ノンアルコールビール
Pocket

ノンアルコールビール」と聞くと、アルコールを全く含んでいないビールだと思っていませんか?

ノンアルコール飲料は次の2種類に分けられます。

アルコールを全く含まない飲料、そして1%未満のアルコールを含む飲料

日本では、酒税法の関係で「アルコールの含有量が1%以上」の飲料を「アルコール飲料」として定義しています。

スポンサーリンク



つまりアルコールの含有量が1%未満であれば、厳密にはアルコールを含んでいても、ノンアルコール飲料として扱われるのです。

 

アルコールが完全にゼロのビールを飲んだ場合は、炭酸飲料水を飲んだのと同じで、体へのアルコールの影響は全くありません。

しかし、微量のアルコールを含むノンアルコール飲料を飲んだ場合は、極端な話ですが、薄めたビールを飲んだのと同じ影響があると考えられます。

一言でノンアルコールと言っても、0.9%と0.009%では全く違います。

ノンアルコールならドライバーや妊婦でも飲めると考えられがちですが、実際にはどの程度のアルコールを含んでいるかを確認し、

物によっては大量飲酒しないよう気をつけなければなりません。

アルコールを含むノンアルコールビールのアルコール濃度は実際には1%未満ですが、1%として、普通のビールのアルコール濃度を4%とします。

この場合、ノンアルコールビール4缶は、普通のビール1缶分という計算になります。

言い換えるとノンアルコールビール1缶は普通のビール1/4缶ということになります。

お酒の強さは個人差があります。

コップ1/4程度のお酒でも酔ってしまう人がいるように、ノンアルコールビールなら絶対に酔わないというわけではないのです。

飲酒運転の検査は、呼気中のアルコール濃度を調べて行います。もちろんアルコールを口にしたときは絶対運転してはいけませんが、

ノンアルコールビールでも濃度と飲んだ量によっては飲酒運転と判定される可能性があることを覚えておきましょう。

普通のビールなら1缶飲んで本人が平気なつもりでも、呼気中のアルコール濃度検査ではしっかり飲酒運転と判定される可能性があります。

飲酒後6時間経過していても、飲酒運転で検挙された事例もあります。

アルコールの体への影響は血中濃度に比例し、飲酒後のアルコールの血中濃度は、同じ体重でも体脂肪率などが関係します。

男性よりも女性の方がお酒に弱い人が多い感じがあるのは、一般的に男性よりも体重が軽く、その一方でアルコールが入らない体脂肪が多いからです。

たくさんの人が集まる飲み会では、乾杯時には運転することを考えてノンアルコールビールを注文して飲んでいたのに、

気がついたら普通のアルコール入りのビールを周りと一緒に注ぎ足されていて飲んでしまっていた……などという冗談のような話もあります。

また、場の雰囲気に流されて、ノンアルコールビールだからと、大量に飲み続けるのも、本来の目的から考えるとあまりよいとは言えません。

アルコールの味や雰囲気だけでも楽しみたいという願いを叶えてくれる飲料という側面もあるのがノンアルコールビールでしょう。

良識ある社会人は飲酒も運転も自己責任が大事。節度をもって上手に適量に、楽しむようにしましょう。