藤井聡太
Pocket

藤井聡太がプロデビュー戦となったのは、加藤一二三との対局であった。両棋士の年齢差は62歳6か月であり、記録に残っているプロ棋士の公式戦では最多年齢差の対局となった。藤井聡太が更新するまで最年少棋士記録を保持していた加藤一二三を110手で破った藤井聡太は、公式戦勝利の史上最年少記録を更新した(14歳5か月)。

将棋

【藤井聡太の近況】

 

第92期ヒューリック杯棋聖戦で藤井聡太棋聖が挑戦者の渡辺明名人を下し、棋聖位を防衛した。史上最年少でのタイトル防衛を果たすとともに、藤井の通算獲得タイトル数は3期目となり、規定により九段昇段も決まった。18歳11ヵ月での九段昇段は、こちらも渡辺の21歳7ヵ月を大幅に更新する史上最年少記録である。

プロ棋士の段級位は三段から始まり、最高位が九段となる。藤井は段位でも高みに上り詰めたわけだが、そもそも将棋界における「九段」とはどのような立ち位置なのか。

九段=名人
八段=半名人
七段=上手
六段=上手間手合
五段=上手並
四段=強片馬
三段=並片馬

となります。

(二段と初段には該当する呼称が書かれていない)

 

藤井聡太が「タイトル2期」を獲得し、八段昇段となったのは

18歳1カ月での八段昇段は、1958年に加藤一二三九段(80)が樹立した18歳3カ月の最年少記録を62年ぶりに塗り替えました。

同時に二冠達成は、1992年に羽生善治九段(49)が成し遂げた21歳11カ月の最年少記録を28年ぶりに更新した快挙です。

 





藤井聡太のプロフィール

藤井聡太は5歳の時、母方の祖父母から将棋の手ほどきを受けた。

藤井聡太は瞬く間に将棋のルールを覚え、将棋を指せる祖父が相手をしたが、祖父は藤井に歯が立たなくなった。

将棋教室

同年、瀬戸市内の将棋教室に入会。入会時に師範から渡された、500ページ近い厚さの本『駒落ち定跡』を、まだ読み書きができない藤井は符号を頼りに読み進め、1年後には完全に理解・記憶した。

藤井聡太  (画像 : Yahoo!検索から引用)

 ふじいそうた(Sota Fujii)

棋士番号

 307

段位

 七段

出身地

 愛知県瀬戸市

 

生年月日

 2002年(平成14年)7月19日

干支




 うま年(午年)生まれ

星座

 かに座(蟹座)

 蟹座(かに座)の性格は内気で人見知り。気軽に本音を口にできる関係になるまで、少々時間がかかります。特に初対面の人に対しては、やけに無口になってしまったり、必要以上におしゃべりになったりします。しかし、もともと蟹座は親切な性格なため、一旦気を許してしまうと家族並みに細やかな気配りをみせるでしょう。単独行動をとる人が理解できないため、よくまとまった大所帯のグループに身を置くことで安心します。恋人には献身的な愛を注ぎます。

好きな食べ物

 ラーメン、味噌煮込みうどん・・・等の麺類

嫌いな食べ物

 キノコ

好きな音楽

 スピッツ

趣味

 テンパズル(メイクテン)、読書、鉄道ファン

好きな学科

 数学、地理、体育(陸上)

得意なスポーツ

 陸上競技 

師匠

 杉本昌隆八段

出身高校

 名古屋大学教育学部付属高校

血液型

 A型

性格

 負けず嫌い。生活能力低い(母親談) 。天は二物を与えずか。

■藤井惣太のエピソード

 負けず嫌い憧れの棋士であった谷川浩司に、2010年の将棋の日イベントで、二枚落ちで指導対局を受けた。谷川の玉が入玉模様となり、谷川の勝勢となったため、谷川は引き分けを提案した。すると藤井は猛烈に泣き始めて将棋盤から離れなくなってしまい、ちょうど居合わせた棋士の杉本昌隆(後に藤井の師匠となる)が取り成しても効果がなく、母親が飛んできてようやく収まった。8年後の2018年、既にプロ七段になっていた藤井は、この時の心境について「子ども心にまだ勝てるチャンスがあると思っていたのか、泣きだしてしまった。悔しいという気持ちをうまくコントロールできなかった。」と語っている。


■藤井聡太の対局結果

2021年(平成3年)

○:勝ち ●:負け □:不戦勝 ■:不戦敗

対局日 勝 敗 対戦相手 棋   戦  名
9め20 木村一基 順位戦B級1組
9/17 斎藤慎太郎 棋王戦 挑決トーナメント
9/13 豊島将之 叡王戦 第5局
9/2 斎藤明日斗 棋王戦 挑決トーナメント
8/30 永瀬拓矢 竜王戦 挑決第2局
8/24,25 豊島将之 お〜いお茶杯王位戦 第5局
8/22 豊島将之 叡王戦 第4局
8/18,19 豊島将之 お〜いお茶杯王位戦 第4局
8/16 稲葉陽 ALSOK杯王将戦 二次予選
8/12 永瀬拓矢 竜王戦 挑決第1局
8/9 豊島将之 叡王戦 第3局
8/6 八代弥 竜王戦 決勝トーナメント
8/3 豊島将之 叡王戦 第2局
7/30 石田直裕 ALSOK杯王将戦 二次予選
7/25 豊島将之 叡王戦 第1局
7/21,22 豊島将之 お〜いお茶杯王位戦 第3局
7/13,14 豊島将之 お〜いお茶杯王位戦 第2局
7/10 山崎隆之 竜王戦 決勝トーナメント
7/6 久保利明 順位戦B級1組
7/3 渡辺明 ヒューリック杯棋聖戦 第3局
6/29,30 豊島将之 お〜いお茶杯王位戦 第1局
6/26 斎藤慎太郎 叡王戦 挑決
6/22 丸山忠久 叡王戦 本戦
6/18 渡辺明 ヒューリック杯棋聖戦 第2局
6/13 屋敷伸之 順位戦B級1組
6/06 渡辺明 ヒューリック杯棋聖戦 第1局
6/03 稲葉陽 順位戦B級1組
5/31 永瀬拓矢 叡王戦 本戦
5/17 行方尚史 叡王戦 本戦
5/13 三浦弘行 順位戦B級1組
5/06 深浦康市 王座戦挑戦者決定トーナメント 一回戦
4/16 八代 弥 竜王戦2組R戦  決勝
4/09 広瀬章人 叡応戦八段予選 決勝
3/23 松尾 歩 竜王戦2組R戦 準決勝
3/10 中村太地 順位戦B級2組 11回戦
2/18 広瀬章人 竜王戦2組
2/11 三浦弘行 朝日杯将棋オープン戦 決勝
2/11 渡辺 明 朝日杯将棋オープン戦 準決勝
2/09 窪田義行 順位戦B級2組
1/29 阿久津主税 竜王戦2組
1/17 豊島将之 朝日杯将棋オープン戦 本戦
1/17 大石直嗣 朝日杯将棋オープン戦 本戦
1/06 中村 修 順位戦B級2組

2020年(平成2年)

○:勝ち ●:負け □:不戦勝 ■:不戦敗

対局日 勝 敗 対局相手 棋   戦  名
12/16 野月浩貴 順位戦B級2組
12/03 杉本昌隆 叡王戦 予選
12/03 長沼 洋 叡王戦 予選
11/20 木村一基 王将戦挑決リーグ
11/11 北浜健介 順位戦B級2組
11/02 広瀬章人 王将戦挑決リーグ
10/29 佐藤天彦 王将戦挑決リーグ
10/26 永瀬拓矢 王将戦挑決リーグ
10/21 村山慈明 順位戦B級2組
10/05 豊島将之 王将戦挑決リーグ
9/22 羽生善治 王位戦挑決リーグ
9/12 豊島将之 日本シリーズ2回戦
9/09 谷川浩司 順位戦B級2組
8/19&20 木村一基 王位戦 第4局
8/4&5 木村一基 王位戦 第3局
7/29 鈴木大介 順位戦B級2組
7/24 丸山忠久 竜王戦 決勝トーナメント・千日手
7/18 菅井竜也 日本シリーズ1回戦
7/16 渡辺 明 ヒューリック杯棋聖戦 第4局
7/13&14 木村一基 王位戦第2局
7/09 渡辺 明 ヒューリック杯棋聖戦 第3局
7/06 橋本崇載 順位戦B級2組
7/1&2 木村一基 王位戦 第1局
6/28 渡辺 明 ヒューリック杯棋聖戦 第2局
6/25 佐々木勇気 順位戦B級2組 
6/23 永瀬拓矢 王位戦 挑決
6/20 杉本昌隆 竜王戦3組ランキング戦 決勝
6/13 阿部健治郎 王位戦 挑決リーグ
6/10 大橋貴洸 王座戦 二次予選
6/08 渡辺 明 ヒューリック杯棋聖戦 第1局
6/04 永瀬拓矢 ヒューリック杯棋聖戦 挑決
6/02 佐藤天彦 ヒューリック杯棋聖戦 決勝トーナメント
4/10 菅井竜也 王位戦 挑決リーグ
4/03 千田翔太 竜王戦3組
3/31 菅井竜也 ヒューリック杯棋聖戦 決勝トーナメント・千日手
3/24 稲葉 陽 王位戦 挑決リーグ
3/20 上村 亘 王位戦 挑決リーグ
3/16 阿部 隆 王座戦 二次予選
3/12 高橋道雄 竜王戦3組
3/09 出口若武 棋王戦 予選
3/06 郷田真隆 銀河戦
3/06 森内俊之 銀河戦
3/03 出口若武 銀河戦Cブロック6回戦
3/03 真田圭一 順位戦C級1組
2/29 斎藤慎太郎 棋聖戦決勝トーナメント1回戦
2/18 羽生善治 王位戦挑戦者決定リーグ白組
2/11 千田翔太 朝日杯準決勝
2/04 高野秀行 順位戦C1
1/31 今泉健司 棋王戦予選
1/28 澤田真吾 棋聖戦2次予選
1/24 畠山鎮 竜王戦3組
1/19 斎藤慎太郎 朝日杯準々決勝
1/19 菅井竜也 朝日杯本戦1回戦
1/16 小林裕士 順位戦C1
■藤井聡太棋士成績