財布
Pocket

中を見てビックリ!!

自動車で走行中、財布らしきものに気が付き停車。

近寄ってみるとやはり財布でした。

中をみたら

現金が17.000と小銭。

他に、運転免許証、健康保険証、印鑑登録証、キャッシュカード、クレジットカード、診察券が複数枚、ポイントカードも複数枚。

まるで全財産を持ち歩いているような方ですね。

悪用するのは簡単。

スポンサーリンク



しかし、私も以前、財布を落としたことがありましたが、キチンと届けて頂いたことがありました。

落とした方は困っているだろうと思ったんですが、こちらも時間がないのですぐ交番へと言う訳にいかなくて、午前中に拾ったのが、交番に届けたのが夜になってしまいました。

拾った場所は三重県ですが、こちらの都合で届けた交番は愛知県。

落とされた方の住所は運転免許証から容易にわかりますが、受け取りには一時間はかかるでしょうね。

しかも、運転免許証がないので、自動車の運転で違反をすれば、運転免許証不携帯、もしくは最悪、無免許運転になりかねません。

 

そこで思ったのですが

拾った側からすれば、

これだけのものは、必要ない場合は持ち歩かない、その日に必要なものだけを持つことが無難かなと。

運転免許証も別に持ち、万が一落としても被害を最小限にすべきですね。

しかも、

氏名とケータイナンバーを書いておくことで、連絡をもらえる可能性が高くなります。

私の場合も、届けるのが遅くなるので、連絡できたらと思って、連絡先をあちこち探しましたがありませんでした。

ですから

今は、氏名(ローマ字も併せて)と携帯ナンバーを貼り付けています。

翌日、警察から連絡があり、持ち主が取りに来られた連絡がきました。