LINE
Pocket

LINEは使ってない人はいないくらい人気の無料アプリです。しかし、気軽過ぎるがゆえに気をつけないと人間関係のトラブルの元になりかねない…。そしてLINEのスタンプの「脈なしメッセージ」について。

既読スルーを追及しない

「既読」機能は、相手へ伝わっているかどうかを判断するのには役立ちますが、その反面 読んでいるのに「返信が無い」というトラブルになりがちです。

取り敢えず内容だけは読んでおき後で返信しよう…なんて時も、メッセージを開くと既読が付いてしまいます。

そして時間が経って忘れてしまう、何と返事しようか、あるいは今から返信するのもタイミングが悪い。

それがいわゆる「既読スルー」(無視)と捉えられてしまいます。

それに対して催促されたら誰しもが多少なりとも不快になります。

よほど気心の知れた相手なら、いつものことだから、一応開いてくれてるから、まぁ・・・良しとするか。

と思い直すことができますが・・・

緊急の要件は別にして、他愛もないコミュニケーションで既読スルーを追求するのは止めた方が無難です。

スポンサーリンク



必要以上の長文を送る

短いメッセージでポンポンとテンポよく会話できるのがLINEの特長の一つです。

そのため、いきなり長文が来てしまうと圧迫感がすごい…。

短文で連投されるよりも長文の方が手っ取り早い!という人もいるとは思いますが、スクロールするほどの長さの文章は控えた方が良さそうです。

スタンプでの返答が多い

「返事が面倒なときはスタンプしか送らない」「会話を終わりにしたときの手段」といったことに心当たりがあるのでは?

可愛いキャラクターのスタンプが送られてくると「私のためにチョイスしてくれたのかな?」と思ってしまいがちですが、実際は真逆である場合が多いので注意してください。

これは男性も女性も同様で、「好きではない相手への返事は面倒だからスタンプを送る」といった本音が隠れているのです。

スポンサーリンク



「短文返事」が多すぎる

「うん」「そうだよ」「分かった!」など、短文返事ばかりでは相手はいつか不愉快になるのでは。

つまり、短文返事は会話を続けにくい返答でもあり、「別に会話が続かなくてもいい」「いますぐ会話を終わらせたい」と思われがち。

既読スルーなどLINE特有のタブーもありますが、基本は対面で接する時に避けた方がいいことはLINEでも避けた方がいいです。

簡単に送れてしまうからこそ、思わぬ食い違いが生まれかねません。

「うざい」と思われないように注意して適切にLINEを活用していきましょう!

着信音が連続して鳴り響くような画像送信する場合も、相手の置かれている状況を考慮してアルバムにして送信する配慮も必要かと思います。

トップページへ戻る⇒