プール
Pocket

夏に流行する「プール熱」の患者数が急増しています。プール熱とはどのような病気なのでしょうか。またどのように予防すればよいのでしょうか。

プール熱」とは、正式名は「咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)」と言います。

文字通り、プールで感染することが多いため、一般的に「プール熱」と言われていますが、プール熱プールだけではなく、いつでもどこでも感染する可能性があります。

プール

スポンサーリンク



したがって、「プールに入っていないから、プール熱になるはずがない」という認識は間違いです。注意が必要です。

なお、プール熱は冬に流行することもありますが、主に夏に多い病気です。

プール熱アデノウイルスというウイルスが原因で起こるようです。

プール熱感染経路は、唾液などを介してうつる飛沫感染

密接に近くにいることでうつる接触感染があるといわれます。

なお、「感染力はかなり強いので、兄弟姉妹間でうつることも多いようです。

眼ヤニなどにも感染力があり、ウイルスはノドや目から体内に侵入してきます

プール熱の潜伏期間は感染から発症するまで、5~7日間と言われています。

なお、アデノウイルスには多くのタイプがあるため、1つのアデノウイルスに感染したらその後感染しないということはなく、何回か感染することがあります。

主に感染するのは、幼児から学童までに多く見られますが、大人への感染も決して例外ではありません。大人への感染は、主に子どもからが多いようですが、子どものように集団で大人に流行することは少ないです。

そもそも大人は何度か、かかっていることが多いので、子どもに比べてかかりにくいと考えられます。

プール

主な症状は、発熱(40度前後の高熱で5日前後続くが、治ると一気に下がる)、結膜炎、結膜充血(眼の白みの部分が充血する)、目の痛みかゆみ(涙や眼ヤニが多くなる)、咽頭炎ノドの痛み「咽頭痛」ノドの腫れや赤くなる「咽頭発赤」

この他、全身倦怠感頭痛食欲不振なども見られるといいます。また、時に肺炎を起こすことがあるので、病院へ行く等、注意が必要です。

そしてアデノウイルスへの感染を調べる必要があります。アデノウイルスの確認は、迅速キットか血液検査によって行われます。

これらの検査でアデノウイルスへの感染がわかり、さらに高熱、ノドの赤み、結膜充血などの症状がある場合、プール熱と診断されます。

アデノウイルスに対する特効薬はないといいます。

病院で処方される治療薬と自宅で休養する際の注意事項としては

病院で処方される治療薬は、高熱でツライ時に解熱薬が処方されます。(※時間がたつと再び発熱する)

ノドが痛い時は、うがいや鎮痛薬が処方されます。

眼ヤニや眼球結膜充血、眼のかゆみが強い時には、抗生剤や抗ヒスタミン薬のステロイド点眼薬が処方されます。

●自宅で気をつけること

・安静と十分な睡眠で免疫力が落ちないようにする
・特に、脱水を防ぐための水分補給は大切。

ノドの痛みがあるので、ノドごしのよい飲料で、できれば電解質を含む飲料がお勧めです。

下痢などの症状がない場合は、ノドが痛くて飲みにくいことがあるので、ノドごしのいい少し冷たい飲料の方がいいでしょう。

プール熱には特効薬がないため、予防が大事です。原因であるアデノウイルスは感染力が強く、手による接触感染やツバなどにより飛沫感染するため、第一に感染者との接触を避けることが大切だといいます。以下のような予防を心掛けましょう。

 

身の周りの消毒が大切(子どもの場合は、おもちゃなども消毒を)
手洗い、手指消毒(アルコールや石鹸で指の間までしっかりと洗浄消毒)
●ノドへの感染を防ぐため、うがいも忘れずに。
●プールに入る際は、前後のシャワー、プールの後の目洗いやうがいを徹底する
タオルや寝具などの共用は避ける 。プール熱は学校保健法で第二種伝染病に指定されているため、感染がわかった場合は「出席停止」になります。

「発熱や眼球結膜の充血、ノドの痛みなどの主要症状が無くなってから2日間経過すると、学校などは登校可能です。主に、診療現場では解熱して2日後に出席可能とされています」。

お子様の状況に日ごろから気を付けましょう。