病院
Pocket

心筋梗塞発症から早や6年 毎年一回市民病院で心臓の検査をしていますが、

今年は異常がみつかり 更なる検査の為入院 カテーテル検査の結果は 血管の狭窄、及び動脈瘤が確認されました。

スポンサーリンク




治療方法を説明され、こちらとしては、医師に任せるしかなく、指示に従うこととなりますが、それにしても、当初聞いたとうりで、5年ほどしたら再治療が必要になるでしょうと聞いていました。

年一回、トレッドミル検査で、心臓に負担をかけ 、心拍数、心電図、等々をみるのですが、それを怠ると、異常が分からす、帰らぬ人となるかもです。

 

最近では、自覚症状がなく心筋梗塞を発症するケースがあるそうで、コワイですね。
朝になったら冷たくなっていたなんてことにならないように、定期的な検診は必要です。


若いからと油断は禁物。
私は幸いにも、夜中に胸焼けに似た症状で目が覚め、仰向けでも、うつ伏せでも、横向きでも苦しくて、眠れず 起きていても変わらずで、どうすりゃいいんだ?って感じでした。

すこしでも、違和感があれば 病院で受診することをオススメします。

入院の際は、健康保険、国民保険とも「高額医療限度額認定証」というのがありますから、長期入院の際には手続きをしてから入院をおススメいたします。

一定額以上の請求があっても、大幅に減額される場合がありますから、多いに活用しましょう。