なトラブルを解説します。

▼ 腸が冷えると肌荒れしやすくなり、太りやすくなります。

腸が冷えると血流等が滞ることで腸の動きが悪くなり、便秘になりやすくなります。

便秘によって栄養の吸収が悪くなると栄養がきちんと使われなくなり、体は必要以上に栄養を摂ってしまい、

それが原因で皮下脂肪や内臓脂肪をつきやすくします。

腸の動きが悪くなると代謝も低下してしまい、それも太りやすい体質の原因となります。

腸が冷えて動きが悪くなると腸内環境が悪化するため悪玉菌が増え、有害物質が発生します。

すると、血液中にも有害物質が吸収されて全身を巡ってしまうので、それが、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になります。

▼ 腸が冷えるとイライラしやすくなります。

ストレスを感じると血流が悪くなることで腸の動きも悪くなります。

腸の動きが悪くなると、腸内環境が悪くなるので、さらにストレスを感じやすくなるという悪循環が生じると同時に、イライラしたり、集中力が低下することも……。

その他、腸が冷えることで免疫機能が低下し、風邪をひきやすくなることもあります。

「温腸活」の食事のとり方では、腸に良い食生活を習慣化し、体を内側から温める方法として、具体的なレシピを紹介します。

・甘酒生姜
甘酒に含まれるオリゴ糖は、食物繊維で腸内環境を整え、生姜に含まれるショウガオール(生姜の辛み成分)で胃腸を刺激し、血流を活性化することで、体の芯から温める「温腸活」に役立ちます。甘酒は米麹から作られているものがベスト。生姜は絞り汁or生姜パウダーでもOKです。この甘酒生姜は間食や朝食にもオススメです。

・朝食に野菜&雑穀スープ
体を芯から温めるには、朝ごはんをバランスよく食べることも重要です。

特に、野菜や雑穀、豆といった食物繊維をバランスよく摂ることで腸の働きが活性化するので、朝食にこれらを混ぜたスープを食べると「温腸活」に効果的です。

スープのベースは、味噌、トマト、コンソメなど、好みのものでOKです。

腸と運動は実はとても深い関係があります。

適度な運動をすると全身の血流がよくなり、それにより体中に酸素が巡るようになって腸の働きも良くなります。

また、筋肉がつくことで体の中から熱を発生させ、それもまた腸の動きを活発にすることに役立ちます。

「温腸活」の運動のポイントは、息切れするような激しいものではなく、以下で紹介するような、酸素をしっかり取り込める有酸素運動や、リラックスしながら腸に刺激を与えられるストレッチ等がオススメです。

・ランニングやウォーキング
1日10分ぐらいからでもOKなので、毎日の習慣にしましょう。

・入浴
お風呂で体を温めると寝付きが良くなり、質のよい睡眠が得られる効果があります。

▼ 質の良い睡眠は腸の状態を良くすることにもつながるので、バスタイムを有効利用することも「温腸活」となります。

バスタイム中はお腹を膨らませたり凹ませたりしながら深呼吸を繰り返す、お腹を時計周りにマッサージする等すると、より腸の動きが活発になるでしょう。

また、温熱&発汗作用のある入浴剤(ソルト系、エプソムソルト等)を入れるのもオススメです。

・太ももにカイロを貼る

太ももは筋肉量が多く、また、ポンプの役目を果たしている箇所なので、太ももの血流をアップすると腸を温め、働きが良くなることにつながります。

貼る箇所は、太ももの付け根部分の左右両側。

デスクワーク中などは洋服の上から、また、外出中はストッキングやタイツの上から貼るのが良いでしょう。ただし、低温やけど等にご注意ください。

▼「温腸活」をすることで、

腸の環境が良くなり太りにくい体質になり、肌質も改善されます。

さらに、健康面でのメリットも得られるでしょう。

※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。