自動車
Pocket

自家用車を購入する際に、カーローンを使う人が増加しています。車を買う時に、ディーラーのカーローンを使えば、簡単な手続きをするだけで車を買うことができます。

カーディーラーのカーローンでは、ディーラー提携の信販会社に一時的に車の代金の支払いを肩代わりしてもらいます。

車の購入代金を立て替え払いをしてもらい、購入者は毎月、金融機関に返済をしていきます。

銀行ローンを組む場合と異なり、ディーラーのカーローン審査に通りやすいという利点があります。

会社に勤め始めたばかりの人でも、月々の収入が安定していればローンは可能です。車の販売会社でカーローンを組む利点は、ローンを組むために必要な煩雑な手続きを省略化できるところです。(一台でも多く売りたい為)

ディーラーの勧めるカーローンの貸付条件は、店舗によって全く異なります。

返済条件や借り入れ金額などについて、しっかり確認しましょう。

最近は、銀行のローンよりよい条件で融資ができるカーローンの信販会社もあります。一概に条件がキツイと決めつけないほうが良いでしょう。

カーローンの中には金利が銀行と大差ないところもありますので、カーディーラーローン手続きも十分選択肢に入りますが、カーディーラーカーローンを組むときの注意点があります。

ディーラーによっては、金利を低く設定している為、車両本体価格の値引き額を抑えているところもあります。

低い金利でカーローンを組めたように見えながら、実際のところ、支払金額は他の販売会社と差はなかったということもあります。

スポンサーリンク



銀行のカーローン

銀行でカーローンの手続きをする場合、まず、車両購入を証明する書類を用意し、それを銀行の窓口に持参して手続きを行います。

車を買うときに見積り書や契約書が必要になるでしょう。

最近は、ホームページからカーローンの申込み手続きや審査が受けられるような銀行も多くなっています。

審査をクリアしなければ、ローンは利用できません。

審査は源泉徴収票などを提出し、収入や勤続年数をチェックします。

銀行からローン融資を受けられることは、信用力がある証とも言えるでしょう。

返済条件を守って、借りたお金を返し続けていれば、それは実績になり、銀行は安心して融資ができる顧客と判断します。

今後、教育ローンや住宅ローンを組みたくなった時に審査に通りやすくなることがあります。

カーローンだけに限らず今後組むローンのことも考えてトータルで考えて借り入れを行うと良いでしょう。

銀行でのローンを利用し、しっかり返済し、よい顧客と見なされるようになるといろいろと有利です。カーローンの融資を銀行から受ける場合、審査が厳しかったり、手続きが煩雑だと観じることもありますが、その時の行動が以後のローン審査に有利に働く可能性もあります。

JAと労金のカーローン

低い金利でカーローンが組めるところといえば、JAや労金です。

カーローンを扱っている金融会社は様々です。

銀行は、会社に対して融資を行っていますが、労働金庫は働く人や組合に融資を行うことをその目的としています。

各地域にカーローンを組むことのできる労金はありますが、金利や借りる条件はそれぞれ異なります。労金で、低金利の固定ローンが利用できるということを知らない人は意外と多いようです。

現在利用しているカーローンの金利が高い場合、借り換えをするという選択肢もあります。

カーローンについて、労金で助言を受けるのもいいでしょう。

労金は、原則的に取引会社の組合員が利用するためのものですが、その地域で仕事をしている人であれば融資の対象となる労金もありますので、話を聞きに行ってみるといいでしょう。

カーローンJAでも扱われています。最近では農業従事者でなくてもJAから融資が受けられます。

カーローンに力を入れているJAもあるようで、キャンペーン金利で、かなり低い金利で借りることもできます。

保証料について

昭和の後半の時代では、自動車などを購入する場合、保証人だけで購入できました。

ところがあまりに事故(回収不能・保証人からも回収不能)が多く、

信用保証協会が設立され、保証協会の承認がなければローンが組めなくなりました。
俗にいうブラックリスト

には各種の支払い滞納者の情報があり、これに基づき保証人の肩代わりをする機関です。ローン金額によって保証料はかわります。なお、ブラックリストは仮称であり実在しません。債務事故があった場合、五年程情報が残り、ローンは組めなくなります