クレジットカード
Pocket

クレジットカード公共料金払いができる自治体が近頃増えているのは、支払う人が便利になることや、回収率を上げるためだといいます。

支払い可能な分野は、各自治体によって異なりますが、電気、ガス、水道、固定電話、放送料金などがあります。クレジットカードで支払うことができるものには、新聞購読料インターネットプロバイダ料金などもあるようです。

公共料金クレジットカードで払うことで払い込みの労力をカットできますし、うっかり払い忘れることもないでしょう。

スポンサーリンク



公共料金の支払いでクレジットカードポイントをどんどん加算できるのも利点ではないでしょうか。

必ず毎月のように支払いをしなければならないといえるのが、公共料金です。

少しずつポイントを貯めることが、特にクレジットカードを利用して決済をしていなくても可能となります。

クレジットカードの明細が公共料金の支払い履歴になるのも管理の面では嬉しいところです。

最近増加しているのが、クレジットカードに申込みする時に公共料金の支払い手続きができる会社です。

近頃できるようになっているのは、インターネット上の操作でクレジットカードの公共料金の支払い手続きをする方法です。

 

クレジットカードの支払い方法は、大まかに分けると、1回で支払うか、分割して支払うかの方法がクレジットカードの支払いにはあります。

マンスリークリアともいわれている一括で支払う方法は、翌月あるいは翌々月に一度にすべての金額を支払います。

一括払いでクレジットカードで支払うと割賦販売法としては金利がかかりませんが、当てはまりません。

カード会社との間に問題が起きた時に返済を途中でストップするという、抗弁権が使えません。

クレジットカード支払いをいくつかの回数に分けて払うことを分割払いといいます。分割払いと言えないのは、2回払いやボーナス払いの場合です。

 

1ヶ月当たりの返済の負担額を少なくすることができますが、金利に基づく手数料が必要となります。

分割払いで大変なのは、月々の支払いが重なるとかなりの返済額になってしまうことです。

クレジットカードリボルビング払いという返済方法を利用すれば対処できるでしょう。

 

毎月の請求額は一定の金額より多くはならないというもので、限度額の範囲内までならどれだけ買い物をしても変わりません。

返済がいつまでも終わらないという状態に、借入額が増えることで陥ります。

クレジットカード会社によっては、残高スライド式のリボルビング払いとし、返済残高に応じて月々の返済額が段階的に上がるものもあります。

自分ではあまりわかっていないうちにクレジットカードを使いすぎてしまうことが、月々の返済負担は楽になるとはいえあるようです。

どの程度クレジットカード利用額を支払うことになるか承知してから、使用するようにしたほうが良いでしょう。