ヨーグルト
Pocket

「ヨーグルトは身体に良い」はウソだった!? ヨーグルトは『腸の調子が良くなる』とか『アレルギーが改善する』『健康に良い』という通説はよく耳にします。そして『免疫が高まる』なんていう説もありますが、現実にはどうでしょうか。

大事なのは、「善玉菌」を増やすことですが、ヨーグルトを食べても善玉菌は増えないのです。

多くの人が間違った考え方をしているのが「善玉菌の増やし方」。

ヨーグルトを食べても善玉菌が増えない…NHKが衝撃の放送!
常識を覆す研究結果とは、善玉菌・悪玉菌に関しての研究結果がNHKスペシャルで特集され話題となっています。

スポンサーリンク



生きた乳酸菌は腸まで届くのか?

たとえ生きて届いたとしても、自分のものではない善玉菌は数日で排出されてしまうのです。

ヨーグルトなどに含まれる一般的な乳酸菌やビフィズス菌は「通過菌」と呼ばれており、定着するどころか数日で排出され、増殖なんかしません。

しかし特定保健用食品(特保)の表示があれば、便の中でも生きていることを国が審査済み。また、1日の摂取量も明記されている。

好きなものを好きなだけ食べた上に、運動不足や睡眠不足、子育てや仕事のストレスも重なれば、朝の大事なスッキリ習慣も不安定になってしまいがちですね。
最近の研究結果では、「悪玉菌」の割合が多くなると “健康” や “美容”、さらには “自分のニオイ” にまで影響を及ぼすことが明らかになっています。

善玉菌を増やすためには「ヨーグルト」や「乳酸菌飲料」が王道だと思われがちですが、間違っているようです。

いくら善玉菌であっても「カラダの外からやって来た菌」であれば勝手に住み着くことはできないのです。

自分の腸内にもともと住んでいる善玉菌を守り、育てる事こそが大切です。

では、どうすれば自分のフローラにいる善玉菌を育てることができるのでしょうか?

肉やアルコールは悪玉菌を増やす、「特に赤身の肉が悪玉菌による腐敗を招く」という。

一方、腸内の状態をきれいにして、お通じの改善をもたらしてくれるのが、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌だ。

スポンサーリンク



「野菜、海藻などに多く腸内をきれいにする食物繊維を取ると乳酸菌が増え、ビフィズス菌は野菜や豆に多いオリゴ糖を餌とする」

このため、腸内環境を改善するには、野菜や海藻、豆を多く取り、肉を食べ過ぎないようにすることが大切だ。

健康な人の腸では、善玉菌の割合が2割以上、悪玉菌が1割以下になっている。

野菜などに含まれる食物繊維は今では第六の栄養素と呼ばれる。

腸の動きを活発にする働きもあるので、便秘気味の場合は食物繊維を多く含む食材を積極的に取る理由である。

では、肉はどこまで食べていいのか。

肉は週1回程度に減らし、肉を食べるときは、その3倍の重さの野菜を包んだり、混ぜたりして一緒に取る。脂のうまみを我慢できない人はコレステロール値を改善するオリーブオイルを使うパスタやサラダに置き換えてみる。

また、伝統的な和食のように小魚や青魚に変えるのもよい」

腸内の「善玉菌」を 効果的に増やす食生活

このように善玉菌が増えやすい食事をした上で、必要に応じて善玉菌を含む食品を取ると効果的。

日本の伝統食である漬物やみそにも豊富に乳酸菌が含まれている。

海外の食品ならキムチやザワークラウトでもよい。

塩を使わない長野のすんき漬けなどがお勧め。

しかし、実は死んだ乳酸菌であっても、がんの抑制や感染症の防止など、免疫力を高める効果がある。

なじみの深い製品では「カルピス」が殺菌された乳酸菌を含む。

特保の表示が1つの目安になるが、カゴメの乳酸菌飲料ラブレのように、「生きて届くことを確認しているが、製品の改良を迅速に行うために特保を取得していない」ケースもある。

漬物やみそから摂取する場合は、65℃以上に温めると、乳酸菌が死んでしまう。

抗生物質を飲むと体内の乳酸菌を殺してしまうことも知っておきたい。