カード
Pocket

どのような特徴がEdyカードクレジットカードにはあるのでしょうか。楽天Edy株式会社が出している電子マネーがEdyというものです。

活用されているのが非接触ICチップの技術で、カードまたは携帯電話に使用されているようです。

国内で最も大きい規模の累積発行枚数になっているのが、この電子マネーです。

EDYには様々な形のものがありますが、最もよく使われているものがカード型です。

スポンサーリンク



EDYがついたもので代表的なのが、社員証や学生証、クレジットカードやキャッシュカード、会員証などです。

モバイル型を使う場合には、

NTTドコモ、ソフトバンクモバイル、ウィルコム各社のおサイフケータイとして、専用アプリをダウンロードする方法になります。

リストバンド型やストラップ型のEdyも個性的なものとして出てきたようです。

クレジットカードにEdy機能が一緒になっているクレジットカード一体型のものは、多様な発行体によって発行されているタイプだといいます。

財布の中を、1枚のカードでさまざまな役目を果たすことができればすっきりとさせることが可能です。

コンビニでの買い物をクレジットカード決済ですることには抵抗があるという人でも、Edy機能付きのクレジットカードなら、専用読み取り機にかざすだけで買い物が可能になります。

面倒な現金の受け渡しは無いうえ、短い時間でレジでの会計をすることができるでしょう。

Edyで支払をするとクレジットカードがなくてもポイントが加算されるので、よくコンビニで買い物をする人は、ポイントをためやすくなるので、現金で支払うよりもEdyをどんどん活用する良いのではないでしょうか。

Edyをクレジットカードでチャージする

クレジットカードでEdyをチャージすることはできるのでしょうか。

前もって入金しておかなければ、お金を使用することができないのが、プリペイド型の電子マネーEdyの特徴です。

チャージというのはEdyに入金することを意味しており、50,000円が1つのEdyにチャージできる金額の上限です。

店頭にある入金機やPOSレジで現金をチャージする方法や、店員に申し出てレジでチャージをしてもらう方法などがあります。

クレジットカードからのEdyチャージもできるようにするには、クレジットカードの情報を登録することが必要です。

チャージをクレジットカードでするメリットは今まで、クレジットカードにチャージ分のポイントが加算されるというものでした。

非常にお得感はあったのは、Edy使用時のポイントと一緒にポイントをダブルで得ることができたからです。

今は昔ほど得をすることがなくなってしまったようで、チャージ時にはポイントが入らないクレジットカードも増加しています。

現在でもEdyにチャージすることでポイントがプラスされるものもクレジットカードによっては存在するそうです。

Edyへのチャージでクレジットカード会社が利益を得ることはないので、今後もクレジットカードでチャージをする時にポイントがつくカードは減っていくと考えられています。

Edyにクレジットカードを利用してチャージをしている人の中には、ポイントが付かなくなっている事に気づいていない人も少なくないようです。

実際にEdyを使う場合には、きちんとクレジットカードでのチャージのことなどの機能を学んでから、うまく取り入れていきましょう。

Edyのクレジット一体型カードの注意点

とても重宝するのがEdy機能とクレジットカードの一体型ですが、気を付けなければならないことがあります。

頻繁に言われるのが、使用した金額が分からなくなってしまうということです。Edy以外の電子マネーを他にも使っている場合にはとくに、もっとややこしくなってしまうでしょう。

どのカードの利用金額が何円で、残高が何円で、今月のクレジットカードの利用金額が何円で、という情報が錯綜するためです。

中には知らないうちにたくさん使ってしまう人もいるでしょう

加えてEdy一体型クレジットカードはなくしてしまったときに困ります。失くしてしまったら、かなり便利に使用しているものなので困ってしまうに違いありません。

かなり再発行の手続きは複雑のようですので、絶対に失くさないようにカードの管理を気を付けて行いましょう。

Edyの電子マネーをすべて使ってからでなければ、クレジットカードの解約ができないのがEdyクレジット一体型のものです。

何も考えずにカードを裁断してクレジットカードの利用期間が過ぎていたため捨ててしまったとします。カードにチャージしていたEdyの電子マネーが丸ごと紛失してしまいます。

クレジットカードと電子マネーの機能は、カードは一緒になっているとはいえ別のものなのです。

たとえ一体型であっても、EdyはEdyとして、クレジットカードはクレジットカードとして扱うことが不可欠だといえるでしょう。